トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 島本理生

島本理生

島本理生さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

島本 理生(しまもと りお、女性、1983年5月18日 - )は、日本の小説家。
東京都板橋区生まれ。母は舞踏家・鍼灸師の長岡ゆり。島本が幼少期に実の父と離婚。その後すぐに母は再婚するが高校進学以降に両親が離婚し、母子家庭になる。母子家庭の経験はのちに『リトル・バイ・リトル』に反映されている。
小学生のころから小説を書き始める。1998年、15歳のときに『ヨル』が『鳩よ!』掌編小説コンクール第2期10月号に当選、年間MVPを受賞する。
2001年、『シルエット』が第44回群像新人文学賞の優秀作に選ばれる。受賞時20歳で、同賞史上最年少の受賞となる。
2004年、『生まれる森』が第130回芥川龍之介賞候補となる。2005年、『ナラタージュ』が第18回山本周五郎賞候補となる。同作品は「この恋愛小説がすごい! 2006年版」(宝島社)第1位、「本の雑誌が選ぶ上半期ベスト10」で第1位、本屋大賞で第6位、23万部を超えるベストセラーとなった。なおこの作品の執筆で半年間キーボードを叩き続けたため腱鞘炎になったという。2006年、3月12日放送の『王様のブランチ』で『ナラタージュ』特集が組まれ、初めてテレビに出演。同年、『大きな熊が来る前に、おやすみ。』が第135回芥川龍之介賞候補。同年末に佐藤友哉と結婚、その後離婚するも、2010年末に復縁し再婚。2011年に第一子を出産。
2007年、『Birthday』が第33回川端康成文学賞候補となる、『夏の裁断』で第153回芥川龍之介賞候補。2018年、『ファーストラヴ』で第159回直木三十五賞受賞。

島本理生新刊

  • 発売日
    2020年4月8日
  • 書名
    わたしたちは銀のフォークと薬を手にして (幻冬舎文庫)

受賞歴

島本理生関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

島本理生関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ayamerinaxxx唐突に綺麗な言葉に浸りたくなって島本理生先生の本を引っ張り出してきた。とても充実している日曜の夜。
mu_7xa #名刺代わりの小説10選 雨の塔/宮木あや子流浪の月/凪良ゆう透明な夜の香り/千早茜きらきらひかる/江國香織少年アリス/長野まゆみキッチン/吉本ばなな眠れるラプンツェル/山本文緒ナラタージュ/島本理生生きてるだけで、愛。/本谷有希子儚い羊たちの祝宴/米澤穂信
kotobacyo_bot他人というのは異物だから、絶対に溶け合うことのない部分がある以上、深く受け入れようとするとどうしても苦しまなければならない。 (島本理生『シルエット』)
bararena1島本理生『ファーストラヴ』読んだ。久々にさらっと読めるミステリーぽい作品読みたいなと思ったら、子ども時代の大人からの性暴力がテーマでもありました。同じ状況に対して、ある人は「大したことない」と本気で思うし、ある人はそう「思おう」とする。ある人にとってはそれが深いトラウマとなる。
aipenepia今回は島本理生「ファーストラヴ」の単行本装丁☕️
fk9417島本理生さんの『わたしたちは銀のフォークと薬を手にして』。「知っている」けどうまく言葉にできなくて心の中にモヤっと在る幸せとか優越感、劣等感、迷い、傷を言葉にするのがいつも秀逸で、島本さんの小説を読むと、必ず心が晴れる瞬間が訪れる。大丈夫だって思える。これからもずっと好き。
per3minuti@hotzwishyou ねこと小説と料理が好きな30代(後半)の男性です。好きな作家は有村浩さんと島本理生さん、好きな漫画家は羽海野チカさんとオノナツメさん。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
島本理生さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)