トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 外村繁

外村繁

外村繁さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

外村 繁(とのむら しげる、1902年(明治35年)12月23日 - 1961年(昭和36年)7月28日)は、日本の小説家。本名は外村 茂(とのむら しげる)。出自である近江商人を題材にした小説や、私小説を多く発表した。第1回芥川龍之介賞候補となったほか、池谷信三郎賞、野間文芸賞、読売文学賞といった各賞を受賞している。
滋賀県神崎郡南五個荘村金堂(現・東近江市五個荘金堂町)出身。金堂は近世から近代にかけて近江商人発祥地として栄えた土地である。外村家も江戸時代から代々続く木綿問屋で、茂は外村吉太郎の三男として生まれ、保守的な環境で育つ。滋賀県立膳所中学校卒業。第三高等学校文科甲類卒業。東京帝国大学経済学部卒業(本人は文学部志望であったが、親の意向で経済学部に進学していた)。
大学在学中の1925年(大正14年)1月、第三高等学校時代から「三高劇研究会」で親交のあった梶井基次郎や中谷孝雄らと同人誌『青空』を創刊した。11月に川端康成の同人誌『文藝時代』から文芸時評を依頼されて寄稿するが、名前を誤植され「外村繁」と印刷されたため、以後それを筆名とした。
大学卒業後、父親が急逝したため家業を継ぐが、やがて弟に家業を譲り、1933年(昭和8年)に阿佐谷へ移って小説家として再出発し、『鵜の物語』を発表。中谷の紹介で『麒麟』同人となる。
1935年(昭和10年)、当時連載途中だった『草筏』で第1回芥川龍之介賞候補となる。『草筏』は1938年(昭和13年)に完結し、第5回池谷信三郎賞を受賞。また、『草筏』完結時に再び第8回芥川龍之介賞予選候補となるが、先に池谷信三郎賞受賞が決定したことも影響し、受賞することはなかった。
戦後『筏』と『花筏』を発表し、『草筏』とともに「筏三部作」と呼ばれるようになる。『筏』で1956年(昭和31年)の第9回野間文芸賞を受賞したほか、1961年(昭和36年)には『澪標』で第12回読売文学賞を受賞している。
また、1949年(昭和24年)に同郷の辻亮一から「異邦人」を見せられた際、『新小説』に同作を掲載するよう推薦した。外村の推薦により「異邦人」は『新小説』に掲載され、翌年、同作によって辻は芥川龍之介賞を受賞している。

受賞歴

外村繁関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

外村繁関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

qmabungaku【エフェクト】小説『草筏』が第1回芥川賞の候補作品となった作家です[外村繁]→とのむらしげる
qma_bibun_botエフェ ・小説『草筏』が第一回芥川賞の候補作品となった作家 外村繁→とのむらしげる
bikasebu(多)檀一雄が夫人のことを書いた小説 ○『リツ子その死』『リツ子その愛』 ×『リツ子その夢』『リツ子その涙』『リツ子その生涯』/(多)「筏三部作」と呼ばれる外村繁の小説 ○『筏』『花筏』『草筏』 ×『杉筏』
museumnews_jp木地師や切り絵作家の作品52点 https://t.co/2gH70Ir95I 東近江市出身の匠3人の作品展「伝えるぬくもり展」が、五個荘金堂町にある五個荘近江商人屋敷の3館で開かれている。伝統ある各屋敷とのコラボレーションに、観光客らの注目を集めている。 外村繁邸では、蛭谷町…
b_effect_botQ271.小説「草筏」が第1回芥川賞の候補作品となった作家です【外村繁】A.とのむらしげる
shigaben_bot【滋賀弁de文学】「今度こっさり、こそぼがらんほん」(外村繁『澪標』)
senmonlib_Aとか言いながら、今宵は外村繁を読む予定。和田も外村もどっちもどっちだな笑。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
外村繁さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)