トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中村文則

中村文則

中村文則さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中村 文則(なかむら ふみのり、1977年9月2日 - )は日本の小説家。愛知県東海市出身。愛知県立東海南高等学校、福島大学行政社会学部応用社会学科卒業。
フリーターを経て、2002年に「銃」で第34回新潮新人賞を受賞しデビュー。2004年、『遮光』で第26回野間文芸新人賞、2005年、『土の中の子供』で第133回芥川龍之介賞、2010年、『掏摸<スリ>』で第4回大江健三郎賞を受賞。同作の英訳 『The Thief』は、ウォール・ストリート・ジャーナル紙で、2012年のベスト10小説に選ばれ、2013年のロサンゼルス・タイムズ・ブック・プライズにもノミネートされた。『悪と仮面のルール』の英訳(EVIL AND THE MASK)はウォール・ストリート・ジャーナル紙の2013年のベストミステリーの10作品に選ばれる。2014年、ノワール小説への貢献で、アメリカでデイビッド・グーディス賞を受賞。

受賞歴

中村文則関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

中村文則関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akutagawa_syou親に捨てられ、孤児として日常的に虐待された日々の記憶。理不尽に引きこまれる被虐体験に、生との健全な距離を見失った「私」は、自身の半生を呪い持てあましながらも、暴力に乱された精神の暗部にかすかな生の核心をさぐる。芥川賞受賞作『土の中の子供』中村文則
b_book_bot一番欲しいものは手に入らないと気づいたのは、いつの頃だったろう。(王国/中村文則)
ohtocurselife04中村文則の小説、前半は内側で閉じられた陰鬱さがとてもいいのに、後半にいくにつれてB級ミステリっぽくなってくのつらい
HongLeung7中村文則のカード師が最終回だったのに単行本は来春なんて⋯⋯
ak1_s振り返ってみれば、昨日と今日は読書の日でした。・中村文則「掏摸」・山崎ナオコーラ「キラキラPMS(または、波乗り太郎)」・文芸漫談 奥泉光+いとうせいこう「アルベール・カミュ『ペスト』を読む」そして今、ミヒャエル・エンデ… https://t.co/XIQrRUQQxU
inhnh1245中村文則『教団X』はちゃめちゃに面白い。普段あまり宗教系の内容の小説は読まないけど話題になっていた際に購入した。面白すぎて読み切るまであのでかい本を持ち歩くレベルだった。とにかく面白い。あと珍しい現代作家なので読みやすいし(個人比)この分厚ささえ愛おしくなる。本当に読め
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
中村文則さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)