トップページ > 公募ではない賞一覧 > 織田作之助賞

織田作之助賞

織田作之助賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

織田作之助賞(おださくのすけしょう)は、「織田作之助賞実行委員会」(大阪市、大阪文学振興会、関西大学、パソナグループ、毎日新聞社(50音順))が主催する文学賞である。大阪生まれの作家・織田作之助(1913年(大正2年)10月26日 - 1947年(昭和22年)1月10日)の生誕70年を記念して、1983年(昭和58年)に創設された。

第29回2012年

受賞

第28回2011年

候補

候補

第27回2010年

受賞

候補

候補

候補

候補

織田作之助賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.12.24 阿波しらさぎ文学賞、小山田浩子さんが新たに選考委員に 20年1月15日公募スタート

    徳島をテーマにした掌編小説コンクール「第3回徳島新聞 阿波しらさぎ文学賞」(徳島文学協会、徳島新聞社主催)の全国公募が2020年1月15日から始まる。今回から芥川賞作家の小山田浩子さん(36)が新たに最終選考委員に加わり、18、19年にも審査した芥川賞作家の吉村萬壱さん(58)との二枚看板となる。過去2回とも400点を超す応募があった阿波しらさぎ文学賞。女性選考委員が加わり、新たな応募が期待できそうだ。

  • 2018.12.6 織田作之助賞に井上荒野さん 小説「その話は今日は―」

    新進、気鋭の作家の小説に贈られる第35回織田作之助賞(同賞実行委員会主催)は6日、井上荒野さん(57)の小説「その話は今日はやめておきましょう」(毎日新聞出版)に決まった。賞金は100万円。

  • 2018.4.17 小説もエッセイも笑って泣ける感動作揃い! 西加奈子おすすめ12作品

    直木賞作家・西加奈子待望の短編集『おまじない』(筑摩書房)が2018年3月2日に出版される。自身も関西で育ち、人情や愛憎の色濃い関西を舞台としたものが多い作品の数々には、引き込まれるように笑って読み進めながらも、クライマックスで人々の深い愛情に触れ、思わず涙するものも多い。本ページでは、そんな中からおすすめ作品の魅力をぎゅっと絞って紹介したい。

織田作之助賞関連つぶやき

kusskuss5大学の授業が今日最終だった。作品読みもコメント書きも早め早めに計画を実行し、成績づけもほぼ終わった。来期のシラバスも入稿したぞ。さあ、「季節風」と「三田文学」を読むぞ!「三田文学」は、織田作之助青春賞の受賞作を読みたくて購入したけ… https://t.co/z8dnrSoZAM
yurubngkbot織田作之助賞「織田作之助賞実行委員会」(大阪市、大阪文学振興会、関西大学、毎日新聞社)が主催する文学賞である。大阪生まれの作家・織田作之助の生誕70年を記念して創設された。第27回以降は、対象作品を「新鋭・気鋭の小説」とするようになった。1983年(S58)~現在
Fuji_Inuiめっちゃ遅なったけど簡単に。講演会とても為になりました。あとは斎藤先生の本を読んで勉強します。織田作之助賞実行委員会事務局と斎藤理生先生、貴重な機会とお話ありがとうございました。
toron0503そういえば、今月の三田文学に載っていた織田作之助青春賞の受賞作『夜明珠』を読みました。「夜明珠」というアイテムがすごく効果的だと思う。熱量に任せて書いたのではなく、緻密な線を引くように作り上げたという感じ。選評ではラストが綺麗すぎ… https://t.co/qyoOBHuN4a
RLotus9おださくか織田作之助青春賞に応募したのも10年前かおにき、この10年間の進捗どうですか!?
IjichiKatsuyuki三田文學冬季号、織田作之助青春賞の作品・選評が掲載されていますが、それ以外にも読みどころが多いです。学生創作セレクションの戯曲「汝、私以外を神としてはならぬ」がコロナ禍のスケッチ的な作品で面白い。インカレポエトリ座談会も興味深く。… https://t.co/3wLvKbwr8S
osakakentei答(1)織田作之助賞は、1984年に第1回が始まったんや。選択肢(3)の『その街の今は』も第23回に大賞を受賞してるねん。 #osaka #kentei
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)