トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 木下古栗

木下古栗

木下古栗さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

木下 古栗(きのした ふるくり、1981年 - )は、日本の小説家。埼玉県出身。男性。ナンセンスな下ネタやシュールな展開、独特の言語センスからエロ・バイオレンス・パロディを多用する異色の作風が特徴。
2006年、『群像』2006年6月号収録の『無限のしもべ』が第49回群像新人文学賞を受賞しデビュー。2009年、大量の書き下ろし短編を含んだ初の単行本『ポジティヴシンキングの末裔』を刊行。2010年、『いい女vs.いい女』が絲山賞に選ばれ、2015年には『金を払うから素手で殴らせてくれないか?』でTwitter文学賞国内編1位に輝くなど、決して高くない知名度に反して、業界内外にコアなファンを持つ。

木下古栗新刊

  • 発売日
    2019年3月6日
  • 書名
    グローバライズ: GLOBARISE (河出文庫)
  • 発売日
    2019年1月25日
  • 書名
    人間界の諸相 (単行本)
  • イラストレーター
    愛☆まどんな

受賞歴

木下古栗関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

木下古栗関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mandaralruguran木下古栗(略してキノクリ)が面白くて悶絶する
si_innosiまち子がヤクザに犯される。まち子が路上でバラされる。まち子が不死鳥よみがえる。(木下古栗『Tシャツ』)
cantstoppop04『グローバライズ: GLOBARISE (河出文庫)』 木下古栗 #ブクログ やべー本をよんだナ、、、 https://t.co/zdD2pQBGjX
tsukuegakirei遅ればせながら、文藝2019年夏号掲載の「酷暑不刊行会」第1回を読了。意外とまじめな業界諷刺の作品か!?と思いきやp.352あたりからいつもの木下古栗節全開で安心しました。続きもぜったい読みます。
nerimarina文藝、ほんとおもしろいんだけど、木下古栗の新連載が載ってなくてびっくらこいた
yomuko09『本当の翻訳の話をしよう』で村上さんが「アメリカの創作科風」「日本の文芸誌風」の短篇に辟易してる、「またこれかよ」というのが多いと話してて、そんなあなたに木下古栗!と激おすすめしたかった。古栗の新刊を読んで笑い死にそうになってたので。
Itou_Cocoon文藝秋号、木下古栗の新連載があるのかだけが気になる
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
木下古栗さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)