トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 阿部和重

阿部和重

阿部和重さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

阿部 和重(あべ かずしげ、1968年9月23日 - )は、山形県東根市神町出身の小説家、映画評論家。
日本映画学校(現・日本映画大学)卒業。演出助手などを経て、1994年に「アメリカの夜」で群像新人文学賞を受賞しデビュー。1997年の『インディヴィジュアル・プロジェクション』で注目をあつめる。テロリズム、インターネット、ロリコンといった現代的なトピックを散りばめつつ、物語の形式性をつよく意識した作品を多数発表している。2004年に『シンセミア』で伊藤整文学賞および毎日出版文化賞を、2005年に「グランド・フィナーレ」で芥川龍之介賞(芥川賞)をそれぞれ受賞。『シンセミア』をはじめ、いくつかの作品には「神町」を中心とする設定上の繫がりがあり、インタビューなどでは《神町サーガ》の構想を語っている。

阿部和重新刊

  • 発売日
    2018年5月18日
  • 書名
    映画覚書vol.1

受賞歴

阿部和重関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

阿部和重関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mnukt生活が整ったら午前はデュラスかベケットと阿部和重を読み午後は映画観よう
teketeke12345やっとこさ、ディックの「ヴァリス 」を読んだ。今更ながら阿部和重のアメリカの夜はこれの影響をめちゃくちゃ受けてたんだなぁと。
frock01RTしたフジモトさんのように阿部和重との対談が贅沢なのはどうしてですか? という風にわからないヒト居るんだよね。これ、東浩紀さんのゲンロンカフェで登場するゲストに一喜一憂するヒトの感覚に近いとおもうんだ。
BIBLIOTHEQUEa【映画を見ることが贅沢な体験であることを、二十一世紀の人類はなお記憶しているだろうか?映画批評の巨星は3年間の映画シーンをどう見たか。三浦哲哉、阿部和重、青山真治、伊藤洋司との対談も収録。】蓮實重彦『映画時評 2012-201… https://t.co/JQrYydDSMj
ni_ka阿部和重さん作品はロリエロ小説、村上龍さん作品はドラッグや乱行小説、だからゾーニングしろなんてリテラシー低い人は滅多にいないのに、ラノベや漫画に対しては、偏見ゆえにそのレベルのクレーム付けてんのがわからないのだろうか。根っこにあるのはただの権威主義でしょ。
hit4boy阿部和重『ABC戦争』深読みさえも拒絶してしまうような作品です。こんなの書きましたが、何か?と開き直っているような。書いていることは分かる。何を訴えているのかがよく分からない。物事はそんな見方もあるんですよと囁かれているようです。https://t.co/75Cy4Rhvos
izumi54336672どんな主義主張があっても、他人の不幸を喜ぶようになったら、おしまいだ。そう思わねえか阿部和重×伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
阿部和重さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)