トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 竹西寛子

竹西寛子

竹西寛子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

竹西 寛子(たけにし ひろこ、1929年4月11日 - )は、日本の小説家、日本芸術院会員、文化功労者。
広島市皆実町(現・同市南区内)に生まれる。家は醸造業だった。第二次世界大戦中の1942年、県立広島女子専門学校(現県立広島大学の前身校)に入学、戦争末期には学徒動員により軍需工場などでの勤労奉仕に従事した。1945年8月6日の原爆投下の際は、学徒動員先の工場をたまたま体調を崩して休み、爆心地から2.5kmの自宅に在宅していたために大きな被害を免れることができたが、多くの級友が被爆死し、この体験が後の文学活動の根本になっている。1952年早稲田大学教育学部国文科を卒業、河出書房に勤務するが、1957年同社倒産により解雇、筑摩書房に入社し、文学全集等の編集に携わった。その傍らで評論を書き続け、1962年に退社し、執筆活動に専念。主な代表作に評論『往還の記 - 日本の古典に思う』、自身の被爆体験をテーマとする小説『管絃祭』、小説『贈答のうた』などがあり、主要著作をまとめた『竹西寛子著作集』(全5巻・新潮社)や『竹西寛子随想集』(全3巻・岩波書店)がある。1994年芸術院会員。

受賞歴

竹西寛子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

竹西寛子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

chiryu_tosyo【イベント案内】※大人向け『大人のための朗読会~聴いて楽しむ名作ライブ~』を行います♪▼日時 10月31日(水)午前10:00~正午▼場所 二階視聴覚室あおみの会朗読グループの皆さんが、竹西寛子「五十鈴川の鴨」、あさのあつ… https://t.co/ZcqkmHmi9l
summeralbumbot水引草の鉾や河原撫子を濡らしていた小雨が止んで、雲間から薄日が射し始めた。以前は、学校から帰ったばかりの子供らしいピアノの稽古の音や,すぐ近くの社宅の庭で漕ぐブランコの音を、聞き分け難い遊びの叫び声とともによく耳にしたものだった。もうすぐ夏至である。竹西寛子/平成二十年夏至
monta3135竹西寛子って人の水車小屋までって本が国語の随筆文に出ててめっちゃエモかった
denshosaleDMM電子書籍 期間限定セール 竹西寛子『兵隊宿』30%pt還元 864円https://t.co/VD2yAArnje
kokeshi777sada講談社文芸文庫のうちでも「現代日本のエッセイ」シリーズはマニアックなものも含めてとにかく興味深い書目が多い。エッセイと銘打ちながら、なぜか本格的な評伝・自伝作品が入っていたりするのも面白い。例として竹西寛子『山川登美子』同『式子内親王/永福門院』金子光晴『詩人』など。
yosiyosiyosi123国語を教えていて楽しいのは、すぐれた文章に出会えることだ。今日の文章。竹西寛子さん。「うれしい」は「かなしい」を含んで矛盾せず、「かなしい」まで及ぶ。しかし「かなしい」に「うれしい」は入らない。なんとなく分かる気がする。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
竹西寛子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)