トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 水上勉

水上勉

水上勉さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

水上 勉(みずかみ つとむ、1919年(大正8年)3月8日 - 2004年(平成16年)9月8日)は、日本の小説家。福井県大飯郡本郷村(現:おおい町)生まれ。社会派推理小説『飢餓海峡』、少年時代の禅寺での修行体験を元にした『雁の寺』、伝記小説『一休』などで知られる。一時「みなかみ」と読まれ、またそれをペンネームとしていたが、のちに本人の意向で本名の「みずかみ」に統一した。
=
福井県の棺桶造りや宮大工をしていた家に生まれ、5人兄弟の次男として育った。生家は乞食谷(こじきだん)という谷の上にあり、そこは死体を埋める谷のとば口で、一家は地元の素封家の所有する薪小屋に住んでいた。貧困から、9歳(一説には10歳)の時、京都の臨済宗寺院相国寺塔頭、瑞春院に小僧として修行に出され(この時、寺に住み込んで画の練習をしている南画家の服部二柳を見ている)、得度して水上秀英に改名するが、あまりの厳しさに出奔。その後、連れ戻されて等持院に移り、僧名承弁に改名。等持院の蔵書の小説本を無断で貪り読み文学への関心を持った。また等持院には東亜キネマの撮影所があって、撮影も手伝いもさせられた。これらの経験がのちに『雁の寺』、『金閣炎上』の執筆に生かされた。
旧制花園中学校(現・花園中学校・高等学校)4年の時に『都新聞』に投稿するようになり、卒業後は寺を出てむぎわら膏薬の行商を経て、1937年(昭和12年)、立命館大学文学部国文学科に入学、同年に満州にある国際運輸社の社員となって奉天に渡るが、翌年結核を患い、帰国療養として若狭に戻る。文学書を読み漁り、水上努の名で『月刊文章』『作品倶楽部』に投稿、『月刊文章』で選外佳作となって初めて文章が活字になった。1940年に『作品倶楽部』選者の丸山義二を頼って東京へ出て、日本農林新聞に入社、農民文学懇話会の作家たちも間近に見る。また丸山の紹介で同人誌「東洋物語」に参加。そのメンバーの三島正六の紹介で報知新聞に入り、そこで和田芳恵の知遇を得て学芸社に移り、さらに印刷会社を経て三笠書房に勤める。この頃「東洋文学」は、情報局の命令で「作家精神」などと合同して「新文芸」となった。1943年に映画配給会社に移るが、東京都からの助成金を得て郷里に疎開、結核のために第二国民兵役だったが1944年には召集を受けて、京都伏見深草中部43部隊の輜重隊に所属。その後国民学校助教(代用教員)を務めて終戦を迎えた。

水上勉新刊

  • 発売日
    2018年12月21日
  • 書名
    禅とは何か-それは達磨から始まった (中公文庫)

受賞歴

水上勉関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.5.16 作家の読書道 第194回:石井遊佳さん

    新潮新人賞を受賞したデビュー作『百年泥』が芥川賞を受賞、一躍時の人となった石井遊佳さん。幼い頃から本を読むのが好きだった彼女が愛読していた本とは? 10代の頃は小説を書けなかった理由とは? インドのチェンナイで日本語教師となる経緯など、これまでの来し方を含めてたっぷり語ってくださいました。

  • 2016.5.18 (世界×文学)北欧ミステリー、社会派ぞろい 不正義、真っ向から追及

    北欧ミステリーの人気が定着し、ジャンルとして語られるようになってきた。特徴は、苦悩しつつ犯罪に向き合う社会派ミステリー。松本清張作品のように、日本の読者には懐かしい「真面目さ」がある。今年の翻訳ミステリー大賞は北欧の作家が選ばれ、評価も高い。

  • 2015.3.17 小学館、入手困難な昭和の名作を紙と電子で同時発売する新レーベル「P+D BOOKS」

    株式会社小学館は、現在入手困難となっている昭和の文芸名作を、B6版のペーパーバック書籍と電子書籍を同時に同価格で発売・配信する新ブックレーベル「P+D BOOKS」を5月25日に創刊する。

水上勉関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

naoki_syou頭の鉢が異常に大きく、おでこで奥眼の小坊主・堀之内慈念は寺院の内部になにを見、なにをしたか。著者の体験にもとづいた怨念と、濃密な私小説的リアリティによって、純文学の域に達したミステリーで。直木賞受賞作『雁の寺』水上勉
Andy_Yamamoto@Mr_KS 滅びようとしている正統派殺陣演出に心痛めている人。硬派な時代劇を求めている人。水上勉のような、現実的で救いのないストーリーが好きな人。
pinntapinnta一日だけ生きればいい。明日、明後日のことを考えるから面倒になる / by 水上勉
zenneitou_bot私にとってのロラン文学は、若さに任せた力押しの政治思想を、より成熟した全局面的な思想に深化させてくれたものだ。彼は思想家として一歩先を進んでいた。彼の作品を読んで初めて、水上勉、高橋和巳、白樺派文学、カミュやモーリヤック、スタンダール、トルストイの思想が内部で一つに繋がった。
qma_bibun_bot並 ・京都名物の八つ橋「夕子」の由来にもなっている鳳閣寺の正順を主人公とした水上勉の小説→五番町夕霧楼
marukawa39一日だけ生きればいい。明日、明後日のことを考えるから面倒になる / by 水上勉
somachine65一日だけ生きればいい。明日、明後日のことを考えるから面倒になる / by 水上勉
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
水上勉さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)