トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山岡荘八

山岡荘八

山岡荘八さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山岡 荘八(やまおか そうはち、1907年1月11日 - 1978年9月30日)は、日本の小説家・作家。歴史小説を中心に活躍。本名は藤野 庄蔵(ふじの しょうぞう)。従四位勲二等瑞宝章叙勲。
自由党元衆議院議員の山岡賢次は養子。国民民主党衆議院議員の山岡達丸は孫。作風としては、会話劇を中心としたテンポの良さが最大の特徴。
』連載再開の意気込みを語る山岡荘八(1963年)
新潟県北魚沼郡小出町(現:魚沼市)の山内家に生まれる。1918年、川で泳いでいて前額部を強打、瀕死の重傷を負い後々までこぶとして残る。1920年、高等小学校を中退して上京、博文館印刷所で文選工として働きつつ逓信省の研究所に学ぶ。1924年より印刷・製本業を始め、1932年、萬里閣に入社し、雑誌『ギャング』を編集、『変態銀座デカメロン』を連載。1933年、後妻として迎えた妻の実家である加賀安宅(現、石川県小松市)の藤野家に入り、以後、藤野姓を名乗る。妻は筆名山岡道枝。長谷川伸に入門、山岡荘八の筆名を用いる。
1938年に「約束」で「サンデー毎日大衆文芸」入選。長谷川伸の新鷹会に入会。1939年初の著書『からゆき軍歌』を上梓。1942年より従軍作家として各戦線で活動。『海底戦記』その他で野間文芸奨励賞受賞。
戦後、公職追放となるが、1950年10月13日に解除。同年より「北海道新聞」に『徳川家康』を連載、のち「中部日本新聞」「神戸新聞」などに拡大。1953年より単行本の刊行が始まり、ベストセラーとなる。1958年中日文化賞。1963年新鷹会理事。1966年文壇長者番付一位、自衛隊友の会会長となる。1967年『徳川家康』が完結し、長谷川伸賞受賞、昌平黌短期大学名誉学長。1968年『徳川家康』により、第2回吉川英治文学賞を受賞。1973年紫綬褒章受章。
保守系の政治家や文化人との付合いも多く、1963年には麻薬追放国土浄化連盟を福田恆存・市川房枝・田岡一雄・田中清玄らと結成。1974年には谷口雅春や岡田光玉、朝比奈宗源らとともに「日本を守る会」(のち日本会議)を結成し、1976年天皇在位五十年の奉祝実行委員長。
1978年9月30日、ホジキンリンパ腫に急性肺炎を併発し、東京都豊島区上池袋の癌研究会総合病院で死去。戒名は山岡院釈荘八真徳居士。没後従四位勲二等瑞宝章。

受賞歴

山岡荘八関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

山岡荘八関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

eruzaenjoyとりま図書館で小学生向け伝記漫画を借りようと所蔵本をチェックしてたら、ここで見かける山岡荘八著の徳川家康も発見。年代見たら相当古くて図書館内でも閉架図書となってた。もちろん貸出可能なんだが、かなりの巻数。手を出そうか悩み中(^^;;
kn1986riao@HIRAYAMAYUUKAIN 40年前の大河『徳川家康』の原作は、山岡荘八の小説であるが、山岡版『家康』は、韓国では、広く読まれている日本小説として有名であり、親子2代で大統領を務めた、朴正煕・朴槿恵親子も、山岡版『家康』を愛読したそうです。
kanaemma祖父母の家に確か山岡荘八な徳川家康あったような気がするんだけども、全部ではなかった気がするんだなー。そうすると、うーん。ま、物語になると色々あるけど。読みやすいよね。
eroticovokiss@retoro_mode 令和5年大河ドラマで主役徳川家康役を演じることになった松本潤(令和5年で40歳)が生まれた頃のオリコンシングルチャート上位。松潤が生まれた昭和58年の大河ドラマは山岡荘八「徳川家康」で家康役は滝田栄さん(… https://t.co/U38VZczsKw
osada2021再来年の大河が徳川家康で講談社の一部の社員はガッツポーズしたろうなあ2023年はもしかしたら家康関連書籍の中でも、山岡荘八「徳川家康」全26巻が再注目されて売れ行きが伸びたりなんてこともあるかも
T_KOTEN_Q山岡荘八『徳川家康』の新装版と「徳川家康 影武者説」のトンデモ本が出版される未来が見える。ただし隆慶一郎『影武者徳川家康』は別だ‼️#どうする家康
trcdlWDFPRxBd8F@azukki_ @009taichimamoru 横山光輝の漫画「徳川家康」と「伊達政宗」では、徳川家康が同じ顔してるのに別人だったりする。原作の山岡荘八のせいだけど、読み比べてみると楽しいです。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
山岡荘八さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)