トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山下澄人

山下澄人

山下澄人さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山下 澄人(やました すみと、1966年1月25日 - )は、日本の劇作家、小説家、俳優。
=
兵庫県神戸市出身。神戸市立神戸商業高等学校(現神戸市立六甲アイランド高等学校)卒。倉本聰の富良野塾第二期生。
1996年より劇団FICTIONを主宰。
2011年より小説を発表しはじめる。
2012年、「ギッちょん」で第147回芥川賞候補、同年初の創作集『緑のさる』で第34回野間文芸新人賞を受賞。
2013年、「砂漠ダンス」で第149回芥川賞候補。同年、「コルバトントリ」で第150回芥川賞候補。
2016年、『鳥の会議』で第29回三島由紀夫賞候補。
2017年、「しんせかい」で第156回芥川賞受賞。

受賞歴

山下澄人関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

山下澄人関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

girigiri38_bot山下澄人と名付けるライフハックか………
site_oh豊田市美のビルディング・ロマンス展で飴屋法水さんと山下澄人さんのトークを見た時のメモを読み返していたら「記憶は過去の出来事だが、今脳がどう覚えているかという今の出来事でもある」「エピソード記憶には他者と一致しない部分がある」と書かれていて、何となく大切な視点な気がしている
jagalele山下澄人が山下澄人botをリツイートしてるの、まあまあ面白い。
opticalweight山下澄人『ギッちょん』読了。後年の『コルバトントリ』『壁抜けの谷』は読んでいるが、やはりこの人の作品は常に全く別のスケールの定規を突きつけてくる感じがある。と同時に、「これ」について行けばいいんだ、とも。一点、読み終えると、トラや雀、リンゴなどのスケール感が不思議と迫ってくる。
dckk2山下澄人「ギッちょん」読了。よくわからないのにいろいろわかって、不気味でちょっと悲しくて、要所に笑いポイントあり。いわゆる、自分の好きな要素ぎっしり。表題作が強烈過ぎて、あとの3つの印象かぼやけたので、そのうちもう一回読む。
TYPING_bot【芸能】俳優養成所出身の俳優で 益岡徹、中原果南といえば ◯◯塾の出身?<分岐>山下澄人、二階堂智といえば ◯◯◯塾の出身? A:無名→富良野(むめい→ふらの。分岐なしで「幕末塾」を聞く問題もあるので注意)
Namimagazine保坂和志著『ハレルヤ』の評者は山下澄人さん!/読むといいことが起こる(波2018年8月号)https://t.co/MJEypEx8Yz
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
山下澄人さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)