トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山岡荘八

山岡荘八

山岡荘八さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山岡 荘八(やまおか そうはち、1907年1月11日 - 1978年9月30日)は、日本の小説家・作家。歴史小説を中心に活躍。本名は藤野 庄蔵(ふじの しょうぞう)。従四位勲二等瑞宝章叙勲。
自由党元衆議院議員の山岡賢次は養子。国民民主党衆議院議員の山岡達丸は孫。
新潟県北魚沼郡小出町(現:魚沼市)の山内家に生まれる。1918年川で泳いでいて前額部を強打、瀕死の重傷を負い後々までこぶとして残る。1920年高等小学校を中退して上京、博文館印刷所で文選工として働きつつ逓信省の研究所に学ぶ。1924年より印刷・製本業を始め、1932年万里閣に入社し、雑誌『ギャング』を編集、「変態銀座デカメロン」を連載。1933年後妻として迎えた妻の実家である加賀安宅(現、石川県小松市)の藤野家に入り、以後、藤野姓を名乗る。妻は筆名山岡道枝。長谷川伸に入門、山岡荘八の筆名を用いる。
1938年に「約束」で「サンデー毎日大衆文芸」入選。長谷川伸の新鷹会に入会。1939年初の著書『からゆき軍歌』を上梓。1942年より従軍作家として各戦線で活動。『海底戦記』その他で野間文芸奨励賞受賞。
戦後、公職追放となる。1950年より「北海道新聞」に『徳川家康』を連載、のち「中部日本新聞」「神戸新聞」などに拡大。1953年より単行本の刊行が始まり、ベストセラーとなる。1958年中日文化賞。1963年新鷹会理事。1966年文壇長者番付一位、自衛隊友の会会長となる。1967年『徳川家康』が完結し、長谷川伸賞受賞、昌平黌短期大学名誉学長。1968年第2回吉川英治文学賞を受賞。1973年紫綬褒章受章。
保守系の政治家や文化人との付合いも多く、1963年には麻薬追放国土浄化連盟を福田恆存・市川房枝・田岡一雄・田中清玄らと結成。1974年には谷口雅春や岡田光玉、朝比奈宗源らとともに「日本を守る会」(のちの日本会議)を結成する。自衛隊友の会会長も務めていた。1976年天皇在位五十年奉祝実行委員長。
1978年9月30日、ホジキン病に急性肺炎を併発し、東京都豊島区上池袋の癌研究会総合病院で死去。戒名は山岡院釈荘八真徳居士。没後従四位勲二等瑞宝章。

受賞歴

山岡荘八関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

山岡荘八関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mogura2001@tomoharuhare_m8 山岡荘八『徳川家康』や中里介山『大菩薩峠』とか、短命な作家の全集より量が多いですから(−_−;)
sv_g8山岡荘八先生が天下を取るとチート徳川家康概念が爆発してそれはそれでヤバそう。
kei3578@inutach_dq10 小学生の頃、山岡荘八の徳川家康を読んで、歴史に魅了されたのを覚えてる。それで、本だけじゃなく、実際自分がその場所に行きたくて、大学の頃は随分旅をしました(*´ω`*)久しぶりに読みたいなぁ♪
masagiorno@mooncosmos 私も大河からの影響大きいですよ。しかし、山岡荘八の本は読んでません。きっと途中で挫折しそうだったから。読破された月子さん、凄いですね
mooncosmos@masagiorno わたしの知識は、ほとんど大河ドラマからなんですが(笑)ちゃんと読んだのは、山岡荘八の『徳川家康』ですね(^^)信長が役所広司さんだったんです。かっこよかった
ces2ea1yb2shwep#役名:徳川家康 #英名:Tokugawa Ieyasu #生没:1543/1/31 - 1616/6/1 #実在 #俳優:滝田栄 #大河:徳川家康 (1983年) #原作:山岡荘八 #徳川家康 #滝田栄
yuleishidohttp://twitter.com/minakami131" target="_blank">@minakami131 いや、凄いですよ!?そんなに実績が!?(笑小説は、有名なのは司馬遼太郎の「義経」くらいです。山岡荘八の豊臣秀吉とか、多分有名じゃないとこばっかり・・・。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
山岡荘八さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)