トップページ > 作家名一覧 > ごから始まる作家名一覧 > 後藤明生

後藤明生

後藤明生さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

後藤 明生(ごとう めいせい、1932年4月4日 - 1999年8月2日)は日本の小説家。本名は明正。
朝鮮咸鏡南道永興郡生まれ。その引き揚げの途中で父と祖母を失った。このことは作品の幾つかに散見される。旧制福岡県立朝倉中学校に転入し、早稲田大学第二文学部露文学科を卒業。大学在学中の1955年に『赤と黒の記録』で「文藝」の全国学生小説コンクールに入選。
大学卒業後、福岡に戻るが不況のため就職できず、翌年に再上京し、博報堂を経て平凡出版(現・マガジンハウス)に勤務。
1959年から1965年にかけて、榊山潤主催の文芸同人誌「文芸日本」「円卓」に参加。1966年、立原正秋主催の文芸同人誌「犀」に参加、岡松和夫、高井有一、加賀乙彦等を知る。
1962年に『関係』で文藝賞佳作。1967年、「文學界」に発表した『人間の病気』で芥川賞候補となる。1968年には『S温泉からの報告』と『私的生活』で候補となり、退社。1969年に『笑い地獄』で4度目の芥川賞候補となるが、受賞はしなかった。1977年に『夢かたり』で平林たい子文学賞、1981年に『吉野大夫』で谷崎潤一郎賞、1990年に『首塚の上のアドバルーン』で芸術選奨文部大臣賞を受賞した。
1977年より、(内向の世代と名づけられた)古井由吉、坂上弘、高井有一とともに責任編集者として、平凡社から季刊雑誌『文体』を刊行した。当時、編集者だった村松友視の作品を「文体」に掲載させたのも彼である。1989年には、近畿大学文芸学部設立にあたって教授に就任し、文芸研究、文芸創作の指導にあたった。東京から大阪の通勤をしていたが、のちに大阪へ移住。1993年より同学部長を務めた。
「内向の世代」の作家の一人であり、事物や人間の関係性へ意識を向けた批評的でユーモラスな作品を著した。「グロテスク」という観点からニコライ・ゴーゴリとフランツ・カフカに影響を受けており、ゴーゴリの『外套』を起点とした『挾み撃ち』(1973年)は秋山駿、柄谷行人、蓮實重彦に評価され、文壇での地位を確立した。
『小説―いかに読み、いかに書くか』では自らの小説作法について、小説を書く理由は小説を読んだためだと説明している。

後藤明生新刊

  • 発売日
    2018年4月12日
  • 書名
    群像短篇名作選 1970~1999 (講談社文芸文庫)

受賞歴

後藤明生関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

後藤明生関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

skybluejazz@sanagiko87 杳子の独白には以前に読んだときと今回では180度違う感想を持ちました。しかし、この小説が政治の季節の1970代初頭に書かれたのは、いまさらながら驚きます。内向の世代文学(異質な後藤明生
qmabungaku【エフェクト】『首塚の上のアドバルーン』『挟み撃ち』で知られる小説家[後藤明生]→ごとうめいせい
awadateki後藤明生の「吉野大夫」を読んでいる。吉野大夫の小説を書く、としながら、ゆかりの地をぐるぐるまわる経緯が書かれるだけの小説。後藤明生、手に入りにくいけどいつだって最高だ。
orionaveugle植民地文化学会。西成彦さんが〈異邦人〉性をカミュと五木寛之をポストコロニアルに読み替える発表をされていたので、五木と同じくら福岡に引き揚げ、早稲田露文から広告代理店に入った後藤明生について質問。後藤を経由すれば、続く坂堅太さんの「… https://t.co/wA1NawdNj1
snowdraws【後藤明生コレクション4 後期/後藤明生】を読みたい本に追加 → https://t.co/9G6GpP0wZt #bookmeter
mon_faust国書刊行会の『後藤明生コレクション』、編集委員にO氏が名をつらねているだけで購買意欲を削がれる‥。‥買うのやめようかな。
Tamon_Kuro【引揚小説三部作: 「夢かたり」「行き帰り」「嘘のような日常』」/後藤明生】を読んだ本に追加 → https://t.co/uiEkDR2d5F #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
後藤明生さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)