トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 阿部和重

阿部和重

阿部和重さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

阿部 和重(あべ かずしげ、1968年9月23日 - )は、山形県東根市神町出身の小説家、映画評論家。
日本映画学校(現・日本映画大学)卒業。演出助手などを経て、1994年に「アメリカの夜」で群像新人文学賞を受賞しデビュー。1997年の『インディヴィジュアル・プロジェクション』で注目をあつめる。テロリズム、インターネット、ロリコンといった現代的なトピックを散りばめつつ、物語の形式性をつよく意識した作品を多数発表している。2004年に『シンセミア』で伊藤整文学賞および毎日出版文化賞を、2005年に「グランド・フィナーレ」で芥川龍之介賞(芥川賞)をそれぞれ受賞。『シンセミア』をはじめ、いくつかの作品には「神町」を中心とする設定上の繫がりがあり、インタビューなどでは《神町サーガ》の構想を語っている。

受賞歴

阿部和重関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

阿部和重関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tsumasakiナイス 【キャプテンサンダーボルト/阿部 和重他】阿部和重と伊坂幸太郎の共著となるが、自分の解釈が足りないせいなのか、要所要所で伊坂節を強く感じてしまったせいなのか共著でなくても良かったのでは?… → https://t.co/rr1vjgjyd6 #bookmeter
ucd72阿部和重「ピストルズ」読了。筒井康隆が解説で言う様に薬物塗れの本作は、オウムや皇室やヒッピーのメタファーである狂気のコミューン「菖蒲家」を中心とした、小説でしか表現出来ないヤバみ満載の内容。同じ事を何回も持って回った言い回しで言う阿部文法にイライラさせられたりゾクゾクさせられたり
hit4boy阿部和重『グランド・フィナーレ』ロリコンが発覚し、妻や娘に愛想をつかされ友人たちからも蔑まれている男の物語です。出だしは波乱の予感ですが、二部構成の後半から転調したかの如くで戸惑うばかり。キレイなまとめ方が薄気味悪さを感じます。芥… https://t.co/1Q51f4SLY8
Namimagazine阿部和重著『幼少の帝国』刊行記念インタビュー!/初めてのジャンルへの挑戦(波2012年6月号)https://t.co/9hpm3JvMOS
20C_Literatureそうした「狂ってる」と評されるいくつかの逸話が(…)それがほんとうの経験であれ嘘にすぎない架空の話であれ、等しくおのれを「特別」なものへと仕立てあげねば気のすまない身のうちでたえずはたらきつづける欲望によってつき動かされていることにかわりはなく、(…)『アメリカの夜』阿部和重
murasakibaru121私的代表的日本人西郷隆盛長渕剛黒澤明棟方志功川久保玲高橋盾阿部和重稲盛和夫DJ KRUSH中上健次ILL-BOSSTINO中島らも坂口安吾江頭2:50
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
阿部和重さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)