トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 木下古栗

木下古栗

木下古栗さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

木下 古栗(きのした ふるくり、1981年 - )は、日本の小説家。埼玉県出身。男性。ナンセンスな下ネタやシュールな展開、独特の言語センスからエロ・バイオレンス・パロディを多用する異色の作風が特徴。
2006年、『群像』2006年6月号収録の『無限のしもべ』が第49回群像新人文学賞を受賞しデビュー。2009年、大量の書き下ろし短編を含んだ初の単行本『ポジティヴシンキングの末裔』を刊行。2010年、『いい女vs.いい女』が絲山賞に選ばれ、2015年には『金を払うから素手で殴らせてくれないか?』でTwitter文学賞国内編1位に輝くなど、決して高くない知名度に反して、業界内外にコアなファンを持つ。

受賞歴

木下古栗関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

木下古栗関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

talbosecond71「文学で笑かす」つもりがあるなら、木下古栗さんくらい徹底してやって欲しいって気持ちがある。半端が一番良くない。
si_innosiまち子がヤクザに犯される。まち子が路上でバラされる。まち子が不死鳥よみがえる。(木下古栗『Tシャツ』)
uncycloNana_shi木下古栗のせいでPower to the Peopleを聴くと笑ってしまうようになった。
quisch_lully現代文学の紹介として、高校と大学の授業で木下古栗「Tシャツ」のまちこ節のシーンを朗読しているのだけど、読み終えた後の、教室の「わたしたちは何に立ち合っているのか?」という空気感、とてもよい。本当は「反戦の日」を朗読したい。
xn_zax金閣寺/三島由紀夫個人的な体験 /大江健三郎人間そっくり/安部公房走る取的/筒井康隆猿飛佐助/織田作之助本屋大将/木下古栗流刑地にて/カフカジキルとハイド/スティーブンスンウィリアム・ウィルスン/ポー手押し車/ピランデッロ #名刺代わりの小説10選
chopstick_oQ短歌会、青松輝は特異な作風で、どうしたらいいのかわからない。タイトルからして木下古栗みたいで、先行きに黒雲が漂うね。=^・^=
F4MSdRnM5O3s0CC木下古栗「金を払うから素手で殴らせてくれないか?」プリミイティブでいて俗悪。元気なとき、悲しいとき、死んでいるとき、晴れの日、雨の日、世界の終わりの日、パンを焼いている日、これを読めばいつでも笑える。生きていく上でためにな… https://t.co/74szvrDo9M
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
木下古栗さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)