トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 稲葉真弓

稲葉真弓

稲葉真弓さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

稲葉 真弓(いなば まゆみ、1950年3月8日 - 2014年8月30日)は、日本の女性小説家、詩人。本名は稲葉 眞弓(読みは同一。旧姓は平野)。
愛知県海部郡佐屋町(現:愛西市)生まれ。愛知県立津島高等学校卒業。西脇順三郎の作品に衝撃を受けた事をきっかけに、高校在学時より詩作を始める。 1966年、2年の時に文藝春秋が全国の高校生から募集した「アンネ・フランクに贈る詞」に応募して2位を獲得したことで、本格的に文学の道へ入ることを志すきっかけとなる。東京デザイナー学院名古屋校在学中に詩集『白い日々を唄うために』を自主制作する。専門学校卒業後、名古屋市内の建築デザイン会社に勤務しながら、同人誌「作家」に作品を発表する。1973年、『蒼い影の痛みを』で女流新人賞を受賞。これを期に上京し、編集プロダクションに勤務しながら作家活動を本格的に始める。1977年、『太陽はまだあつく燃えていた……』ですばる文学賞候補となり、1980年、「作家」4月号に発表した『みんな月へ……』が「文學界」6月号の同人雑誌評で、評者の久保田正文から「対象」とする作品の一つとして選ばれ、『ホテル・ザンビア』で作品賞を受賞。1987年、「群像」8月号に発表した『眠る船』で大手出版社発行の文芸雑誌デビューを果たし、1990年、『琥珀の町』で第104回(1990年下半期) 芥川龍之介賞候補となり、1992年、女優・作家の鈴木いづみとサックス奏者の阿部薫を描いた実名小説『エンドレス・ワルツ』で女流文学賞を受賞。1995年、『声の娼婦』で平林たい子文学賞(小説部門)を受賞、『繭は緑』で泉鏡花文学賞候補となる。この頃から三重県志摩半島の小さな湾で見たキジの美しさに魅せられ、土地を購入して別荘を建て、定期的にこの別荘で過ごすことが多くなる。1997年、『朝が二度くる』で川端康成文学賞候補となり、2000年は『七千日』、2005年は『私がそこに還るまで』と三度も川端賞の候補となった。また2002年には、詩集『母音の川』で萩原朔太郎賞候補となった。2008年、志摩半島での生活を題材とした短篇小説集『海松』で川端康成文学賞を受賞、四度目の候補での受賞となった。2009年、『海松』で第141回(2009年上半期) 直木三十五賞大衆選考会推薦候補となり、2010年、『海松』で芸術選奨文部科学大臣賞(文学部門)を受賞。愛知淑徳大学大学院文化創造研究科非常勤講師に就任。織田作之助賞の選考委員に就任(2013年まで)。2011年、『半島へ』で谷崎潤一郎賞を受賞、中日文化賞を受賞。日本大学芸術学部非常勤講師に就任。芸術選奨文部科学大臣賞および芸術選奨文部科学大臣新人賞(文学部門)の選考委員に就任(2013年まで)。2012年、『半島へ』で親鸞賞を受賞。日本大学芸術学部教授に就任。2014年4月29日、紫綬褒章を受章。
80年代後半から90年代初頭にかけて倉田悠子の変名を用いて『くりいむレモン』などのノベライズやファンタジー小説を執筆していた時期がある。
2014年8月30日、膵臓癌のため、東京都品川区のNTT東日本関東病院で死去。1950|3|8|2014|8|30。
没後の2015年に『連作・志摩 ひかりへの旅』で高見順賞および三好達治賞候補となった。

受賞歴

稲葉真弓関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

稲葉真弓関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

crossroadofword私は書こう あなたに生まれ変わるための長い年月についてそこにとどくときのよろこびと消えるときのおののきについて稲葉真弓「ミオの星から」https://t.co/NsGyc9PgZs
Renaitaishitu2私は「俺は男だ」と孤独に叫んでいる、男性性原理のしっぽをくっつけたまま死ぬ「おじさん」に淡い共感を覚える。その共感の大部分は、絶滅の危機に瀕した動物を眺めるときのあの切なさにある。 稲葉真弓 (作家)
S_kisaragi@koshian 実は稲葉真弓さんの手によるものだったという。https://t.co/ggol649pSr
pipikeita『月兎耳の家』/稲葉真弓死の直前に発表した表題作ほか2篇、計3篇による短編集。圧倒的な植物たちの描写に加え、死の匂いが漂う短編が印象深い。青春時代に書かれた「東京・アンモナイト」との対比において著者の〈光〉の概念の変化にも注目… https://t.co/qQRPcntrHh
sahiro後年(本当に後年)、「倉田悠子は稲葉真弓だった」ということを知ったときの衝撃たるや。
truetomb>エロゲーは他のサブカルチャーでは表現不可能なストーリーを、エロをセットにすることで商業にしてオタクカルチャーをリードしてきたし、他にはよく知られてる通り日活のロマンポルノなんかは非常に作家性の強い映画が多く名監督への登竜門となった紫綬褒章の稲葉真弓=倉田悠子先生など……
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
稲葉真弓さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)