トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 竹西寛子

竹西寛子

竹西寛子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

竹西 寛子(たけにし ひろこ、1929年4月11日 - )は、日本の小説家、日本芸術院会員、文化功労者。
広島市皆実町(現・同市南区内)に生まれる。家は醸造業だった。第二次世界大戦中の1942年、県立広島女子専門学校(現県立広島大学の前身校)に入学、戦争末期には学徒動員により軍需工場などでの勤労奉仕に従事した。1945年8月6日の原爆投下の際は、学徒動員先の工場をたまたま体調を崩して休み、爆心地から2.5kmの自宅に在宅していたために大きな被害を免れることができたが、多くの級友が被爆死し、この体験が後の文学活動の根本になっている。1952年早稲田大学教育学部国文科を卒業、河出書房に勤務するが、1957年同社倒産により解雇、筑摩書房に入社し、文学全集等の編集に携わった。その傍らで評論を書き続け、1962年に退社し、執筆活動に専念。主な代表作に評論『往還の記 - 日本の古典に思う』、自身の被爆体験をテーマとする小説『管絃祭』、小説『贈答のうた』などがあり、主要著作をまとめた『竹西寛子著作集』(全5巻・新潮社)や『竹西寛子随想集』(全3巻・岩波書店)がある。1994年芸術院会員。

受賞歴

竹西寛子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

竹西寛子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

scott8611130竹西寛子は、やはり女なんだと、改めて、気付く。思い知らされる。そして、安心する。各巻の目次をみながら、そう思う。まだ、読みはじめては、いない。
byosya_bot橙色の、幾筋もの大波のうねりをみせて視界を覆っている雲海に、そのまま溺れて行くのかという感覚竹西寛子『草原の歌』より雲/霧の描写
kasutoru0823@ayafuyabunko 竹西寛子さんの「蘭」だと思います。該当している年ではありませんが私も国語の模試かなにかの教材で拝見しました。
melonbros@ayafuyabunko 竹西寛子「蘭」かと思います。
Nostalfire_@summatu 林和清さんの『日本の涙の名歌100選』(新潮文庫)と竹西寛子さんの『詞華断章』(岩波現代文庫)オススメですよー。前者は万葉から笹井宏之まで、後者は京極派や江戸俳諧までカバーされています。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
竹西寛子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)