トップページ > 公募新人賞一覧 > 群像新人文学賞

群像新人文学賞

群像新人文学賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

群像新人文学賞(ぐんぞうしんじんぶんがくしょう)は、講談社が刊行する文芸誌『群像』が、1958年に創設した純文学の公募新人文学賞。締め切りは10月31日(当日消印有効)。
純文学系の新人賞には他に、新潮新人賞、文學界新人賞、すばる文学賞、文藝賞、太宰治賞などがある。『群像』主催の賞には他に、群像新人長編小説賞がある。
2014年までは、小説部門と評論部門の2部門に分かれていたが、2015年からは、小説のみが選考対象となり、評論部門は本賞から独立し、群像新人評論賞と名を変えて新たにスタートした。群像新人評論賞についても、本項で記述する。

第55回2012年(応募総数:1618)

群像新人文学賞

第54回2011年(応募総数:1850)

群像新人文学賞

第53回2010年(応募総数:1884)

群像新人文学賞

群像新人文学賞

第52回2009年(応募総数:1994)

群像新人文学賞

第51回2008年(応募総数:2062)

群像新人文学賞

第50回2007年(応募総数:1889)

群像新人文学賞

第49回2006年

群像新人文学賞

群像新人文学賞

優秀賞

第48回2005年(応募総数:1681)

群像新人文学賞

以前のデータ(全データ一括表示

群像新人文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.4.25 作家の読書道 第217回:乗代雄介さん

    2015年に「十七八より」で群像新人文学賞を受賞して作家デビュー、2018年に『本物の読書家』で野間文芸新人賞を受賞、今年は「最高の任務」で芥川賞にノミネートされ注目度が高まる乗代雄介さん。たくさんの実在の書物の題名や引用、エピソードが読み込まれる作風から、相当な読書家であるとうかがえる乗代さん、はたしてその読書遍歴は?

  • 2018.7.18 第159回芥川賞に高橋弘希さん、直木賞は島本理生さん

    第159回芥川賞、直木賞の発表が張り出された=2018年7月18日午後7時36分、東京都千代田区の帝国ホテル、松本俊撮影

  • 2018.4.5 エンタメ小説に相次ぐ新星作家、壮大な物語紡ぐ

    エンターテインメント小説の世界に新星が登場している。デビュー第2作が文学賞に輝く作家が相次ぐ。人類の進化や迫真の活劇、海外の内戦が描かれた壮大さが魅力だ。

群像新人文学賞関連つぶやき

TakashiMiya当時の群像新人文学賞は、綺羅星の如き才能を生み出した文学界の一大拠点だった。1976年に村上龍が受賞作「限りなく透明に近いブルー」で文壇に衝撃を与え、百田が応募する前年1979年の受賞作は、村上春樹「風の歌を聴け」である。 https://t.co/wnelkWQQke
yurubngkbot群像新人文学賞講談社が刊行する文芸誌『群像』が、1958年に創設した純文学の公募新人文学賞。1958年(S33)~現在
mass95945303@yurima86644894 yurimaさん おはようございます『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、芥川賞ですね 呼んだ事あると思います
musubi_tsuki@cosmo0912 カクヨムはカクヨムで!(大賞を取ったんだし!)公募(これもまたカラーがあるんですよね……)も頭の隅に置いておくといいかも、と思うのはルーペさんは公募向きじゃないかな、と応援してるからなのです。群像新人文学… https://t.co/RaEnDcqm9x
Quarumi今年残りは、坊っちゃん文学賞、北日本文学賞、北区内田康夫ミステリー文学賞、群像新人文学賞の順で書いてゆこうと思います。どこにも引っかからなかったらさっぱり死ねるように全力でやりまつ。
52p15GrsQA0isbPデビュー作「限りなく透明に近いブルー」で群像新人文学賞を受賞するも芥川賞選考会では評価が真っ二つに割れた
yasu_yasuno_saただし、群像新人文学賞受賞作「美しい顔」における盗用嫌疑などは深く報じられており、作家の実力に関するスキャンダルは報道されるようになってきている。
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)