トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 黒岩重吾

黒岩重吾

黒岩重吾さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

黒岩 重吾(くろいわ じゅうご、1924年2月25日 - 2003年3月7日)は日本の小説家。 
大阪市生まれ。父方の祖先は和歌山県新宮市の廻船問屋。旧制宇陀中学(現・奈良県立大宇陀高等学校)、同志社大学法学部卒。同志社大学在学中に学徒出陣し、北満に出征する。
敗戦による逃避行の末、1946年に朝鮮に辿り着き、内地へ帰還した。この時の体験が創作の原点になる。復学後に闇ブローカー業を行い、卒業後は日本勧業証券(現みずほ証券)に入社。
1949年に「北満病棟記」を書き、『週刊朝日』の記録文学コンクールに入選、同人誌「文学者」のグループに参加した。ドッジ政策により株相場で大失敗し、家財を売り払って株の情報屋となり、次いで「証券新報」設立に参加する。
1953年、悪食を試み、腐った肉を食べたことで小児麻痺を発病し、以後3年間入院生活を送る。
退院後は、入院中に株が暴落し、帰るべきところがなくなったために、釜ヶ崎(あいりん地区)のドヤ街に移り住み、トランプ占い、キャバレーの呼び込み、「水道産業新聞」編集長などさまざまな職業を経験する。
1958年に「ネオンと三角帽子」がサンデー毎日に入選、発表。
1959年源氏鶏太の紹介で司馬遼太郎と知り合い「近代説話」の同人となり、1960年に「青い花火」が「週刊朝日」「宝石」共催の懸賞に佳作入選。同年、書き下ろしで『休日の断崖』を刊行し、直木賞候補となる。
翌年に釜ヶ崎を舞台にした『背徳のメス』で直木賞を受賞している。
以後、「西成モノ」を主に、金銭欲・権力欲に捕らわれた人間の内面を巧みに抉った社会派推理・風俗小説作家として活躍した。
1963年、日本推理作家協会関西支部長に就任。『裸の背徳者』や、戦災孤児をテーマにした全5部の大作『さらば星座』などの作品がある。直木賞選考委員、奈良文学賞選考委員を務めた。
弟子に難波利三がいる。

受賞歴

黒岩重吾関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

黒岩重吾関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

miniudo#他人に理解されにくい自分の好きなものガクラン八年組Type O NegativeNeil Murrayの作詞JudasのDesert PlainsのDaveの音黒岩重吾の育ちの良さが時々出て来る文章GluelegのD… https://t.co/NnPkm3Vry7
qmabungaku【連想】『雲の墓標』『暗い波濤』/『山本五十六』『志賀直哉』/『南蛮阿房列車』/長女はタレントの佐和子A.黒岩重吾B.坂口安吾C.石川淳D.阿川弘之→D(あがわ ひろゆき)
naoki_syou産婦人科医・植秀人は、腕は確かだが無頼な男。当直の夜、何者かが自分を殺そうとしていたことに気づき戦慄する。病院関係者の仕業か。産婦人科での医療ミスが原因の脅迫事件と関連があるのか。犯人を捜す植を、院内での愛憎入り混じった複雑な人間関係が包囲する。直木賞受賞作『背徳のメス』黒岩重吾
qma_bibun_bot文字 ・代表作に『天の川の太陽』や『落日の王子』などがある『背徳のメス』で直木賞を受賞した作家→黒岩重吾
sports3977黒岩重吾『「日出づる処の天子」は謀略か』を読む。聖徳太子の血統や人間像をあきらかにしていきながら、当時巻き起こっていた東アジアの情報戦争、それによる太子の衰退までを追っていく。作家の想像力で、ときには小説も挟みつつ、たんなる教科書になっていないところが素晴らしい。
lanbo12「一つの不幸にとらわれて、すべてのものを、不幸な眼で見ようとするのはいけない。」 by 黒岩重吾(1924 - 2003) 日本の小説家。
bibun_n_botNo.115 (連想)「天の川の太陽」/「休日の断崖」/「裸の背徳者」/「背徳のメス」で直木賞受賞⇒黒岩重吾
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
黒岩重吾さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)