トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 黒井千次

黒井千次

黒井千次さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

黒井 千次(くろい せんじ、1932年5月28日 - )は、日本の小説家。本名、長部舜二郎。「内向の世代」の作家の一人と呼ばれる。日本芸術院長。息子はフジテレビプロデューサーの長部聡介。
東京府下高円寺に、のち最高裁判事長部謹吾の次男として生まれる。都立西高校から1955年東京大学経済学部卒業、富士重工業へ入社し、サラリーマン生活のかたわら、創作を行う。新日本文学会に入り、1958年に『青い工場』を発表し、当時の労働者作家の有望株として、八幡の佐木隆三、長崎の中里喜昭たちとともに注目された。また、『文学界』に『メカニズムNo.1』を執筆。労働現場の矛盾を心理的な側面から描く手法で注目された。
1968年に『聖産業週間』で芥川賞候補となり、1970年に『時間』で芸術選奨新人賞受賞。同年に富士重工を退社、作家活動に専念。この時、会社側から社業に専念できない人物を会社は雇うつもりはないと言われたという。その後、1984年に『群棲』で谷崎潤一郎賞、1995年に『カーテンコール』で読売文学賞(小説部門)、2000年日本芸術院会員、2001年に『羽根と翼』で毎日芸術賞、2006年に『一日 夢の柵』で野間文芸賞をそれぞれ受賞。2010年芸術院第二部部長。2014年日本芸術院長、文化功労者。
1987年から2012年まで芥川賞の選考委員を務めた。現在、毎日芸術賞、伊藤整文学賞選考委員、文化放送番組審議会委員長を務めている。また、日本文藝家協会の理事長も2002年から2007年まで務めていた。
阿刀田高とは高校の文芸部時代の知己。遠藤周作と共に「宇宙棋院」を主宰。
日本中国文化交流協会副会長・理事長。

黒井千次新刊

  • 発売日
    2019年6月18日
  • 書名
    老いのゆくえ (中公新書)

受賞歴

黒井千次関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

黒井千次関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

soumu0420#いいねした人を文ストキャラ化する名前 雪国の塩キャラメル異能 流砂(黒井千次『流砂』より)   相手の記憶を蘇らせることができる。また、それを   見ることも可能。年齢 16歳組織 武装探偵社関係 ナオミさんの後輩… https://t.co/eMBqT0n7YY
Contre62691883戦後純文学の文体に触れると、帰るべきところに帰ってきた気がしてとても落ち着く。漢字の多さや文の呼吸が自分に合っているんだろう、と黒井千次『五月巡歴』を買って思うなど。
kawasan3備忘録もう少したって、まだ気になっていたら、やはり買う。梅田のbook studioで見かけた。黒井千次の視点は、なかなか好きな視点ではある。↓老いのゆくえ|新書|中央公論新社 https://t.co/hnTOv3A0G6 #中公新書
findareading翌日、眼を覚して雨の音が家を包んでいるのを知ると、彼は急に大学に出かける意欲を失った。気温が下り肌寒いほどの日だった。昼近くまで本を読んで過し、近所のそば屋で昼食をとった後、彼の足は躊躇いながらも裏通りに折れて麻子の家に向った。─… https://t.co/Pik5UAiCjn
byosya_bot乾いた咽喉に貼りついた声を引き剥がすように呟く。黒井千次『群棲』よりことばの描写
batabata眉村卓は内向の世代との同質性をもっと語られるべき作家なのだ。特に黒井千次の産業小説、後藤明生の饒舌体。時代的な「寄るべなさ」と戦後社会における「頭を押さえられている」感覚。近年の脱力感ある短話群も捨てがたい魅力を放つ。為すべきことを終えた巨星の残光。
zmaj2015#名刺代わりの小説10選幻の女/ウィリアム・アイリッシュレベッカ/デュ・モーリア罪と罰/ドストエフスキーノルウェイの森/村上春樹小説十八史略/陳舜臣白昼の死角/高木彬光群棲/黒井千次藪の中/芥川龍之介途上/谷崎潤一郎細雪/谷崎潤一郎
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
黒井千次さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)