トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 藤谷治

藤谷治

藤谷治さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

藤谷 治(ふじたに おさむ、1963年11月23日 - )は、日本の小説家。東京都出身。
日本大学藝術学部映画学科卒業。会社員を経て、1998年に東京・下北沢に本のセレクト・ショップ「フィクショネス」をオープン。書店経営のかたわら創作を続け、2003年に『アンダンテ・モッツァレラ・チーズ』(小学館)で作家デビュー。2013年11月にデビュー10周年を迎え、同年12月には代表作である青春音楽小説『船に乗れ!』が舞台化される。
*2002年、「おがたQ、という女」で第34回新潮新人賞候補。
*2008年、『いつか棺桶はやってくる』で第21回三島由紀夫賞候補。
*2010年、『船に乗れ!』で第7回本屋大賞候補。
*2012年、『我が異邦』で第28回織田作之助賞候補。
*2014年、『世界でいちばん美しい』で第31回織田作之助賞受賞。

藤谷治新刊

  • 発売日
    2018年11月8日
  • 書名
    燃えよ、あんず
  • 発売日
    2018年9月6日
  • 書名
    小説は君のためにある (ちくまプリマー新書)

受賞歴

藤谷治関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.11.29 【エンタメ小説月評】語りが持つ力に驚き

    小説を読むことの醍醐味は、ストーリーや仕掛けを楽しむ部分と、語りの面白さを味わうという二つの側面がある。「何を書くか」と「どう書くか」という問題と言い換えることもできるかもしれない。

  • 2018.11.28 【今週はこれを読め! エンタメ編】予想もつかない物語〜藤谷治『燃えよ、あんず』

    どんな展開になっていくのか想像もつかない、という読書体験を久しぶりに味わった気がします。だいたいの小説は、読む前からどのような話なのかということは予想できるものではないでしょうか。『吾輩は猫である』→「猫が出てくるんだろうな」、『1973年のピンボール』→「1973年のピンボールの話なんだろうな」と、題名からでも見当がつくものもあります。

  • 2016.10.27 【エンタメ小説月評】自他と闘う若者の音楽愛

    ただただ引き込まれ、圧倒された。登場人物らが織りなす人間模様に、物語が与えてくれる高揚感に、そして、言葉では表しがたいものを見事に書き切った文章に。

藤谷治関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

OBR_botじゃあ青春小説の傑作を推す。藤谷治の「船に乗れ!」とか。 #peing #質問箱 https://t.co/rDiTr5JvaR
mass_suke藤谷治さんの「船に乗れ!」は映像化されてもいいのでは?と思う。
KammermusikKureもう1つの小説は、藤谷治さんの「船に乗れ」。この中にもたくさんのクラシック音楽が出てきますが、室内楽の比重がとても高いです。楽章の抜粋にはなりますが、メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲第1番、ラフマニノフ:チェロソナタ、ベートーヴ… https://t.co/piLfyQ3vN0
puchi_bundanbar» 【第2回】喫茶店「くるみ」のシフォンケーキ/船に乗れ(藤谷治)月に吠える通信 WEB https://t.co/yadPGHs7H2
asayotakii「クロワッサン」1月25日号の連載「文字から栄養」では、かげはら史帆『ベートーヴェン捏造』(柏書房)呉明益『自転車泥棒』(天野健太郎訳、文藝春秋)藤谷治『燃えよ、あんず』(小学館)を紹介しております。評判の『ベートーヴェ… https://t.co/HVo6rEEJe1
sh_tkfj061船に乗れ!(藤谷治)音楽一家に生まれ、プロのチェリストを目指していた主人公。彼は芸高に落ちるという人生初の挫折を味わい、失意のまま祖父が理事長を務める高校に入学する。そこで一流の演奏をするため奮闘する同級生たちに出会うことからはじまる物語。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)