トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 島本理生

島本理生

島本理生さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

島本 理生(しまもと りお、女性、1983年5月18日 - )は、日本の小説家。
東京都板橋区生まれ。母は舞踏家・鍼灸師の長岡ゆり。島本が幼少期に実の父と離婚。その後すぐに母は再婚するが高校進学以降に両親が離婚し、母子家庭になる。母子家庭の経験はのちに『リトル・バイ・リトル』に反映されている。
小学生のころから小説を書き始める。1998年、15歳のときに『ヨル』が『鳩よ!』掌編小説コンクール第2期10月号に当選、年間MVPを受賞する。
2001年、『シルエット』が第44回群像新人文学賞の優秀作に選ばれる。受賞時20歳で、同賞史上最年少の受賞となる。
2004年、『生まれる森』が第130回芥川龍之介賞候補となる。2005年、『ナラタージュ』が第18回山本周五郎賞候補となる。同作品は「この恋愛小説がすごい! 2006年版」(宝島社)第1位、「本の雑誌が選ぶ上半期ベスト10」で第1位、本屋大賞で第6位、23万部を超えるベストセラーとなった。なおこの作品の執筆で半年間キーボードを叩き続けたため腱鞘炎になったという。2006年、3月12日放送の『王様のブランチ』で『ナラタージュ』特集が組まれ、初めてテレビに出演。同年、『大きな熊が来る前に、おやすみ。』が第135回芥川龍之介賞候補。同年末に佐藤友哉と結婚(その後離婚するも、2010年末に復縁し再婚)。2011年に第一子を出産。
2007年、『Birthday』が第33回川端康成文学賞候補となる、『夏の裁断』で第153回芥川龍之介賞候補。

島本理生新刊

  • 発売日
    2017年12月20日
  • 書名
    別冊文藝春秋 電子版17号 (文春e-book)

受賞歴

島本理生関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

島本理生関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akf_tia_atrこのドラマ怖いけど、吉岡里帆さんという役者さんが好きだから見続けてしまう気がする。島本理生さんのイノセントを、比沙也を吉岡里帆さん、真田を高橋一生さんでいつか観たいなって願望がある。(神父如月さんが思い浮かばない)
Honnomori_bot現実はいつだって淡々と続いて、悲しみはいつだって容赦なく、思いも寄らないところではみ出してくる。100回泣くこと/中村航・解説/島本理生
Sasasasadasaaan島本理生を読み進めながら町田康を買ってしまうこの原理
banana_akakoura(続き)だから、海猫沢めろんさんの『キッズファイヤー・ドットコム』が野間文芸新人賞の候補になった時は勝手に自分の事のように盛り上がった。去年、島本理生さんのエッセイで知った友人M氏=めろんさんの最新刊が文芸の賞の候補に!という感じで。またこの夢、見れるよね?
yunchaso久しぶりに読書をした。「RED」という本。やっぱり島本理生さんの言葉はすっと私の中に入ってくる。たぶん、あっち側とこっち側の意識が、似てる。愛されてきたか、そうじゃないか。思春期を越えた感じで、昔よりもそういう刺々しさはなくなって… https://t.co/NjANDS2tMe
miomi_dct島本理生さんの『Red』一気に読み終えてしまった。しんどい。読了感。『ナラタージュ』よりしんどい。でもまさにこれを求めていた。不倫が描かれた物語は報われることは少ないけれど結ばれることだけが全てじゃない。 https://t.co/YfySv0GCoK
words_on_books「この世には、優れた者を見て自身を喪失する人と、優れた者といることで自分もすごくなったような錯覚に陥る人がいる」(島本理生『真綿荘の住人たち』)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
島本理生さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)