トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 佐川光晴

佐川光晴

佐川光晴さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

佐川 光晴(さがわ みつはる、1965年2月8日 - )は、日本の小説家。東京都出身、埼玉県志木市在住。神奈川県立茅ヶ崎北陵高等学校卒業、北海道大学法学部卒業。
北海道大学在学中(法学部、恵迪寮)にガセイ南米研修基金より奨学金を得て、1年間南米を漫遊。大学卒業と同時に結婚、出版社に1年間勤務した後、1990年7月より大宮食肉荷受株式会社(現・さいたま食肉荷受株式会社)に勤務し食肉処理場で働く。
2000年「生活の設計」で第32回新潮新人賞を受賞して小説家デビュー。2001年単行本『生活の設計』で第14回三島賞候補。「ジャムの空壜」で第125回芥川賞候補。2002年「縮んだ愛」で第127回芥川賞候補、単行本『縮んだ愛』で第24回野間文芸新人賞受賞。2004年「弔いのあと」で第131回芥川賞候補。2006年「銀色の翼」で第134回芥川賞候補。2007年「家族の肖像」で第136回芥川賞候補。2011年『おれのおばさん』で坪田譲治文学賞受賞。

佐川光晴新刊

  • 発売日
    2019年1月31日
  • 書名
    駒音高く
  • 発売日
    2018年8月21日
  • 書名
    おれたちの故郷 (集英社文庫)
  • 発売日
    2018年7月11日
  • 書名
    校長、お電話です! (双葉文庫)

受賞歴

佐川光晴関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

佐川光晴関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kakidasibotぼく、わたし、おれ、わし。我輩、拙者、俺様。英語ではIだけですませる一人称が、日本語には今あげただけで七つもある。「おれのおばさん」佐川光晴
chinoboshkaある種の媒体って、男の作家には家事のこと訊かないのに女の作家には訊くんだよね。(『主夫になろうよ!』を出した佐川光晴さんには訊くのかもしれないけど)>RT
watanabemayuxhttps://t.co/IJSaNuvYOy【シリーズ】おれのおばさん (集英社文芸単行本)(Kindle版~佐川光晴~集英社)
Ftomotomo3【お仕事】昭和40年男 (佐川光晴著 日刊ゲンダイ掲載)第3話「百恵ちゃんフォーエバー」始まりました!#挿絵 #イラスト https://t.co/gyNUXHXKNp https://t.co/xpdltSEKhk
consaba書評・佐川光晴「「いい人ってのは結局、つまらない人間ってことなんだろうな」と啓太が自分を嘆く場面があるが、全国から集まった個性溢れる寮生たちにもまれ、啓太の心身は確実に強くなっていく。」https://t.co/47lG51QUVE https://t.co/EtqswDF5rl
HayabusaE5_佐川光晴 著おれのおばさんてゆう本を昔読んだことある人はいますか? — ないですてか遅くてごめん https://t.co/toiH3vBiiP
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
佐川光晴さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)