トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 黒井千次

黒井千次

黒井千次さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

黒井 千次(くろい せんじ、1932年5月28日 - )は、日本の小説家。本名、長部舜二郎。「内向の世代」の作家の一人と呼ばれる。日本芸術院長。息子はフジテレビプロデューサーの長部聡介。
東京府下高円寺に、のち最高裁判事長部謹吾の次男として生まれる。都立西高校から1955年東京大学経済学部卒業、富士重工業へ入社し、サラリーマン生活のかたわら、創作を行う。新日本文学会に入り、1958年に『青い工場』を発表し、当時の労働者作家の有望株として、八幡の佐木隆三、長崎の中里喜昭たちとともに注目された。また、『文学界』に『メカニズムNo.1』を執筆。労働現場の矛盾を心理的な側面から描く手法で注目された。
1968年に『聖産業週間』で芥川賞候補となり、1970年に『時間』で芸術選奨新人賞受賞。同年に富士重工を退社、作家活動に専念。この時、会社側から社業に専念できない人物を会社は雇うつもりはないと言われたという。その後、1984年に『群棲』で谷崎潤一郎賞、1995年に『カーテンコール』で読売文学賞(小説部門)、2000年日本芸術院会員、2001年に『羽根と翼』で毎日芸術賞、2006年に『一日 夢の柵』で野間文芸賞をそれぞれ受賞。2010年芸術院第二部部長。2014年日本芸術院長、文化功労者。
1987年から2012年まで芥川賞の選考委員を務めた。現在、毎日芸術賞、伊藤整文学賞選考委員、文化放送番組審議会委員長を務めている。また、日本文藝家協会の理事長も2002年から2007年まで務めていた。
阿刀田高とは高校の文芸部時代の知己。遠藤周作と共に「宇宙棋院」を主宰。
日本中国文化交流協会副会長・理事長。

受賞歴

黒井千次関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

黒井千次関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

NeveuTristan黒井千次、初めて読んだ。私の父と同世代が私の青春時代だったあの年代にどんな思いでどんな空気を吸っていたのか。『群棲』をぜひ読んでみたいと思う。
zgkzw黒井千次さんというおじいちゃんが書く読売新聞夕刊のコラム(「日をめくる音」)がすきなんだけど、小説家なのか
tomonobu0619個人的に、ノーベル文学賞は、ミラン・クンデラが受賞。文化勲章は、黒井千次か吉増剛三が受章すると思う。
mKdotManiac中原中也の『生ひ立ちの歌』吉野弘の『I was born』黒井千次の『夜のぬいぐるみ』『子供のいる駅』は、私の感性に刺さって抜けない棘。脳天を貫いた衝撃は今でも忘れない。フシギな話ばっか書くのが、腑に落ちるセレクトじゃなかろうかww
HerriotItou新聞連載の原稿にOKが出る。今回メインで紹介したのは黒井千次著『春の道標』小学館刊。戦争が終わって社会が少し落ち着いてきた時代が舞台の青春小説。淡い恋があり友情がありの成長小説。みずみずしい感性があふれた作品。30年振り以上経過しての復刊。非常に嬉しい出来事。
Morigami_A一年以上着ていないシャツの胸ポケットに、小さく畳んだ紙片が入っていた。何だろう?と思ってみてみると、久しく会っていない友人の住所と電話番号だった。黒井千次の『丸の内』という小説にも同じような場面があったことを思い出す……小説の中では、見知らぬ女性の電話番号だったけれど。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
黒井千次さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)