トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山本健吉

山本健吉

山本健吉さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山本 健吉(やまもと けんきち、1907年(明治40年)4月26日 - 1988年(昭和63年)5月7日)は、文芸評論家。本名は石橋貞吉(ていきち)。
文芸評論家石橋忍月の三男。最初の妻は俳人の石橋秀野。なお秀野の妹は漫画家の清水崑の妻である歌人の清水恒子。
石橋忍月の三男として、長崎市に生まれる。旧制長崎中学、慶應義塾大学国文科卒業。折口信夫に師事した。日本の古典詩歌に詳しく、古典作品と現代文学との関係の究明に力を注いだ。また、ながく文芸時評もつとめ、現代文学に関する著作も多い。「第三の新人」という用語を最初に用いた人物でもある。
1929年、藪秀野(のち俳人石橋秀野)と結婚。このころ二人とも当時、非合法下の日本共産党に入党。1932年、特高警察に一か月近く拘留される。
1933年、改造社に入社し、1934年創刊の総合俳誌「俳句研究」に携わり現代俳句への造詣を深める。
1939年8月、「俳句研究」の座談会「新しい俳句の課題」で人間探求派なる用語が生まれた。司会、山本健吉、参加者、中村草田男、加藤楸邨、石田波郷、篠原梵。
一方1939年、吉田健一、西村孝次、伊藤信吉、中村光夫らと文芸誌「批評」を創刊し、私小説を論じる。戦時中の同人雑誌統合のなかで、堀田善衛と交友をもつ。40代まで貧困に苦しむことも多かったが、戦後、俳句を中心に現代小説など何でも書き、1955年(昭和30年)、『芭蕉』で新潮社文学賞を受賞。翌年、『古典と現代文学』で読売文学賞受賞。1963年(昭和38年)、『柿本人麻呂』で再度読売文学賞を受賞。1966年(昭和41年)、日本芸術院賞を受賞し、1969年(昭和44年)日本芸術院会員に就任。1972年(昭和47年)より日本文藝家協会理事長、のち会長となる。1979年(昭和54年)、『詩の自覚の歴史』で日本文学大賞受賞、1981年(昭和56年)、『いのちとかたち』で野間文芸賞、文化功労者。1983年(昭和58年)、文化勲章受章。1988年5月7日、急性呼吸不全のため東京都渋谷区代々木の榊原記念病院で死去。
代替文=山本健吉若き日の写真|サムネイル|福岡県八女市八女市立図書館にある山本健吉資料室に展示してある山本健吉の若き日の写真。
墓は福岡県八女市の無量寿院にある。

受賞歴

山本健吉関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2016.8.7 原民喜の書簡発見 被爆作家・詩人道立文学館、雑誌も

    広島での被爆体験を著した小説「夏の花」などで知られる作家・詩人の原民喜(たみき)(1905~51年)の書簡と、大学在学中に仲間と作った回覧雑誌の一部が、札幌の道立文学館の所蔵資料から見つかった。

  • 2012.11.20 歌人の成瀬有氏が死去

    成瀬有氏(なるせ・たもつ=歌人、歌誌「白鳥」主宰)18日、収縮性心膜炎のため死去、70歳。

  • 2012.5.17 加藤郁乎氏が死去(詩人、俳人)

    加藤郁乎氏(かとう・いくや=詩人、俳人)16日、心不全のため死去、83歳。通夜は22日午後6時、告別式は23日午前10時、品川区西五反田5の32の20、桐ケ谷斎場で。喪主は妻、通江(みちえ)さん。

山本健吉関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

quiz_eden[166]文芸評論家の山本健吉が命名した、第二次戦後作家に続く小説家の世代として、安岡章太郎や遠藤周作らに付けた俗称は何?第三の新人
qmabungaku【四択】大正末期から昭和初期にかけて頭角を現した横光利一、川端康成らの作家のことを「新感覚派」と命名した評論家は?1.千葉亀雄2.石橋忍月3.小田切秀雄4.山本健吉→1.千葉亀雄
yakehai_bot[331]山本健吉を義理の兄にもつのは誰?
roumanha5山本「[日本文学には肉欲しかないというが]運命愛として詠いあげているという点がありますね。そういう感動というものを、やはり見ないといけない。日本人の男女が出会うというのは、肉欲でありながら、本当に自分の唯一の分身と出合ったんだ」原型と現代小説/山本健吉・佐伯彰一・三島由紀夫
chii_oboeta_qma【第三の新人】:山本健吉【新感覚派】:千葉亀雄【内向の世代】:小田切秀雄【森鴎外と文学論争】:石橋忍月ちぃ覚えた
SashSuzuki清水崑本名、清水幸雄。昭和の漫画家。山本健吉の義理の弟にあたる。。週刊朝日で「かっぱ天国」を連載、黄桜酒造のキャラクターとして採用された。また菓子広告も手がけるようになり、現在でも「かっぱえびせん」に名残をとどめている。 https://t.co/84195BfKWG
saho0623松岡正剛の千夜千冊483夜『いのちとかたち』山本健吉 https://t.co/dchciZcXaI
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
山本健吉さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)