トップページ > 作家名一覧 > えから始まる作家名一覧 > 円地文子

円地文子

円地文子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

円地 文子(えんち ふみこ、1905年(明治38年)10月2日 - 1986年(昭和61年)11月14日)は、日本の小説家。本名は圓地 富美(えんち ふみ)。上田万年二女。
東京府東京市浅草区向柳原(現在の東京都台東区浅草橋)出身。日本女子大学付属高等女学校(現在の日本女子大学附属高等学校)4年次中退。東京大学国語学教授上田萬年の次女。当時世間的には与四松のほうが有名だった。一人娘に素子がいる。素子(1932-2014)の夫は、核物理学者・高エネルギー物理学研究所(KEK 現・高エネルギー加速器研究機構)名誉教授だった冨家和雄(1928-2005)。
幼少時より病弱で、「病気の問屋」の異名をとったこともあった。学校も欠席しがちだったことから中退し、その後は父などから個人教授を受け、戯曲及び古典日本文学に深い関心を持つようになった。はじめ劇作家として小山内薫の薫陶を受けたが、処女作上演の記念パーティーの席上でその小山内が倒れて死去している。デビュー作の成功の後劇作家としての成功を収めるが、その後また数々の病気に見舞われる。小説家としては、当初評価されず苦労した。代表作『女坂』は戦時中に刊行されているが、戦後は少女小説、通俗小説などを生活のために多く書き、1960年代からようやく評価されるようになる。
日本の古典文学については、平安朝から近世まで詳しく、女を描いた小説と『源氏物語』など古典の造詣により評価され、文化勲章を受章した。『源氏物語』現代語完訳は、与謝野晶子、谷崎潤一郎に続くもので、新潮文庫に入り広く読まれた。
谷崎にはかわいがられ、1965年(昭和40年)に創設された谷崎潤一郎賞で第一回から選考委員を務めた。自身の小説への受賞を主張して反対に遭い、5回目に受賞したものの、選考委員の武田泰淳は選評をまるごと使って選考委員の受賞はあってはならないと批判している。

受賞歴

円地文子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.3.21 作家の読書道 第123回:はらだみずきさん

    少年の成長や周囲の大人たちの人生模様を丁寧に描いた「サッカーボーイズ」シリーズなどが人気のはらだみずきさん。さまざまな人の心の内の迷いやわだかまりを優しく溶かしていくような新作『ホームグラウンド』も、評判となっています。そんな著者は、どのような読書遍歴を辿ってきたのでしょうか。幼い頃の衝撃的な出来事や就職後の紆余曲折など意外な話も盛りだくさんです。

  • 2009.10.28 作家の読書道 第96回:朝倉かすみさん

    本年度、『田村はまだか』で吉川英治文学新人賞を受賞、さらに次々と新刊を刊行し、今まさに波に乗っているという印象の朝倉かすみさん。40歳を過ぎてからデビュー、1作目から高い評価を得てきた注目作家は、一体どんな本を読み、そしていつ作家になることを決意したのか。笑いたっぷりの作家・朝倉かすみ誕生秘話をどうぞ。

円地文子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

meigenroku登らなければ、登りつづけなければ、決して坂の上へは出られないのだ。(円地文子『女坂』)
yuru1998浅田彰といえば、『必読書150』って編者も全員男性だし、選書されたものの書き手にアーレント、エミリー・ブロンテ、デュラス、樋口一葉、円地文子くらいしか女性がいなくて、めっちゃホモソーシャルじゃね?ってなった。まあこういう批判になにか意味があるとも思えないが。
MorinobuI【源氏物語 上 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集04)】円地文子訳では、「若紫」あたりで挫折すること幾たび。コロナの外出自粛を機に、角田光代訳にチャレンジ。年を経て、空前絶後の大作に対峙するキ… → https://t.co/xDXiikNZzc #bookmeter
cyucyu821小さな幸福、つつましい調和・・・結局人間が力限り根限り、叫び、狂い、泣きわめいて求めるものはこれ以上の何ものであろうか。─円地文子「女坂」→ https://t.co/8BAMQhQIH4
YokotaMiku1小さな幸福、つつましい調和・・・結局人間が力限り根限り、叫び、狂い、泣きわめいて求めるものはこれ以上の何ものであろうか。─円地文子「女坂」
BungakuNoAtama朱雀院への行幸は十月十日過ぎである。御催し事も格別に趣向を凝らそうというこの度の儀式なので 、女御や更衣方は御覧になれないのを残念に思っていらっしゃる。帝も、藤壺の宮が御覧にならないのを飽き足らぬことに思召されて、行幸の前に試薬を御所…紫式部(円地文子訳)「源氏物語 紅葉賀」
kingyo_ryoran私がね、少し帰りがおそかったりすると、顔をみると拝むのよ。ほんとうに拝むの。有難いんですって……それはねえ。私が器量がいいとか、才能があるとかいうためではないのよ@円地文子・かの子変相
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
円地文子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)