トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 阿刀田高

阿刀田高

阿刀田高さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

阿刀田 高(あとうだ たかし、1935年1月13日 - )は日本の作家、小説家。「奇妙な味」の短編で知られる。2007年から2011年まで日本ペンクラブ会長を務めた。
東京生まれ。両親は共に宮城県仙台市の出身だった。父方の伯父の阿刀田令造は西洋史学者で第二高等学校第9代校長を務め、名校長と謳われた。令造の父の阿刀田義潮(よしとも)は宮城県名取郡下増田村(後の名取町・現:名取市)の初代村長だった。
本籍は東京・西荻窪で、戦時中は宮城県の名取に疎開し、増田小学校に通学する。16歳のとき、長岡市で鋳物工場を経営していたエンジニアの父を亡くし、貧しい母子家庭で苦労して育つ。長岡市立南中学校、新潟県立長岡高等学校を経て東京都立西高等学校に転校、長岡空襲で被災する。少年時代から科学が好きで、海軍技師、医師、薬剤師と志望を変えた。
1954年、早稲田大学第一文学部フランス文学科に入学する。もっぱら奨学金と家庭教師のアルバイトで自活していた。
早稲田大学に入学した当時は新聞記者を志望していたが、1955年に結核を病んで休学し、16か月間の療養生活を送る、このため志望変更を余儀なくされ、1960年に大学を卒業した後、文部省図書館職員養成所に入学する。1961年から国立国会図書館に司書として勤務する。このころ、恩師が出版した日本語関係の小冊子に、古今東西の殺し文句に関する随筆を発表したところ、思いがけず『朝日新聞』の文化欄に取り上げられて喜ぶ。1964年9月、池田書店からの依頼で『ころし文句』(長崎寛との共著)を上梓する。引き続き、池田書店から『笑いのころし文句』『ユーモア一日一言』などの随筆集を刊行する。1969年、著書『ブラックユーモア入門』(KKベストセラーズ)がベストセラーとなったことに勇気を得て、1972年に退職し、筆一本の生活に入る。コント、翻訳、広告文案などを手がける。
1978年、短編集『冷蔵庫より愛をこめて』が直木賞候補となる。1979年、短編『来訪者』で第32回日本推理作家協会賞を受賞。1979年、短編集『ナポレオン狂』で第81回直木賞を受賞。1995年、『新トロイア物語』で第29回吉川英治文学賞を受賞。2003年、紫綬褒章。2007年より日本ペンクラブ会長。現在は新田次郎文学賞、直木賞、小説すばる新人賞選考委員、講談社『小説現代』のショートショート・コンテスト選考者を務めている。2012年4月に山梨県立図書館館長に就任した。

受賞歴

阿刀田高関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

阿刀田高関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

love_is_LIFE777体のほうはわりと早く許すけど、心はなかなか許さない女もいる。by 阿刀田高
Sorrows19920515#30daybookchallengeDay27毎年読んでしまう本#ナポレオン狂 / #阿刀田高 短編小説の名手・阿刀田高の直木賞受賞作。直木賞、マジの面白い本を選んできたんだね(笑)それがびっくりしたわ。阿刀田… https://t.co/pYnIvhb3ED
ritonotori2「お話って、みんな嘘だろ」「うん」「嘘聞いて、どうする?」/阿刀田高『闇彦』
tunatunarice02 #ブックカバーチャレンジ 5日目 阿刀田高『奇妙な昼さがり』ショートショートといえば星新一大先生ですが、阿刀田さんのも結構面白いです。この本はじめなかなか「エモい」表紙もいい。ブックオフの100円コーナーの片隅で簡単に「エモい」… https://t.co/Ccgh8WTAGL
seiseizanagi13文体診断にかけてみた。不動の阿刀田高先生……(そして太宰治と海野十三は初) https://t.co/S5xwqiBaqH
gCGTR1q3obezR8f@izumi171120 今はアウトプットよりインプットが楽しい時期なので…
bot03463637阿刀田高(あとうだたかし、日本の小説家、カメリアンコンプレックスを提唱、代表作に『冷蔵庫より愛をこめて』がある、日本の代表的な「奇妙な味」の小説を書き、第15代日本ペンクラブ会長を務めた)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
阿刀田高さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)