トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山下澄人

山下澄人

山下澄人さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山下 澄人(やました すみと、1966年1月25日 - )は、日本の劇作家、小説家、俳優。
=
兵庫県神戸市出身。神戸市立神戸商業高等学校(現神戸市立六甲アイランド高等学校)卒。倉本聰の富良野塾第二期生。
1996年より劇団FICTIONを主宰。
2011年より小説を発表しはじめる。
2012年、「ギッちょん」で第147回芥川賞候補、同年初の創作集『緑のさる』で第34回野間文芸新人賞を受賞。
2013年、「砂漠ダンス」で第149回芥川賞候補。同年、「コルバトントリ」で第150回芥川賞候補。
2016年、『鳥の会議』で第29回三島由紀夫賞候補。
2017年、「しんせかい」で第156回芥川賞受賞。

山下澄人新刊

  • 発売日
    2018年10月1日
  • 書名
    アンデル 2018年10月号
  • 発売日
    2018年9月1日
  • 書名
    アンデル 2018年9月号

受賞歴

山下澄人関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

山下澄人関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Pearsword「しんせかい」のいいところを、ようやく一つ見付けた。あの作品は、徹底的に平和だ。殺戮や死傷がまるで出てこない。要するに、著者のこころが平和だ。これは、一見莫迦げたことのように思えるかもしれないが、一番大切なことのように僕は思う。そうやって見ると、山下澄人さんも良い作家さんなのだ。
AouKozue@yuichiatsumi @km2mkt2 つーか今後山下澄人の作品を読むたびにこうなる可能性があるよ 笑
heiseikicksここ最近読んだ本。柄谷行人「探求I、II」ウィトゲンシュタイン「青色本」マルクス・ガブリエル「なぜ世界は存在しないのか」田中慎弥「宰相A」星野智幸「焔」山下澄人「ギッちょん」古井由吉「仮往生伝試文」
si_innosi青がいちばん老人の目にはきれいに見えた。そういう目玉だったのだ。(山下澄人『ルンタ』)
PlusRoom2046なるほど山下澄人さんのユーチューブを見たんだけれど松本俊夫さん的な実験映画のスピリットを感じました。
ShiraishiShuおお、町屋良平さんはスマホ執筆派か。山下澄人さんもそうだったな。一方、上田岳弘さんは愛用のキーボードがあるほどの「タッチ感重視」と。ふむふむ。(2/14「ゴロウ・デラックス」)
antonio_pinchスマホだと脳のスピードに手が追いつかなくないかな?前に山下澄人さんが同じようにスマホで執筆されてると聞いた時も思ったけど #TBS #ゴロデラ #ゴロウ・デラックス
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
山下澄人さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)