トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 阿部和重

阿部和重

阿部和重さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

阿部 和重(あべ かずしげ、1968年9月23日 - )は、山形県東根市神町出身の小説家、映画評論家。
日本映画学校(現・日本映画大学)卒業。演出助手などを経て、1994年に「アメリカの夜」で群像新人文学賞を受賞しデビュー。1997年の『インディヴィジュアル・プロジェクション』で注目をあつめる。テロリズム、インターネット、ロリコンといった現代的なトピックを散りばめつつ、物語の形式性をつよく意識した作品を多数発表している。2004年に『シンセミア』で伊藤整文学賞および毎日出版文化賞を、2005年に「グランド・フィナーレ」で芥川龍之介賞(芥川賞)をそれぞれ受賞。『シンセミア』をはじめ、いくつかの作品には「神町」を中心とする設定上の繫がりがあり、インタビューなどでは《神町サーガ》の構想を語っている。

受賞歴

阿部和重関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

阿部和重関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

pain0715@seigo_kaneki ヒーローとはちょっと違うかなw伊坂幸太郎と阿部和重の共作!
hit4boy阿部和重『ABC戦争』深読みさえも拒絶してしまうような作品です。こんなの書きましたが、何か?と開き直っているような。書いていることは分かる。何を訴えているのかがよく分からない。物事はそんな見方もあるんですよと囁かれているようです。https://t.co/PD2Ajve6LJ
_105_検査の日帰り入院の時ひまだから実家から厚めの本持って帰ってこようーと思って阿部和重のシンセミアいいじゃん!って思ったけど、内容が妊婦感ないから、川上未映子の君は赤ちゃんと瀧波ユカリのはるまき日記も持って行って中和しようかな。阿部川上夫婦とともに日帰り入院、良い考えだぜ。
chihoffen阿部和重「Orga(ni)sm」、単行本になるのたのしみだな!目が澄みわたるような瑞々しさ、といったら近年の大事件はこのテクストでしょう!なんだろう、このフレッシュネス…と思ったら、タイトルのOがOrangeのOみたいでもあるからだな。
atk27kanこれは今村夏子が神町(阿部和重)から芥川賞を取ってくるということなのか……え?
akutagawa_syou「二〇〇一年のクリスマスを境に、我が家の紐帯は解れ」すべてを失った“わたし”は故郷に還る。そして「バスの走行音がジングルベルみたいに聞こえだした日曜日の夕方」二人の女児と出会った。神町ー土地の因縁が紡ぐ物語。何が終わり、はじまったのか。芥川賞受賞作『グランド・フィナーレ』阿部和重
izumi54336672病気も災害も、自分の力ではどうにもならないものが、突然やってくる。俺たちは毎朝、フォーチュンクッキーを引いて、たまたまそこに、『今日は死にません』と書いてあるだけの、そういう日を過ごしているようなものだ阿部和重×伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
阿部和重さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)