トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 竹西寛子

竹西寛子

竹西寛子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

竹西 寛子(たけにし ひろこ、1929年4月11日 - )は、日本の小説家、日本芸術院会員、文化功労者。
広島市皆実町(現・同市南区内)に生まれる。家は醸造業だった。第二次世界大戦中の1942年、県立広島女子専門学校(現県立広島大学の前身校)に入学、戦争末期には学徒動員により軍需工場などでの勤労奉仕に従事した。1945年8月6日の原爆投下の際は、学徒動員先の工場をたまたま体調を崩して休み、爆心地から2.5kmの自宅に在宅していたために大きな被害を免れることができたが、多くの級友が被爆死し、この体験が後の文学活動の根本になっている。1952年早稲田大学教育学部国文科を卒業、河出書房に勤務するが、1957年同社倒産により解雇、筑摩書房に入社し、文学全集等の編集に携わった。その傍らで評論を書き続け、1962年に退社し、執筆活動に専念。主な代表作に評論『往還の記 - 日本の古典に思う』、自身の被爆体験をテーマとする小説『管絃祭』、小説『贈答のうた』などがあり、主要著作をまとめた『竹西寛子著作集』(全5巻・新潮社)や『竹西寛子随想集』(全3巻・岩波書店)がある。1994年芸術院会員。

受賞歴

竹西寛子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

竹西寛子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

BungakuNoAtamaひさし少年は、馬の絵をかいている。 三頭の軍馬が、並んで駆けて行く姿を真横からかいている。竹西寛子「兵隊宿」
sakuhinsha随筆名言集718 人の生身の形態のあらわれにおいて、和服は洋服よりも間接的だが、それが女の色気のよい表現には叶っている。(竹西寛子『日本の名随筆 別巻58 着物』より)
tukiasa2たくさんの書籍に色々なことが書いてありました。でも、日本文化の成り立ちだけではなく日本人の内に根差したジェンダー観とともに 芸能や美術での異性装を解きほぐしてくれる書籍は意外に少なく。(竹西寛子『式子内親王』はジェンダー論ではないけれど古くからの女性像が綿密に説かれていました。)
byosya_bot橙色の、幾筋もの大波のうねりをみせて視界を覆っている雲海に、そのまま溺れて行くのかという感覚竹西寛子『草原の歌』より雲/霧の描写
scott8611130竹西寛子の「古典日記」時々読みかえしたくなります。また、処分しても、また古本を買い直してしまいます。#竹西寛子 #原田康子 https://t.co/R9nxspL0lS
sadmaz6竹西寛子のバタリャハトを、歯周ポケットの馬丁にしてやろうか!
d2d8a06新潮文庫の、川端康成の「伊豆の踊子」。竹西寛子という人の解説文も、文学初級者には難解だった。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
竹西寛子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)