トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中山義秀

中山義秀

中山義秀さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中山 義秀(なかやま ぎしゅう、1900年10月5日 - 1969年8月19日)は、日本の小説家。本名、議秀(よしひで)。
福島県西白河郡大屋村(現白河市)生まれ。旧制安積中学(現福島県立安積高等学校)、早稲田大学文学部英文科卒業。
早稲田大学在学中に、横光利一、富ノ澤麟太郎、小島勗らと同人誌『塔』を創刊。小説『穴』を発表。また、帆足図南次と『農民リーフレット』を発刊。卒業後、中学英語教師のかたわら著作業を始め、妻の死など苦難の後、著作集『電光』を刊行。1938年、岩瀬郡長沼町(現須賀川市)を舞台にした『厚物咲』で第7回芥川賞。翌年『碑』を発表し、文壇での評価を高める。1942年に真杉静枝と再婚したが、1946年に離婚している。1969年8月19日、食道癌のため虎の門病院で死去。
平家物語を現代語訳しており(日本古典文庫13・河出書房新社)、その訳文(書き出しと那須与一の件)は中学校用国語教科書(光村図書中学2年)で長年使用され続けている。
戦後は時代小説を書き、『新剣豪伝』『信夫の鷹』など。1964年、明智光秀を描いた『咲庵』で野間文芸賞受賞。がんに倒れ、『芭蕉庵桃青』が絶筆となった。死の前日に、キリスト教洗礼を受けた。
1993年には中山義秀記念文学館がつくられ、優れた歴史小説を対象にした、中山義秀文学賞が創設された。全集は『中山義秀全集』(全9巻)が新潮社に、『新編中山義秀自選歴史小説集』(全10巻)が宝文館出版にある。

受賞歴

中山義秀関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

中山義秀関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

u_nya_qma1938年に芥川賞を受賞した中山義秀の小説です
nanshutsu漢字書き取りの練習{1級}それにたいして縹は彼との結婚をそれほど希望していない旨を《エンキョク》にほのめかした。 <中山義秀:華燭>⇒ 婉曲
jinbutu_hyogen【姿】「白髪の痩せた老翁が秋風に吹き乱れる果樹園の小菊の間を黙黙と逍遥している有様には一種の趣きがあった。」中山義秀
bikasebu(エフェ)1938年に小説『厚物咲』で芥川賞を受賞した作家です 中山義秀 Aなかやまぎしゅう/(エフェ)1974年に『草のつるぎ』で芥川賞を受賞した作家です 野呂邦暢 Aのろくにのぶ
bibun_n_botNo.128 (エフェ)1938年に芥川賞を受賞した中山義秀の小説です⇒あつものざき(厚物咲)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
中山義秀さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)