トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 島本理生

島本理生

島本理生さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

島本 理生(しまもと りお、女性、1983年5月18日 - )は、日本の小説家。
東京都板橋区生まれ。母は舞踏家・鍼灸師の長岡ゆり。島本が幼少期に実の父と離婚。その後すぐに母は再婚するが高校進学以降に両親が離婚し、母子家庭になる。母子家庭の経験はのちに『リトル・バイ・リトル』に反映されている。
小学生のころから小説を書き始める。1998年、15歳のときに『ヨル』が『鳩よ!』掌編小説コンクール第2期10月号に当選、年間MVPを受賞する。
2001年、『シルエット』が第44回群像新人文学賞の優秀作に選ばれる。受賞時20歳で、同賞史上最年少の受賞となる。
2004年、『生まれる森』が第130回芥川龍之介賞候補となる。2005年、『ナラタージュ』が第18回山本周五郎賞候補となる。同作品は「この恋愛小説がすごい! 2006年版」(宝島社)第1位、「本の雑誌が選ぶ上半期ベスト10」で第1位、本屋大賞で第6位、23万部を超えるベストセラーとなった。なおこの作品の執筆で半年間キーボードを叩き続けたため腱鞘炎になったという。2006年、3月12日放送の『王様のブランチ』で『ナラタージュ』特集が組まれ、初めてテレビに出演。同年、『大きな熊が来る前に、おやすみ。』が第135回芥川龍之介賞候補。同年末に佐藤友哉と結婚(その後離婚するも、2010年末に復縁し再婚)。2011年に第一子を出産。
2007年、『Birthday』が第33回川端康成文学賞候補となる、『夏の裁断』で第153回芥川龍之介賞候補。

島本理生新刊

  • 発売日
    2018年7月10日
  • 書名
    夏の裁断 (文春文庫)
  • 発売日
    2018年6月21日
  • 書名
    作家と楽しむ古典 好色一代男 曾根崎心中 菅原伝授手習鑑 仮名手本忠臣蔵 春色梅児誉美
  • 発売日
    2018年5月31日
  • 書名
    ファーストラヴ

受賞歴

島本理生関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

島本理生関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kjdar0jk_ys65島本理生がデビューしてしばらくくらいの頃だったのかな ナラタージュやリトルバイリトルを読んでほのかなセックスシーンにどきどきしたティーンエイジの思い出
yomutanoshimi【"読む"を愉しむ】野間文芸新人賞受賞作島本理生『リトル・バイ・リトル』ふみは高校を卒業してから、アルバイトをして過ごす日々。女3人の家庭で平穏な生活があったが、時折複雑な過去が暗い影を落とし…家族を軸にしたふれあいの… https://t.co/insJUfRbXv
banana_akakoura島本理生さんの『リトル・バイ・リトル』角川文庫新装版買って来た。サラッと後ろから読んで、あとがきで那須さんの『ジ エンド オブ ザ ワールド』に触れているのが単行本だけだった、と本棚から引っ張り出して来て気づく。以外といろいろ忘れ… https://t.co/g2ykodltax
DaishiZeppelin島本理生のリトル・バイ・リトルの復刻版を再読了。内容自体は昔読んだからとくにどうってことはなかったんだけど、松井玲奈の解説が良かった。たどたどしい仲の兄妹関係の描写がいい。漫画好きなのにハンター×ハンターを知らなかったという謎に高いハードルを越えてきたことなんか忘れてしまった。
higre_subそのことをお前に伝えようとして『シルエット』島本理生
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
島本理生さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)