トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 辻原登

辻原登

辻原登さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

辻原 登(つじはら のぼる、本名は村上 博、1945年12月15日 - )は、日本の小説家。横浜市保土ヶ谷区在住。神奈川近代文学館館長・理事長。
1945年和歌山県印南町に生まれる。父は村上六三(1916-1971)で、日本社会党の政治家。参議院選挙で落選したことがあり、左派に属して日中友好協会を運営した。大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎卒業後上京、文化学院文科卒業。同人誌「第2次文学共和國」に参加、1967年田辺市に戻り、家事に従事、1970年再上京し、中国関係の貿易会社に就職。電算機会社コスモ・コンピュータ・ビジネスに勤務する傍ら、1985年に中編小説『犬かけて』で作家デビュー。1986年、同作品で第94回(昭和60年下半期)芥川賞候補。
1990年に、中国の奥地を舞台とし、生まれ育った和歌山県の面影もモチーフとした、中編小説『村の名前』で第103回(平成2年上半期)芥川賞を受賞。主人公の名、橘博の橘は、辻原が生まれ育った土地の名家から取ったもの。橘は和歌山県に比較的多い姓である。
1992年会社を総務部長で退職、執筆に専念。1999年長編小説『飛べ麒麟』で第50回読売文学賞受賞。2000年短編連作小説集『遊動亭円木』で第36回谷崎潤一郎賞受賞。2001年東海大学文学部文芸創作学科教授。
2005年、後に合併球団となるトンボ・ユニオンズ(1956年に消滅)に所属する選手を描いた短編小説『枯葉の中の青い炎』で第31回川端康成文学賞受賞。本作品が収録された同題の作品集には、1963年(昭和38年)の夏の甲子園大会に初出場した、和歌山県立南部高等学校選手をモデルとした『野球王』も収められている。2006年長編小説『花はさくら木』で第33回大佛次郎賞受賞。2008年三島由紀夫賞選考委員。2010年長編小説『許されざる者』で第51回毎日芸術賞受賞。同年東海大学を定年退任。2011年長編小説『闇の奥』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。2012年 『韃靼の馬』で第15回司馬遼太郎賞受賞。同年春の叙勲にて、紫綬褒章を受章。2013年長編小説『冬の旅』で伊藤整文学賞受賞。
関西大学客員教授(2008年など)も務めた。 2012年より神奈川近代文学館館長・理事長を務める。
2016年現在、三島由紀夫賞、川端康成文学賞、日経小説大賞、司馬遼太郎賞、読売文学賞、群像新人文学賞、金魚屋新人賞選考委員。2010年に織田作之助賞を主催する大阪文学振興会会長に就任。

辻原登新刊

  • 発売日
    2018年5月12日
  • 書名
    群像短篇名作選 2000~2014 (講談社文芸文庫)

受賞歴

辻原登関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

辻原登関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akutagawa_syou中国奥地を旅する日本人商社マンが、桃源郷の名をもつ村に迷い込んだ。そこで彼は、村の名前からは想像もつかない奇怪な出来事にであった。謎の溺死体、犬肉を食らう饗宴…。桃花の薫りがする女に導かれるように村の秘密へと近づき、ついに彼が見た真の村の姿とは。芥川賞受賞作『村の名前』辻原登
sou_frxmlf<父が歩んだ人生は>#中央公論 6月号辻原登氏の連載「卍どもえ」中子は、母親から「あんたのお父ちゃんはな、大陸で大仕事した偉い人や」と聞かされて育ちました。その父親の、戦前戦後の歩みをたどります。 https://t.co/SeIW2jldjH
chukoedi<父が歩んだ人生は>#中央公論 6月号辻原登氏の連載「卍どもえ」中子は、母親から「あんたのお父ちゃんはな、大陸で大仕事した偉い人や」と聞かされて育ちました。その父親の、戦前戦後の歩みをたどります。 https://t.co/2YuctKiLNV
urat古谷田奈月の『無限の玄』は、まさに辻原登が絞るような声ででも嬉しそうに語っていた、工夫のある小説。ジェンダー問題も、辻原さんの読み方に賛同。でも、玄が死ぬ時の振動はただたんに倒れたときの音、じゃないかと思うのですが。
Monthly_Shincho【NEWS】いよいよ発売開始の新潮6月号にて、第44回川端康成文学賞を正式発表! 受賞作・保坂和志「こことよそ」を全文掲載し、荒川洋治・角田光代・辻原登・堀江敏幸・村田喜代子の各氏の選評を公開します。
AwardAuthor中国奥地を旅する日本人商社マンが、桃源郷の名をもつ村に迷い込んだ。そこで彼は、村の名前からは想像もつかない奇怪な出来事にであった。謎の溺死体、犬肉を食らう饗宴…。桃花の薫りがする女に導かれるように村の秘密へと近づき、ついに彼が見た真の村の姿とは。芥川賞受賞作『村の名前』辻原登
Namimagazine辻原登著『籠の鸚鵡』の評者は中条省平さん!/途方もないクライム・ノヴェル(波2016年10月号)https://t.co/xUtgYvenYP
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
辻原登さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)