トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 宮内勝典

宮内勝典

宮内勝典さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宮内 勝典(みやうち かつすけ、1944年10月4日- )は、日本の小説家、エッセイスト。旧満州国のハルビン出身。鹿児島県立甲南高等学校卒業。大阪芸術大学元教授。
ハルビンに生まれ、子どもの頃は鹿児島県指宿市に住む。鹿児島県立甲南高校では部活動の文学部(文芸部)に所属。1979年に『南風』で作家デビュー。1960年代から4年間および1980年代から9年間、ニューヨークに在住。アメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカ、南アメリカなど60数カ国を渡り歩く。早稲田大学旧文学部客員教授、日本大学芸術学部講師、大阪芸術大学文芸学科教授を歴任。

受賞歴

宮内勝典関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2011.7.27 作家の読書道 第116回:窪美澄さん

    初の単行本である『ふがいない僕は空を見た』が刊行当時から多くの人から絶賛され、今年は今年本屋大賞2位、さらには山本周五郎賞を受賞という快挙を達成した窪美澄さん。新人とは思えない熟成された文章、そして冷静だけれども温かみのある世界に対するまなざしは、どのように培われてきたのか。影響を与えられた本、小説を書くことを後押ししてくれた大切な本とは?

  • 2010.11.1 第34回すばる文学賞・受賞者インタビュー 「米田夕歌里」

    職場で物や人や出来事が消えたり入れ代わったりしているのに、自分以外は誰もそう認識しておらず、むしろ周囲に言動を不審がられてしまう——いきなりそんな事態に陥ったのが、『トロンプルイユの星』の主人公・藤田サトミだ。

宮内勝典関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kyoRokyoRo1234【LS?】『ぼくは始祖鳥になりたい』『焼身』作家 「宮内勝典」 みやうちかつすけ
tamamo_kawaii管理社会が進むにつれて、オウム真理教に吸収されていった若者たちの病理は、もっと下の世代へ、高校生、中学生、やがて小学生の層へじわりじわりと浸透していくのではないか。多くの人びとがそれを危惧している。兆しはもう見えかかっている。宮内勝典 『善悪の彼岸へ』 2000年
robinsuke前回の文藝・夏季号に載っていなかったので、非常に残念な想いと心配で仕方なかったのだが、今月5日発売の秋季号には、「二千億の果実 第六回 冬の青空/老いた超人」が無事掲載されていた。安堵とともに、鳥肌が!やはり、宮内勝典さんの文章は、背筋が伸びる。心が奮える。ありがとうございます。
asanotakao1975『文藝』2019年秋号はすごいな。「韓国・フェミニズム・日本」はもちろん全部読む。この特集以外にも陣野俊史さんの小説「鶴鳴(かくめい)」と宮内勝典さんの連載が載っているだけで個人的には買いたいと思うし、読まなくてよいページを見つけるのが難しいぐらい密度が濃い。全部読む。
azkn_t宮内勝典さんの連載なんかあるんだ。河原温さんのことを書いた小説、最期まで読んだかなあ。
Nantoka9000次の文藝には宮内勝典載ってるかな
kikuchika1209今朝の北海道新聞の各自各論コーナー、宮内勝典氏の、三島が見通した日本の民主主義について。 https://t.co/BqPolDY0rR
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宮内勝典さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)