トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 宮内勝典

宮内勝典

宮内勝典さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宮内 勝典(みやうち かつすけ、1944年10月4日 - )は、日本の小説家、エッセイスト。旧満州国のハルビン出身。鹿児島県立甲南高等学校卒業。大阪芸術大学元教授。
ハルビンに生まれ、子どもの頃は鹿児島県指宿市に住む。鹿児島県立甲南高校では部活動の文学部(文芸部)に所属。1979年に『南風』で作家デビュー。1960年代から4年間および1980年代から9年間、ニューヨークに在住。アメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカ、南アメリカなど60数カ国を渡り歩く。早稲田大学旧文学部客員教授、日本大学芸術学部講師、大阪芸術大学文芸学科教授を歴任。
日本による対韓輸出優遇撤廃に反対する、<声明>「韓国は「敵」なのか」呼びかけ人の1人。

受賞歴

宮内勝典関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2011.7.27 作家の読書道 第116回:窪美澄さん

    初の単行本である『ふがいない僕は空を見た』が刊行当時から多くの人から絶賛され、今年は今年本屋大賞2位、さらには山本周五郎賞を受賞という快挙を達成した窪美澄さん。新人とは思えない熟成された文章、そして冷静だけれども温かみのある世界に対するまなざしは、どのように培われてきたのか。影響を与えられた本、小説を書くことを後押ししてくれた大切な本とは?

  • 2010.11.1 第34回すばる文学賞・受賞者インタビュー 「米田夕歌里」

    職場で物や人や出来事が消えたり入れ代わったりしているのに、自分以外は誰もそう認識しておらず、むしろ周囲に言動を不審がられてしまう——いきなりそんな事態に陥ったのが、『トロンプルイユの星』の主人公・藤田サトミだ。

宮内勝典関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

saba72141275| 映画/DVD/海外ドラマ | MOVIE Collection [ムビコレ] https://t.co/6xMWub3eve そういえば、宮内勝典さん、インドから帰ってきてタゴールの詩の朗読のレコード?聴いてたってエッセイに書いてた。あと、この監督さん顔がすごくいい。
kyoRokyoRo1234【LS?】『ぼくは始祖鳥になりたい』『焼身』作家 「宮内勝典」 みやうちかつすけ
anthology_bot【WEBコラム】週間読書日記 宮内勝典(作家) ~ そこで、山尾三省の「びろう葉帽子の下で」をゆっくり読み返した。山尾三省は東京神田に生まれ、大学では西洋哲学を専攻したが、中年になってから縄文杉の屋久島に移り住んで、半生を過ごし、… https://t.co/x76HOarUBD
asanotakao1975ちょうど『文藝』で連載されていた宮内勝典さんの小説「二千億の果実」の最終回を読み終え、その余韻に浸っているところだった。
yasosha_books5/26の日刊ゲンダイDIGITAL「週間読書日記」で、作家の宮内勝典さんが山尾三省詩集『新版 びろう葉帽子の下で』を紹介。《コロナウイルスが猛威をふるっているさ中に、山尾三省の詩を読み返すのは不思議な体験だった。…自然と人間の濃… https://t.co/oPjXsUScrM
saudadebooksこちらにも編集人が寄稿しています。淺野卓夫「君のものではない、世界の声に耳をすませろ 宮内勝典の文学」。ライフ 本とわたし/FALL 2017 | Saudade Books https://t.co/0f4QjEwAyC
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宮内勝典さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)