トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 島田雅彦

島田雅彦

島田雅彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

島田 雅彦(しまだ まさひこ、1961年3月13日 - )は、日本の小説家。法政大学国際文化学部教授、俳優。
東京都に生まれ、1965年に川崎市へ転居。神奈川県立川崎高等学校を経て、1984年に東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業。
大学在学中の1983年、『海燕』掲載の『優しいサヨクのための嬉遊曲』でデビュー、芥川龍之介賞の候補となる。1984年、『夢遊王国のための音楽』で野間文芸新人賞受賞。戯曲活動も行い、『僕は模造人間』(1986年4月)、『ドンナ・アンナ』(1986年9月)、『未確認尾行物体』と、郊外の新興住宅を舞台にした若年層の生活を、奇抜な語彙を用いつつ軽妙な筆致で描く作風で、新世代の作家として注目を浴びた。1987年までに6度、芥川賞候補となるも、全て落選する(date=2014年9月1日 (月) 14:54 (UTC)|なだいなだ、阿部昭、増田みず子らとともに、最多落選記録)。
長編『夢使い レンタルチャイルドの新二都物語』(1989年)を完成後、1991年にソビエト、チベット、ケニア、ジャマイカと、世界各地を放浪。1992年、『彼岸先生』で泉鏡花文学賞を受賞。
1991年、湾岸戦争への自衛隊派遣に抗議し、柄谷行人、中上健次、津島佑子、田中康夫らとともに『湾岸戦争に反対する文学者声明』を発表した。
1993年、既成の文学賞への反発から瞠目反(アンチ)文学賞を主催、第1回の受賞作に奥泉光『ノヴァーリスの引用』を選ぶが、これは一度きりの開催であった。幾度かの文体の変化や、扱うモチーフの広がりを『忘れられた帝国』(1995年)、『自由死刑』(1999年)などに反映させた。
2003年には「自らの代表作とすべく書いた」という『無限カノン3部作』(『彗星の住人』『美しい魂』『エトロフの恋』)を完成。『彗星の住人』はその後『Jr.バタフライ』として2004年にオペラ化され、台本を島田自身が担当、三枝成彰が作曲する。『Jr.バタフライ』は2006年にイタリアのトッレ・デル・ラーゴで毎年開催されるプッチーニ・フェスティバルで島田自身の演出で再演された。三枝とは、オペラ『忠臣蔵』やカンタータ『天涯。』、『太鼓について』、NHK全国合唱コンクール高校部門の課題曲「また、あした」などの音楽作品を手がける。
1998年に近畿大学文芸学部助教授に就任、2003年からは法政大学国際文化学部教授。2000年から2007年まで三島由紀夫賞選考委員を務める。2000年に詩のボクシングに参加、第4回世界ライト級王座決定戦で平田俊子を破り王者となる。翌年の第5回世界ライト級王座決定戦でもサンプラザ中野の挑戦を破り王者を防衛する。2006年、『退廃姉妹』で伊藤整文学賞を受賞、2008年、『カオスの娘』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。2010年下半期より芥川賞選考委員となる。2016年、『虚人の星』で毎日出版文化賞受賞。

島田雅彦新刊

  • 発売日
    2018年6月29日
  • 書名
    ああ、犬よ! 作家と犬をめぐる28話
  • 発売日
    2018年6月29日
  • 書名
    ああ、犬よ! 作家と犬をめぐる28話
  • 発売日
    2018年6月27日
  • 書名
    作家と楽しむ古典 好色一代男 曾根崎心中 菅原伝授手習鑑 仮名手本忠臣蔵 春色梅児誉美

受賞歴

島田雅彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

島田雅彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

q00100phttps://t.co/AOpZ9QUjO2島田雅彦先生(SM先生)の新作!地方創生を地元アイドルによって!って!あまちゃんとかぶる?なんて思ってましたが、全然違う話でした!というブログ。
booktitle_bot『優しいサヨクのための嬉遊曲』島田雅彦
piece_b0t過去や未来のことを考えても、思い浮かぶのは悲しいことばかり。by『須磨』島田雅彦
unmei_meigen占いは運命の流れを読もうとはするが、運命が流れ着く結末までは見極められない。(島田雅彦)【名言ナビ】https://t.co/89RixZiUO0#meigen #名言 #運命 #宿命
y_no反差別と当事者性については、男性でヘテロセクシュアルで健常者で知的・文化的エリートで人も羨むルックスでありながら「サヨク」を標榜する島田雅彦にこそご登壇願いたい。
righthand1991島田雅彦の僕は模造人間なんど読んでもおもしろい
T15940文章修行でずっと #松江文学学校 に通っていました主宰は文藝春秋各誌元編集長の高橋一清氏です月一回、島田雅彦さんや立花隆さんなど一流作家の話を聞いたり、自分の文章を高橋さんに添削していただいたりして、確実に文章力が上がりました… https://t.co/FSu2l4R6ih
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
島田雅彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)