トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 三浦清宏

三浦清宏

三浦清宏さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

三浦 清宏(みうら きよひろ、1930年9月10日 - )は、日本の小説家、心霊研究者、元明治大学理工学部教授。北海道室蘭市に出生。東京大学文学部英文学科に進んだものの学生運動で休講続きの東大を嫌って21歳で中退し渡米、聴講を含めて3つの大学に通い、アメリカ・サンノゼ州立大学卒業後、アイオワ大学ポエトリー・ワークショップ修了。ヨーロッパを巡った後、1962年、31歳で帰国。1957-1958年、アイオワ時代に米国留学中の小島信夫と知り合い、帰国して半年小島と同居。
1967年から2001年まで、明治大学助教授、教授として英語を教える。1970年、『群像』に小説「立て、座れ、めしを食え、寝ろ」を発表する。1975年、「赤い帆」で第72回芥川龍之介賞候補。1988年、「長男の出家」で第98回芥川龍之介賞受賞。2006年、「海洞」で第24回日本文芸大賞受賞。
また、禅や心霊の研究に関心を持ち、1991年から1999年まで日本心霊科学協会の理事を務める。
=
*『長男の出家』
*長男の出家(『海燕』1987年9月号初出)
*トンボ眼鏡(『季刊藝術』1975年秋号初出)
*黒い海水着(『20世紀文学・5』1966年10月初出)
***単行本 1988年2月20日、福武書店、ISBN 978-4828822563
***文庫版 1991年4月15日、福武文庫、ISBN 978-4828831947
*『ポエトリ・アメリカ』
*青空のように気高く
*ポエトリ・アメリカ
*アメリカン・ブラザー
*立て、坐れ、めしを食え、寝ろ
*赤い帆(『群像』1974年11月号)
***単行本 1988年6月15日、講談社、ISBN 978-4062039277
*『カリフォルニアの歌』
*地下室のアメリカ
*カリフォルニアの歌
*さよなら、カリフォニルア
***単行本 1989年8月15日、福武書店、ISBN 978-4828823096
*『摩天楼のインディアン』
*とうもろこし畑の詩人たち
*摩天楼のインディアン
***単行本 1991年9月17日、福武書店、ISBN 978-4828823973
*『海洞 アフンルパロの物語』
*:関東大震災から戦後の復興まで、激動の昭和を生きた室蘭のある家族の栄枯盛衰の物語。アメリカ留学から帰国した主人公・清隆の精神的遍歴を壮大なスケールで描く長篇小説。
*2006年9月15日、文藝春秋、ISBN 978-4163252308

受賞歴

三浦清宏関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

三浦清宏関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akutagawa_syou息子を禅僧への道に送り出した変哲もない家族の戸惑いと型破りな師匠の尼僧をユーモラスに描き、「現代の子捨て物語」と評された作品。芥川賞受賞作『長男の出家』三浦清宏
kurotuki_2BCA三浦清宏 57歳4ヶ月(長男の出家)黒田夏子 75歳9ヶ月(abさんご)森敦 61歳11ヶ月(月山) https://t.co/3bemMBY8qh
AwardAuthor息子を禅僧への道に送り出した変哲もない家族の戸惑いと型破りな師匠の尼僧をユーモラスに描き、「現代の子捨て物語」と評された作品。芥川賞受賞作『長男の出家』三浦清宏
jpub_news室蘭出身の芥川賞作家、三浦清宏さんの碑建立へ 港の文学館30周年記念 - 47NEWS https://t.co/QAb8KDHYKm
doshinweb室蘭出身の芥川賞作家、三浦清宏さんの碑建立へ 港の文学館30周年記念:どうしん電子版(北海道新聞) https://t.co/JLpYepAAfz
est_kaz96室蘭出身の芥川賞作家、三浦清宏さんの碑建立へ 港の文学館30周年記念:どうしん電子版(北海道新聞) https://t.co/oowsTj7Sgq
Nobusan_bot三浦清宏君の奥さんが、旦那の言うことを聞くときには、いつも「どちらでも」と答えるんです。それで、お前どっちなのか言えよ、という気持ちになってくる。大事なことを聞いても、何を聞いても、「どちらでも」。それで、この題名にしたのです。 ―小説の楽しみ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
三浦清宏さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)