トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 黒岩重吾

黒岩重吾

黒岩重吾さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

黒岩 重吾(くろいわ じゅうご、1924年2月25日 - 2003年3月7日)は日本の小説家。社会派推理小説、風俗小説、古代史を題材にした歴史小説で活躍した。
=
大阪市生まれ。父方の祖先は和歌山県新宮市の廻船問屋。父は大同電力の電気技師、母は植村正久の弟子で牧師だった池田勤之助の娘で、安治川発電所の社宅で生まれた。旧制宇陀中学(現・奈良県立大宇陀高等学校)に入学し、4年で終了して同志社大学の予科に入学。同志社大学在学中に学徒出陣し、北満に出征する。
ソ連国境に近い綏芬河の町で終戦を迎え、厳しい逃避行の末、1946年に朝鮮に辿り着き、内地へ帰還した。この時の体験が創作の原点になる。同志社大学復学して、弁護士を目指して法学部入学し、闇ブローカー業も行いながら1947年卒業。この頃太宰治や織田作之助を愛読した。日本勧業証券(現みずほ証券)に入社。
1949年に「北満病棟記」を書き、『週刊朝日』の記録文学コンクールに入選、以後作家を志して中短編を書き溜めながら、同人誌「文学者」のグループに参加した。『サンデー毎日』の千葉亀雄賞に珊瑚十五のペンネームで応募した「虚数と詩人」が選外佳作。ドッジ政策により株相場で大失敗し、家財を売り払って株の情報屋となり、次いで「証券新報」設立に参加する。
1953年、悪食を試み、腐った肉を食べたことで小児麻痺を発病し、子供の頃からのかかりつけの中之島の回生病院に入院。以後3年間入院生活を送り、その間大学ノートで小説を書き続け、また退院後も脚に後遺症が残った。その間にスターリン暴落で多額の借金も抱えて、父の家や和歌山の祖父の土地も売り払った。帰るべきところがなくなったために、退院後は釜ヶ崎(あいりん地区)のドヤ街、飛田商店街に近い東田町に移り住み、トランプ占い、キャバレーの呼び込み、「水道産業新聞」編集長などさまざまな職業を経験。飛田の娼婦たちとも顔なじみになる。キャバレーの宣伝の仕事でホステス募集のキャッチフレーズを書く仕事をしていたせいで、小説の題名を考えるのが上手くなったという。夕刊紙のコントやラジオ小説に応募をして収入を得て、また闘病記を婦人雑誌に採用され原稿料を受け取ったが掲載はされなかった。

受賞歴

黒岩重吾関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

黒岩重吾関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sonemaru1一つの不幸にとらわれて、すべてのものを、不幸な眼で見ようとするのはいけない。-黒岩重吾 ⇒ https://t.co/tH6q7121iE
naoki_syou産婦人科医・植秀人は、腕は確かだが無頼な男。当直の夜、何者かが自分を殺そうとしていたことに気づき戦慄する。病院関係者の仕業か。産婦人科での医療ミスが原因の脅迫事件と関連があるのか。犯人を捜す植を、院内での愛憎入り混じった複雑な人間関係が包囲する。直木賞受賞作『背徳のメス』黒岩重吾
hmura_bot昭和78年3月8日(土)先勝/月齢5/夕月/中潮/日経平均バブル後安値更新8144円12銭/東芝、白物家電の分社化を含む3ヵ年中期計画を発表/石原都知事が再選出馬表明/小説家の黒岩重吾氏死去/国際女性デー
InterFM897ANNIV Sun 3/7 Divine (d1988) Lowell Fulson (d1999) Stanley Kubrick (d1999) 鶴岡一人 (d2000) 黒岩重吾 (d2003) ザ・デストロイヤー (d2019) #interfm897
njtckn3/7(日)は、小説家の黒岩重吾さんの御命日です。社会派推理小説、風俗小説、古代史を題材にした歴史小説で活躍されました。著書に[聖徳太子  日と影の王子]、[弓削道鏡](ゆげのどうきょう)、[「日出づる処の天子」は謀略か 東アジア… https://t.co/HSImeVWXqI
meihuku2003年に逝去され、今日で19回目の命日を迎える小説家、黒岩重吾さんのご冥福をお祈りします。
a_ranking_news(3/5) Yahooブックス 歴史、時代小説ランキング1位:茜に燃ゆ(上) 小説 額田王 中公文庫/黒岩重吾(著者)https://t.co/I3qhwyOWvM
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
黒岩重吾さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)