トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 阿部和重

阿部和重

阿部和重さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

阿部 和重(あべ かずしげ、1968年9月23日 - )は、山形県東根市神町出身の小説家、映画評論家。
日本映画学校(現・日本映画大学)卒業。演出助手などを経て、1994年に「アメリカの夜」で群像新人文学賞を受賞しデビュー。1997年の『インディヴィジュアル・プロジェクション』で注目をあつめる。テロリズム、インターネット、ロリコンといった現代的なトピックを散りばめつつ、物語の形式性をつよく意識した作品を多数発表している。2004年に『シンセミア』で伊藤整文学賞および毎日出版文化賞を、2005年に「グランド・フィナーレ」で芥川龍之介賞(芥川賞)をそれぞれ受賞。『シンセミア』をはじめ、いくつかの作品には「神町」を中心とする設定上の繫がりがあり、インタビューなどでは《神町サーガ》の構想を語っている。

受賞歴

阿部和重関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

阿部和重関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

bungakubbbbブルース・リーが武道家として示した態度は、「武道」への批判であった。リーは、自ら創出した「武道」である截拳道の理論化=体系化をもくろみ、それについての膨大な数におよぶメモやイラストを遺している。『アメリカの夜』阿部和重〈1994〉
Kitto8739『あこがれ』の中のヘガティーのお父さんが『きみはあかちゃん』の中の阿部和重氏(作者の夫)に似てるような気がするのですがやっぱりモデルになったのでしょうか? #川上未映子
nishi_satoshiまあしかし異邦人が核にあった男が阿部和重の「ニッポニア・ニッポン」にズドンと撃たれたてひかれたのはそりゃそうだろうと思う孤独がテーマだったんですかね自分(知らんかった笑)
nurasuke阿部和重の小説が素晴らしかった。海外に目をむけると、英語訳はまだないのに、仏語訳は出版されているとか。フランスはナボコフの例もあるし、いろいろと先見の明があるのだろう。
hit4boy阿部和重『グランド・フィナーレ』ロリコンが発覚し、妻や娘に愛想をつかされ友人たちからも蔑まれている男の物語です。出だしは波乱の予感ですが、二部構成の後半から転調したかの如くで戸惑うばかり。キレイなまとめ方が薄気味悪さを感じます。芥… https://t.co/K0d8Gio5mh
maamasatomocom阿部和重は批評とか映画の人らと付き合い過ぎてしぼんじゃったのではないか?
380volta阿部和重「グランド・フィナーレ」という小説を読む。ロリコンの写真家が主人公なんだけど、自分の劇団にもそういう趣味の役者がいた(演技は結構上手かった)。最初は「結局は童顔のタレントが好きなだけ」みたいなネタだと思ってたら、彼のTwi… https://t.co/LoZhSaBWE1
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
阿部和重さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)