トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 島本理生

島本理生

島本理生さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

島本 理生(しまもと りお、女性、1983年5月18日 - )は、日本の小説家。
東京都板橋区生まれ。母は舞踏家・鍼灸師の長岡ゆり。島本が幼少期に実の父と離婚。その後すぐに母は再婚するが高校進学以降に両親が離婚し、母子家庭になる。母子家庭の経験はのちに『リトル・バイ・リトル』に反映されている。
小学生のころから小説を書き始める。1998年、15歳のときに『ヨル』が『鳩よ!』掌編小説コンクール第2期10月号に当選、年間MVPを受賞する。
2001年、『シルエット』が第44回群像新人文学賞の優秀作に選ばれる。受賞時20歳で、同賞史上最年少の受賞となる。
2004年、『生まれる森』が第130回芥川龍之介賞候補となる。2005年、『ナラタージュ』が第18回山本周五郎賞候補となる。同作品は「この恋愛小説がすごい! 2006年版」(宝島社)第1位、「本の雑誌が選ぶ上半期ベスト10」で第1位、本屋大賞で第6位、23万部を超えるベストセラーとなった。なおこの作品の執筆で半年間キーボードを叩き続けたため腱鞘炎になったという。2006年、3月12日放送の『王様のブランチ』で『ナラタージュ』特集が組まれ、初めてテレビに出演。同年、『大きな熊が来る前に、おやすみ。』が第135回芥川龍之介賞候補。同年末に佐藤友哉と結婚(その後離婚するも、2010年末に復縁し再婚)。2011年に第一子を出産。
2007年、『Birthday』が第33回川端康成文学賞候補となる、『夏の裁断』で第153回芥川龍之介賞候補。

島本理生新刊

  • 発売日
    2017年6月8日
  • 書名
    わたしたちは銀のフォークと薬を手にして

受賞歴

島本理生関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

島本理生関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

miyajin21【読了】『リトル・バイ・リトル (講談社文庫)』島本 理生 https://t.co/5UjN60Cbgp #booklog
mtadmjgptwajt37@ren_nana7 今は天久鷹央最新刊ですけど、最近読んだ本だと島本理生の「ナラタージュ」かな。そして、東野圭吾の「マスカレードホテル」は次に読もうと思ってました(๑•̀ㅂ•́)و✧
books_and_words「成功してるわりには、どっか暗いっつーか、自己肯定できてない感じがするから。格好とかもさあ、無難だけど、とくに似合うもの着てないし。頓着しないっていうよりは、自分自身に愛着ない感じがするじゃん、あの人」Red/島本理生
daifuku830この現状を一番わかってるのは観客 葉山先生て、言葉で書ききれない不思議な魅力人物が映画全編に漂ってたから 女の子が一生忘れない恋の相手の説得力になったと思うよ 葉山先生を松本潤が演じたからナラタージュの魅力になったと思う 原作者島本理生氏と行定監督に
booksukidayo今読んでる本がとても面白い、この作家さんの本は初めてだけど好きかもRed/島本理生
undertaker023410、好きな作家は吉本ばなな、江國香織、恩田陸、島本理生さんらへんです。個人的に某ナラタージュのキャスティングは殺意を覚えてる
Honnomori_bot現実はいつだって淡々と続いて、悲しみはいつだって容赦なく、思いも寄らないところではみ出してくる。100回泣くこと/中村航・解説/島本理生
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
島本理生さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)