トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 津島佑子

津島佑子

津島佑子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

津島 佑子(つしま ゆうこ、1947年3月30日 - 2016年2月18日)は、日本の小説家。本名は津島里子(つしま さとこ)。作品は英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・オランダ語・アラビア語・中国語などに翻訳されており、国際的に評価が高い。東京都北多摩郡三鷹町(現・東京都三鷹市)生まれ。小説家太宰治と津島美知子の次女。
1歳のとき父を失い、母子家庭に、さらに12歳のとき3歳上の実兄が病没し母・姉と"女系家族"に育つ。
白百合学園中学校・同高等学校を経て、1966年、白百合女子大学文学部英文科在学中、ガリ版同人誌『よせあつめ』を創刊。処女作『手の死』『夜の……』を発表。同年「文芸首都」会員となる。1967年、成人式を迎えるに際して山梨県の富士五湖を訪れ、父の文学碑を見る。同大学卒業後、1969年4月、明治大学大学院(英文学専攻)に入学date=2012年8月|するも、ほとんど講義に出席せず。
1970年11月、結婚により財団法人放送番組センターを退社。1971年、第一作品集『謝肉祭』を刊行。この時期は母子家庭のテーマを繰り返し描く。1972年5月、長女を出産。後年夫とは不和となり離婚。date=2012年8月|その後津島には新たな私生活のパートナーとなる男性が現れたが、この男性とは再婚せず別離。またこの男性との間に1976年8月、長男を出産するが、長男は1985年3月に呼吸発作のため死去。この体験は後に『夜の光に追われて』『真昼へ』などの作品の主題となる。
1991年、湾岸戦争への自衛隊派遣に抗議し、柄谷行人、中上健次、田中康夫らとともに『湾岸戦争に反対する文学者声明』を発表した。
1991年10月、パリ大学国立東洋言語文化研究所に招聘され日本の近代文学を講義。
1998年、構想から5年をかけた大作『火の山―山猿記』を完成。家族、生と死、言葉の隔たりといったそれまでのテーマを集大成し谷崎潤一郎賞・野間文芸賞を受賞。この作品は後に2006年4月から放送のNHK連続テレビ小説『純情きらり』の原案となった。
2000年から2015年まで川端康成文学賞選考委員、2000年から2014年まで野間文芸賞選考委員、2002年から2012年まで読売文学賞選考委員、2007年から2014年まで朝日賞選考委員をそれぞれ務めた。
実姉は元衆議院議員で厚生大臣を二度務めた津島雄二夫人の津島園子。作家・太田治子は異母妹、衆議院議員・津島淳は甥にあたる。
2016年2月18日、肺がんのため死去。1947|3|30|2016|2|18。

受賞歴

津島佑子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

津島佑子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

qmabungaku【線結び】次の川端康成賞を受賞した小説と作者の正しい組み合わせを選びなさい[A.三界の家|B.海にゆらぐ糸|C.黙市][1.大庭みな子|2.津島佑子|3.林京子]→A-3、B-1、C-2
syohyomachine「悲しみについて」(津島佑子著@人文書院)読売新聞2/101985年の春、その人は息子を失った。そして絶望の果てに、夢と記憶のあわいから、この「連作」を紡ぎはじめた。彼女は何を信じ、何に抗いつづけているのか。聞き届けられるべき… https://t.co/wwx0QeMk9H
matsurara母は自分の空腹も、私の空腹も忘れて、一人で膝もとの畳を睨み続けていた。姉にも、私にも、その母に声を掛けることができなかった。(中略)母は嘆いているのではなく、自分の孤独に激しい怒りをぶつけていた。家のなかも外も暗く、私も母のようにうつむいていた。(「黙市」津島佑子)
jimbunshoin津島佑子『悲しみについて』に触れていただきました→[空想書店]世界開く「恋」と出合う…2月の店主はポリー・バートンさんです : エンタメ・文化 : 読売新聞オンライン https://t.co/Ek7OEp3IO4
koh_reader津島佑子「ニューヨーク、ニューヨーク」ふつうと言っていいような人生、そのなかで「変わった」と自然に形容できるような、身近な変。たとえば、「変わったやつ」とか。そうした疑問をほどくことで共感が生まれ、愛が生まれる。変な愛ばかりじゃない。変が生む愛もまた、変愛と呼ばれてしかるべき。
kinokuniyasale火の山 山猿記(下) (津島佑子) が、紀伊國屋電子書籍で特価で378円引きの324円(54%OFF)、3ポイント還元になりました。木曜まで。https://t.co/aoODpvDBOP
kin5rouアマゾンプライムに登録してたのを思い出し、途中で視損ねていたディスイズアスのファーストシーズンを一気見。血が繋がらなくても家族。血が繋がってるから家族。一見相反する要素が、本当に見事に解決されてたドラマでした。ちょっと津島佑子の「火の山」を思い出しました。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
津島佑子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)