トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 宮内勝典

宮内勝典

宮内勝典さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宮内 勝典(みやうち かつすけ、1944年10月4日- )は、日本の小説家。
ハルビン生まれ、鹿児島県指宿市出身。鹿児島県立甲南高等学校卒業。初期は佐原次郎名義を使用した。大阪芸術大学教授、2015年退職。|date=2017年4月1日 (土) 14:50 (UTC)

受賞歴

宮内勝典関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2011.7.27 作家の読書道 第116回:窪美澄さん

    初の単行本である『ふがいない僕は空を見た』が刊行当時から多くの人から絶賛され、今年は今年本屋大賞2位、さらには山本周五郎賞を受賞という快挙を達成した窪美澄さん。新人とは思えない熟成された文章、そして冷静だけれども温かみのある世界に対するまなざしは、どのように培われてきたのか。影響を与えられた本、小説を書くことを後押ししてくれた大切な本とは?

  • 2010.11.1 第34回すばる文学賞・受賞者インタビュー 「米田夕歌里」

    職場で物や人や出来事が消えたり入れ代わったりしているのに、自分以外は誰もそう認識しておらず、むしろ周囲に言動を不審がられてしまう——いきなりそんな事態に陥ったのが、『トロンプルイユの星』の主人公・藤田サトミだ。

宮内勝典関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kyoRokyoRo1234【LS?】『ぼくは始祖鳥になりたい』『焼身』作家 「宮内勝典」 みやうちかつすけ
nekochari325詩人・山尾三省の妹による追憶の歌長屋のり子詩集・・・「睡蓮」長屋のり子 著花崎皋平・嵩文彦・宮内勝典 解説野草社 発行 https://t.co/4WWK0ClCu4
mos1_aki宮内勝典さんの「善悪の彼岸へ」を借りてきたよ。本当に直感でしかないんだけど知りたかったことや考えたかったことが書かれているような気がする。そうだといいなあ。
asanotakao1975北海道在住の詩人・長屋のり子さんの詩集『睡蓮』には、亡き兄・山尾三省に捧げた作品がある。『睡蓮』の解説者である作家の宮内勝典さんは、ともに詩人であるこの兄妹の特異な関係を、「おなり神」という琉球の信仰から読み解いている。沖縄の読者にも長屋さんの『睡蓮』を読んでもらえたら、と思う。
orionaveugle宮内勝典さんが書いていますね。 https://t.co/DMa4Wr9Hcr
3nepandierou確かこの頃、アメリカに居た宮内勝典は彼と仲良くなり、一緒にパスタばかり食っていた、という話を読んだことがある。自分はこの一連の話でタレルを知り、彼の作品を横浜で観るまで十年弱待ち続けた事になる。。
goxed_xrp宮内勝典さんを月に連れて行ってほしい。月に行った後の氏の小説を読みたい。勝手な願望。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宮内勝典さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)