トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 竹西寛子

竹西寛子

竹西寛子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

竹西 寛子(たけにし ひろこ、1929年4月11日 - )は、日本の小説家、日本芸術院会員、文化功労者。
広島市皆実町(現・同市南区内)に生まれる。家は醸造業だった。第二次世界大戦中の1942年、県立広島女子専門学校(現県立広島大学の前身校)に入学、戦争末期には学徒動員により軍需工場などでの勤労奉仕に従事した。1945年8月6日の原爆投下の際は、学徒動員先の工場をたまたま体調を崩して休み、爆心地から2.5kmの自宅に在宅していたために大きな被害を免れることができたが、多くの級友が被爆死し、この体験が後の文学活動の根本になっている。1952年早稲田大学教育学部国文科を卒業、河出書房に勤務するが、1957年同社倒産により解雇、筑摩書房に入社し、文学全集等の編集に携わった。その傍らで評論を書き続け、1962年に退社し、執筆活動に専念。主な代表作に評論『往還の記 - 日本の古典に思う』、自身の被爆体験をテーマとする小説『管絃祭』、小説『贈答のうた』などがあり、主要著作をまとめた『竹西寛子著作集』(全5巻・新潮社)や『竹西寛子随想集』(全3巻・岩波書店)がある。1994年芸術院会員。

竹西寛子新刊

  • 発売日
    2018年5月12日
  • 書名
    群像短篇名作選 2000~2014 (講談社文芸文庫)

受賞歴

竹西寛子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

竹西寛子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

freedbtest_bot朗読・竹西寛子 / おくのほそ道 (Disc 2) https://t.co/mCDdI2z4ca
krdnmkt竹西寛子の『詞華断章』を読んでいます。古典の俳句や和歌の鑑賞体験が、著者の生活上の直観や日本文学の先達への想いを交えながら表され、筆致は滑らかで情緒ある感じがします。季節の移ろいを捉える視線と宇宙に対する直観との重なりを詩歌にも見出しているみたいです。面白いです。
xiu_chang_po『ユリイカ』って中村稔や竹西寛子の連載とか読者の詩の投稿とかってまだやってんのかしらん?ケンドリック・ラマー(よく知らない)と竹西寛子がどうにも繋がらない…。
so_suda7月30日の天声人語は、日本三景の安芸の宮島で毎年夏に開かれる神事「管絃祭」の歴史と台風で中止になった事情。竹西寛子さんの小説で「打ち寄せる波、響きわたる雅楽の調べ、浜辺の光」が描かれているという。まだ知らない日本の風景も多いと自分を振り返った。真夏は永遠を想う季節かもしれない。
shigajiroセルフお土産に林京子『祭りの場 ・ギヤマン ビードロ』講談社文芸文庫。長崎原爆の作家と知って。振り返ると峠三吉も原民喜も竹西寛子も広島の被爆者だった。「…若者が、暑いなあ、と言った。もっと暑かったんだよなあ、と言った。たったそれだけの言葉に、私の目から涙があふれた。」「無明」から
a_oik竹西寛子の長編小説『管絃祭』があるように、広島ではきっと特別な意味を持つ神事のはず。中止の判断も苦しいだろう。/厳島神社の「管絃祭」106年ぶり中止 日本三大船神事:朝日新聞デジタル https://t.co/ffhi9By50Q
beyondrats竹西寛子の言う「被爆した広島を言う言葉」/「被爆した広島が言わせる言葉」ってホントで、死者を僭称するものではないマジの語りはそれ自体が生きもののように口をついてあふれだすものなんだろうと思う
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
竹西寛子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)