トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 宮内勝典

宮内勝典

宮内勝典さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宮内 勝典(みやうち かつすけ、1944年10月4日 - )は、日本の小説家、エッセイスト。旧満州国のハルビン出身。鹿児島県立甲南高等学校卒業。大阪芸術大学元教授。
ハルビンに生まれ、子どもの頃は鹿児島県指宿市に住む。鹿児島県立甲南高校では部活動の文学部(文芸部)に所属。1979年に『南風』で作家デビュー。1960年代から4年間および1980年代から9年間、ニューヨークに在住。アメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカ、南アメリカなど60数カ国を渡り歩く。早稲田大学旧文学部客員教授、日本大学芸術学部講師、大阪芸術大学文芸学科教授を歴任。
日本による対韓輸出優遇撤廃に反対する、<声明>「韓国は「敵」なのか」呼びかけ人の1人。

受賞歴

宮内勝典関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2011.7.27 作家の読書道 第116回:窪美澄さん

    初の単行本である『ふがいない僕は空を見た』が刊行当時から多くの人から絶賛され、今年は今年本屋大賞2位、さらには山本周五郎賞を受賞という快挙を達成した窪美澄さん。新人とは思えない熟成された文章、そして冷静だけれども温かみのある世界に対するまなざしは、どのように培われてきたのか。影響を与えられた本、小説を書くことを後押ししてくれた大切な本とは?

  • 2010.11.1 第34回すばる文学賞・受賞者インタビュー 「米田夕歌里」

    職場で物や人や出来事が消えたり入れ代わったりしているのに、自分以外は誰もそう認識しておらず、むしろ周囲に言動を不審がられてしまう——いきなりそんな事態に陥ったのが、『トロンプルイユの星』の主人公・藤田サトミだ。

宮内勝典関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

zusshy異星人と交信するために、個人で巨大なアンテナを立ててる人がたくさんいると知ったのは、宮内勝典さんの『宇宙的ナンセンスの時代』の本でした
kyoRokyoRo1234【LS?】『ぼくは始祖鳥になりたい』『焼身』作家 「宮内勝典」 みやうちかつすけ
yakin_bot3『週刊 読書人』2004年11月5日号で 宮内勝典 × 鎌田東二 が、オウム、酒鬼薔薇、悪をテーマとした対談を行ってます。家の近所のそれほど大きくない図書館にはありました。5-6分で読めると思う。よければ読んでみてください。
susuharai宮内勝典さんの小説、最初に読んだのは『僕は始祖鳥になりたい』だったかな。「元超能力少年の旅行き」というものなんだけど、ざらざらとした手触りというか、巨岩に張り付いているような手応えの小説。『金色の虎』へ続いたのも印象的だったけど、最近三作目がでて完結したらしい。
dohokids金色の虎(宮内勝典 講談社 2002)を読むきっかけをくれたのは、@susuharaiさんのツイートで、ラジニーシ教団をモデルにした小説だという。知らなかった。宮内勝典を読んだこともない。
ETFSU1980おれが一番影響を受けた宮内勝典さん、宮内さんが影響を受けた叔父さんの姓が岩切なのは昔のホームページで知ってたけど、岩切って鹿児島の政治家のとこっぽかった。しばらく前に検索して知った。その叔父さんは市役所勤務とかだった。
tsuruchan2438上祐は↓こういう問いに答えられなかった奴であることも四谷シモーヌは直視すべきだ。詳しくは00年に集英社から出版された宮内勝典・著「善悪の彼岸へ」を、今もネット通販で買えるようなので四谷シモーヌにもぜひ読んでもらいたい。(悪の華を電… https://t.co/cyYTgtyJyg
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    宮内勝典さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)