トップページ > 作家名一覧 > りから始まる作家名一覧 > リービ英雄

リービ英雄

リービ英雄さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

リービ 英雄(リービ ひでお、Ian Hideo Levy, 1950年11月29日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー生まれの小説家・日本文学者。本名、リービ・ヒデオ・イアン。日本語を母語とせずに日本語で創作を続けている作家の一人。現在、法政大学国際文化学部教授。ユダヤ系アメリカ人。
東欧系ユダヤ人の父と、ポーランド人移民の母親をもつ。父親は外交官で、英雄は少年時代から台湾、香港、アメリカ、日本と移住を繰り返す。“ヒデオ”は父の友人に因んで付けられたもので、幼少時からの本名である。
プリンストン大学東洋学専攻卒業、同大学院に学び、1978年、柿本人麻呂論で文学博士。同大学で、中西進に『万葉集』を学んでいる。プリンストン大学助教授ののち、スタンフォード大学准教授(テニュア付)を辞して、日本に渡る。
小説を書き始めたのは、中上健次の示唆がきっかけだった。また、司馬遼太郎とコロンビア大学(日本学専門)のポール・アンドラー教授(カトリックドイツ系/フィラデルフィア出身)と交流を持っていた。

受賞歴

リービ英雄関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

リービ英雄関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

dorori_dororiそういえば部員、リービ英雄については神戸大学のトーマス・ブルックさんにご示唆いただきました。
korekichi_san高校生の夏休みの課題図書、なんかないかと聞かれたので、リービ英雄やドナルド・キーンを推す。帰国子女とかいるクラスだし、テーマはわかりやすく『外から見た日本』って感じで。ついでに「表徴の帝国」も入れておいたが、それは多分だれも読まないだろうw
chiba_cat…惹かれたというか、疑問を感じつつ面白味を感じたのはリービ英雄の妹のインドラ・リービの山川菊栄論とダバシ氏のシュリアーティ論だった。読み物としては煙草は崇高であるというサルトル論とロンドンの金之助という漱石論が愉しかった印象がある。絓秀実氏、渡部氏の連載には興味なかった
alice_5131排除ほど人間にとって濃い人間関係はないでしょうbyリービ英雄
gomi64damashi@uramino あ、リービ英雄でした ごめんなさいもしかして本ではなく、サッカー選手の逸話とか国籍の違う実際の友人のお話とかで好きなものがあるのかな
InfoJunktion佐藤隆房『高村光太郎 山居七年』(高村記念会、1962)津村節子『三陸の海』(講談社、2013)吉村昭『死顔』(新潮社、2006)リービ英雄『アイデンティティーズ』(講談社、1997)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
リービ英雄さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)