トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 阿部和重

阿部和重

阿部和重さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

阿部 和重(あべ かずしげ、1968年9月23日 - )は、山形県東根市神町出身の小説家、映画評論家。
日本映画学校(現・日本映画大学)卒業。演出助手などを経て、1994年に「アメリカの夜」で群像新人文学賞を受賞しデビュー。1997年の『インディヴィジュアル・プロジェクション』で注目をあつめる。テロリズム、インターネット、ロリコンといった現代的なトピックを散りばめつつ、物語の形式性をつよく意識した作品を多数発表している。2004年に『シンセミア』で伊藤整文学賞および毎日出版文化賞を、2005年に「グランド・フィナーレ」で芥川龍之介賞(芥川賞)をそれぞれ受賞。『シンセミア』をはじめ、いくつかの作品には「神町」を中心とする設定上の繫がりがあり、インタビューなどでは《神町サーガ》の構想を語っている。

阿部和重新刊

  • 発売日
    2018年5月18日
  • 書名
    映画覚書vol.1

受賞歴

阿部和重関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

阿部和重関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Muroi_Misaki@snoozett まだ読んでないですね。そういう小説は古びるのもやむなし、ぐらいの気持ちで書いているのではないですかね。いずれにせよ、阿部和重の場合、神町サーガはしばらく読み継がれると思いますね。
hit4boy阿部和重『ABC戦争』深読みさえも拒絶してしまうような作品です。こんなの書きましたが、何か?と開き直っているような。書いていることは分かる。何を訴えているのかがよく分からない。物事はそんな見方もあるんですよと囁かれているようです。https://t.co/75Cy4Rhvos
snoozett@Muroi_Misaki 吉行淳之介ほどの生き様感もないしなあ、大衆小説もそんな簡単じゃなし、まあ消えていくでしょうね、、そういえば阿部和重って最近見ないけど「ピストルズ」以降なんか書いている???
QMA_Mys_Bot1[連想]『シンセミア』/『ニッポニアニッポン』/『グランド・フィナーレ』/2005年に第132回芥川賞を受賞 → 阿部和重/田口賢司/恩田陸/伊坂幸太郎
Namimagazine福永信・編『小説の家』刊行記念対談!/阿部和重×古川日出男×山崎ナオコーラ×青木淳悟×福永信  小説の家で語る、小説のこと(波2016年9月号)https://t.co/DSjajDWnIP
ebNFgRAKnxQunKs「キャプテンサンダーボルト」阿部和重/伊坂幸太郎文藝春秋【読了】2018/07/16https://t.co/5E98yXmfkn
r8naway阿部和重絶賛の「ハン・ソロ」殺人的な暑さの中見てきました。成る程、作家の視点からの評価、ストーリー賛美だな。それは全く同感、プラス完成された映像世界。と言うことで数あるスターウォーズシリーズの中でも白眉の出来映え!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
阿部和重さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)