トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 藤田宜永

藤田宜永

藤田宜永さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

藤田 宜永(ふじた よしなが、1950年4月12日 - )は、日本の小説家。別名義に入江香。
初期はフランスを舞台にしたフィルム・ノワールを思わせるような犯罪小説や冒険小説を手がける。その後、主に推理小説および恋愛小説を執筆するようになり、都会的なセンスと人情の機微を描く優れた心理描写で、熟年の愛を描いた『愛の領分』にて第125回直木賞を受賞。
夫人は同じく直木賞作家である推理作家の小池真理子。夫妻で軽井沢在住。

藤田宜永新刊

  • 発売日
    2019年6月13日
  • 書名
    衝動と焦燥と(仮) (双葉文庫)
  • 発売日
    2019年5月15日
  • 書名
    血の弔旗 (講談社文庫)
  • 発売日
    2019年5月15日
  • 書名
    血の弔旗 (講談社文庫)

受賞歴

藤田宜永関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

藤田宜永関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hit4boy藤田宜永『ダブル・スチール』八百長疑惑で日本プロ野球界を追われフランスの暗黒街に生きていたい男の物語。ストーリーにスピード感があり、多少の不都合は気になりません。上質のハードボイルドと言っていいでしょう。タイトルの意味がせつないです。https://t.co/IJAeUKwW9y
an_gobun_bot夫婦で直木賞を受賞した作家で、妻の小池真理子の受賞作は”恋”ですが、夫の藤田宜永の受賞作は何? 愛の領分
b_effect_botQ450.「巴里からの遺言」「愛の領分」などの作品で知られる作家【藤田宜永】A.ふじたよしなが
seal_k_seal藤田宜永さんの小説「流砂」には特別な思い出がある。2012年3月。脚本業界の右も左もわからぬ私に企画の話や映画の話をしてくれた方がいた。メールを頂きそこに書かれていた一冊の本の名が流砂だった。藤田宜永さんは鷹揚な方とのことだった。… https://t.co/3kLn6dAx9N
hironobutnkオンエアは7月6日です。藤田宜永さんの隣で、借りてきた猫のように座っております。 https://t.co/uXLsuNtndS
Eisaku_a39藤田宜永の短編集。「二十歳のコンドーム」、長野から上京した青年のリビドーを描く。元バンドマンタクシー運転手の死、西郷どんにくくりつけられたコンドームという謎に衝撃的なラスト。☆☆☆☆#コンドーム文学
hohoudesuna高野秀行×清水克行『世界の辺境とハードボイルド室町時代』尾崎世界観『祐介』藤田宜永『血の弔旗』が文庫化!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
藤田宜永さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)