トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 岩阪恵子

岩阪恵子

岩阪恵子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

岩阪 恵子(いわさか けいこ、1946年6月17日 - )は、日本の小説家。奈良県生まれ。関西学院大学文学部史学科卒業。
夫は詩人・作家の清岡卓行(きよおか たかゆき)。また前妻の息子の清岡智比古も、フランス語研究者(明治大学理工学部教授)であり、意欲的に創作活動も行っている。
1歳から23歳までを大阪市旭区で送る。19歳から詩作を始める。24歳で、師事していた24歳年上の清岡卓行と結婚し、東京に転居。この年から小説を書き始めた。画家小出楢重の評伝執筆が契機となって、故郷大阪の土地とことばを生かした短編集『淀川にちかい町から』を上梓し高い評価を受けた。

受賞歴

岩阪恵子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

岩阪恵子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

dadada_dagda【本の購入メモ】阿佐田哲也『黄金の腕』(角川文庫)岩阪恵子『ミモザの林を』(講談社)吉村昭『遅れた時計』(中公文庫)シルヴィア・プラス『ジョニー・パニックと夢の聖書 シルヴィア・プラス短編集』(鷹書房)シルヴィア・プラス『ベル・ジャー』(河出書房新社)
Tokudoku2133. 岩阪恵子『淀川にちかい町から』新進女流詩人として出発し、『ミモザの林を』で野間文芸新人賞、『画家小出楢重の肖像』で平林たい子賞受賞。人生の機微を深く鮮やかに彫り彩る独自の散文世界を構築した、こころ暖かく、こころ鎮ま… https://t.co/g6SmKt843i
penguinbookcafe人が人を好きになるのは勝手だ。秘めるのも告白するのも語るのも勝手だ。『わたしの木下杢太郎』(岩阪恵子/講談社)再読「木下杢太郎」って名前が好きで、それから詩や絵に触れていった。だからかな? いまだに憧れ感が強くて全体像が掴めないでいる。
2460Bs早上がり恒例、帰り道天牛書店へPT。岩阪恵子本2冊あったが新聞記事がべたりと貼り付けられてた。挟むだけにしなさい。黒井千次『生きるということ』、新聞コラム等をまとめたエッセイ集。奥野健男『素顔の作家たち 現代作家132人』、… https://t.co/TcE8NXXmKR
ghost__boatヤングシネフィルから借りた木山捷平傑作選の解説を担当してい岩阪恵子の文体が素晴らしくてすぐに注文した『台所の詩人たち』が届いた。そして『ORGASM Vol.2』も届いた。これから読む。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
岩阪恵子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)