トップページ > 作家名一覧 > ごから始まる作家名一覧 > 後藤明生

後藤明生

後藤明生さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

後藤 明生(ごとう めいせい、1932年4月4日 - 1999年8月2日)は日本の小説家。本名は明正。
朝鮮咸鏡南道永興郡生まれ。その引き揚げの途中で父と祖母を失った。このことは作品の幾つかに散見される。旧制福岡県立朝倉中学校に転入し、早稲田大学第二文学部露文学科を卒業。大学在学中の1955年に『赤と黒の記録』で「文藝」の全国学生小説コンクールに入選。
大学卒業後、福岡に戻るが不況のため就職できず、翌年に再上京し、博報堂を経て平凡出版(現・マガジンハウス)に勤務。
1959年から1965年にかけて、榊山潤主催の文芸同人誌「文芸日本」「円卓」に参加。1966年、立原正秋主催の文芸同人誌「犀」に参加、岡松和夫、高井有一、加賀乙彦等を知る。
1962年に『関係』で文藝賞佳作。1967年、「文學界」に発表した『人間の病気』で芥川賞候補となる。1968年には『S温泉からの報告』と『私的生活』で候補となり、退社。1969年に『笑い地獄』で4度目の芥川賞候補となるが、受賞はしなかった。1977年に『夢かたり』で平林たい子文学賞、1981年に『吉野大夫』で谷崎潤一郎賞、1990年に『首塚の上のアドバルーン』で芸術選奨文部大臣賞を受賞した。
1977年より、(内向の世代と名づけられた)古井由吉、坂上弘、高井有一とともに責任編集者として、平凡社から季刊雑誌『文体』を刊行した。当時、編集者だった村松友視の作品を「文体」に掲載させたのも彼である。1989年には、近畿大学文芸学部設立にあたって教授に就任し、文芸研究、文芸創作の指導にあたった。東京から大阪の通勤をしていたが、のちに大阪へ移住。1993年より同学部長を務めた。
「内向の世代」の作家の一人であり、事物や人間の関係性へ意識を向けた批評的でユーモラスな作品を著した。「グロテスク」という観点からニコライ・ゴーゴリとフランツ・カフカに影響を受けており、ゴーゴリの『外套』を起点とした『挾み撃ち』(1973年)は秋山駿、柄谷行人、蓮實重彦に評価され、文壇での地位を確立した。
『小説―いかに読み、いかに書くか』では自らの小説作法について、小説を書く理由は小説を読んだためだと説明している。

後藤明生新刊

  • 発売日
    2017年12月24日
  • 書名
    壁の中【新装普及版】
  • 発売日
    2017年12月24日
  • 書名
    壁の中【新装愛蔵版】
  • 発売日
    2017年10月23日
  • 書名
    後藤明生コレクション5 評論・エッセイ

受賞歴

後藤明生関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

後藤明生関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

radical_osushi今日から本格的な無職生活。後藤明生コレクション4を読みはじめる。初の後藤明生であるが、非常に読みやすい。擬似文書、擬似会話が持つ作用点的力に魅了されているようにおもう。そういう傾向はじぶんにもあるので、気持ちがよくわかる。
YuzoNito【なぜ小説を書くのか】 作家の後藤明生さんが「何故小説を書くのか」と自問して「小説を読んでしまったから」と 書籍『切りとれ、あの祈る手を~〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話』佐々木 中 著、河出書房新社より作成
TsukadaMasuhiroRetweeted 藤村内向 (@fujimura_naiko):後藤明生も別役実も、敗戦時に子供であったゆえに感じた「原因不明の罪の意識」について語っている。二人にとって、これって外せない問題ですよね。
sanpotosanpo昨日、宇野浩二「蔵の中」を読み、その話法とその他もろもろに、後藤明生に繋がるものをみた。一行目の「そして私は質屋に行こうと思い立ちました」がなんかわからないけれど良い。タイトルは「蔵の中」より「そして私は質屋に行こうと思い立ちました」でもいい。
tsukadamashobo【広告の広告】本日の毎日新聞の書評欄に後藤明生『壁の中』の広告を出しました。ありがたいことに、思いのほか売れてます!未入荷の書店さま、品切れの書店さま、追加補充を何卒よろしくお願いします! https://t.co/7NyGPiQ3jA
godofryokuつかだま書房@tsukadamashobo さまのお年玉企画で当選し、後藤明生『壁の中』(新装普及版)を頂きました。有難うございます。私の指紋がぺたぺた黒いボディに光っているのは気になさらず、この重厚な装丁をご覧ください。この… https://t.co/kQDJHhUaAW
PCLDdYFTqe5bJ1S後藤明生『吉野大夫』読み終えた。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
後藤明生さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)