トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山岡荘八

山岡荘八

山岡荘八さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山岡 荘八(やまおか そうはち、1907年1月11日 - 1978年9月30日)は、日本の小説家・作家。歴史小説を中心に活躍。本名は藤野 庄蔵(ふじの しょうぞう)。従四位勲二等瑞宝章叙勲。
自由党元衆議院議員の山岡賢次は養子。国民民主党衆議院議員の山岡達丸は孫。
』連載再開の意気込みを語る山岡荘八(1963年)
新潟県北魚沼郡小出町(現:魚沼市)の山内家に生まれる。1918年川で泳いでいて前額部を強打、瀕死の重傷を負い後々までこぶとして残る。1920年高等小学校を中退して上京、博文館印刷所で文選工として働きつつ逓信省の研究所に学ぶ。1924年より印刷・製本業を始め、1932年万里閣に入社し、雑誌『ギャング』を編集、「変態銀座デカメロン」を連載。1933年後妻として迎えた妻の実家である加賀安宅(現、石川県小松市)の藤野家に入り、以後、藤野姓を名乗る。妻は筆名山岡道枝。長谷川伸に入門、山岡荘八の筆名を用いる。
1938年に「約束」で「サンデー毎日大衆文芸」入選。長谷川伸の新鷹会に入会。1939年初の著書『からゆき軍歌』を上梓。1942年より従軍作家として各戦線で活動。『海底戦記』その他で野間文芸奨励賞受賞。
戦後、公職追放となるが、1950年10月13日に解除。同年より「北海道新聞」に『徳川家康』を連載、のち「中部日本新聞」「神戸新聞」などに拡大。1953年より単行本の刊行が始まり、ベストセラーとなる。1958年中日文化賞。1963年新鷹会理事。1966年文壇長者番付一位、自衛隊友の会会長となる。1967年『徳川家康』が完結し、長谷川伸賞受賞、昌平黌短期大学名誉学長。1968年『徳川家康』により、第2回吉川英治文学賞を受賞。1973年紫綬褒章受章。
保守系の政治家や文化人との付合いも多く、1963年には麻薬追放国土浄化連盟を福田恆存・市川房枝・田岡一雄・田中清玄らと結成。1974年には谷口雅春や岡田光玉、朝比奈宗源らとともに「日本を守る会」(のちの日本会議)を結成する。自衛隊友の会会長も務めていた。1976年天皇在位五十年奉祝実行委員長。
1978年9月30日、ホジキン病に急性肺炎を併発し、東京都豊島区上池袋の癌研究会総合病院で死去。戒名は山岡院釈荘八真徳居士。没後従四位勲二等瑞宝章。

受賞歴

山岡荘八関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

山岡荘八関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

taka2000nao正論であれば、犠牲をかまわず断行してよい、というものではない。─山岡荘八
formatjpmi人間は、健康でありすぎたり、得意すぎたりする時にも警戒を要するのだが、疲れたおりの消極性もまた厳に戒めなければならない。 (山岡荘八 徳川家康)
Shizuka_Saiki山岡荘八の小説『柳生宗矩』は、『春の坂道』というタイトルで71年の大河ドラマになっていますが、民放でもドラマ化してくれないかな~。主人公を一途に恋い慕う「尾羽根の姫」というヒロインが魅力的なのです。
qma_bibun_botタイ ・完成までに18年を要した小説『徳川家康』で知られる作家→山岡荘八(やまおかそうはち)
take_ide『徳川家康』山岡荘八(講談社文庫)初めて買ってもらった本は徳川家康の伝記だった。矢作川で子供たちが戦ごっこをやっている挿絵が記憶に残っている。昨日の旧東海道ラン、七里の渡し〜宮宿をスタート、矢作川を渡って岡崎宿まで。織田や今川の人質から開放されて岡崎へ戻ったイメージを実感。
2018ikukyu@tshun423 めちゃめちゃ時間があるなら、山岡荘八『徳川家康 全26巻』長編ですが人生で読むべき本です。生き方学べます。夜と霧がいいなら、パールズの『ゲシュタルト療法』はどうでしょう?心理学の専門書ですが学ぶこと多いです。あと、茨木のり子さんの詩集もオススメ。
umeSDGs59Amazon unlimitedで山岡荘八の徳川家康を読んでみます。家康をメンターにして、苦難の時などに何を判断基準に決断してきたのか、学んでみたいと思います!#自粛チャレンジ #家にいるだけで世界は救える #八王子jc… https://t.co/An8W1nyWJe
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
山岡荘八さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)