トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 佐川光晴

佐川光晴

佐川光晴さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

佐川 光晴(さがわ みつはる、1965年2月8日 - )は、日本の小説家。東京都出身、埼玉県志木市在住。神奈川県立茅ヶ崎北陵高等学校卒業、北海道大学法学部卒業。
北海道大学在学中(法学部、恵迪寮)にガセイ南米研修基金より奨学金を得て、1年間南米を漫遊。大学卒業と同時に結婚、出版社に1年間勤務した後、1990年7月より大宮食肉荷受株式会社(現・さいたま食肉荷受株式会社)に勤務し食肉処理場で働く。
2000年「生活の設計」で第32回新潮新人賞を受賞して小説家デビュー。2001年単行本『生活の設計』で第14回三島賞候補。「ジャムの空壜」で第125回芥川賞候補。2002年「縮んだ愛」で第127回芥川賞候補、単行本『縮んだ愛』で第24回野間文芸新人賞受賞。2004年「弔いのあと」で第131回芥川賞候補。2006年「銀色の翼」で第134回芥川賞候補。2007年「家族の肖像」で第136回芥川賞候補。
2009年の『ぼくたちは大人になる』以降は青春小説・成長小説に作風を転換。2011年『おれのおばさん』で第26回坪田譲治文学賞受賞。

佐川光晴新刊

  • 発売日
    2019年9月26日
  • 書名
    昭和40年男 ~オリンポスの家族~

受賞歴

佐川光晴関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

佐川光晴関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

joyride385シリーズものらしいので、続編また借りてこよう!おれのおばさん:佐川光晴 https://t.co/YlWtPRbcmC
blcc316山あり愛あり 佐川光晴#山あり愛あり#佐川光晴https://t.co/cvQPHhdxAc
niveau_de_bebe「夏の夜の口付け」や「二人家族」にみられるような、女性の(肉体の)老い、という問題は確実に今後主題として扱われる日が来るだろうな、と思った。また、「ジャムの空き瓶」というモチーフや、肉に触れた際の「笑い」も、間テクスト的にみたとき興味深いと思う。佐川光晴、とだけメモしておく。
tarotao吉祥寺のブックマンションで『牛を屠る』を購入。著者の佐川光晴さんが大学時代の友人と一字違いだったのでつい手に取ってしまった。そんな理由で本を買ったのは初めてかもしれない。 https://t.co/EAFQsCzPLP
zu2“佐川光晴『駒音高く』 : skurimaの将棋” https://t.co/Jc8OITPBoD
yi0316静かな夜 佐川光晴#静かな夜#佐川光晴https://t.co/146GfE7RMI
a_ranking_newsBOOK☆WALKER期間限定セール(2/14まで) 佐川光晴『虹を追いかける男』 292円https://t.co/7TtQQZQZ1x
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
佐川光晴さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)