トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高城修三

高城修三

高城修三さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

高城 修三(たき しゅうぞう、1947年10月4日 - )は、香川県高松市出身の作家。
本名・若狭雅信。香川県立高松高等学校、京都大学文学部言語学科卒業。1977年、「榧の木祭り」で新潮新人賞を受賞、同作で同年下半期(1978年1月)芥川賞を受賞。大津市在住。
*『榧の木祭り』新潮社 1978
*『闇を抱いて戦士たちよ』新潮社 1979
*『約束の地』新潮社 1982
*『叛乱する風景』作品社 1982
*『京都の庭遊行』小沢書店 1984
*『糺の森』作品社 1984
*『京都伝説の風景』小沢書店 1985
*『苦楽利氏どうやら御満悦』河出書房新社 1987
*『京都花折心中』阿部出版 1990
*『みずみち紀行 琵琶湖は東、西は京』小沢書店 1992
*『気分はいつもヤジロベェ』有学書林 1993
*『紫の歌額田王』有学書林 1994
*『琵琶湖のある風景』東方出版 1995
*『大和は邪馬台国である』東方出版 1998
*『小説の方法』昭和堂 1998
*『プロポリス健康革命 抗ガンから老化防止まで…免疫力を高め、細胞を若返らせる驚きの薬効』高橋書店 2000
*『紀年を解読する 古事記・日本書紀の真実』ミネルヴァ書房 2000
*『京都・絶品の四季 四十八景季節の粧い』淡交社 2000
*『真っすぐ行きなはれ 尼僧物語』どりむ社 2001
*『神々と天皇の宮都をたどる 高天原から平安京へ』文英堂 2001
*『百歌繚乱 憶えておきたい日本の歌』文英堂 2003
*『可能性としての連歌』澪標 2004
*『おんなたちの源平恋絵巻』京都新聞 2004
*『神武東征』構想社 2007
*『巻向日記 「昭和三十年」という思想』淡交社 2007
*『日出づる国の古代史 その三大難問を解く』現代書館 2011

受賞歴

高城修三関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.1.25 香川菊池寛賞に大西さん/奨励賞は古屋さん

    香川県高松市出身の文豪・菊池寛を顕彰し、香川ゆかりの文学作品に贈られる「第47回香川菊池寛賞」(高松市など主催)の受賞者が決まり、24日発表された。最高賞の香川菊池寛賞は三豊市高瀬町の飲食店経営、大西緑さん(66)の小説「ハナミズキ」、奨励賞は高松市牟礼町の会社員、古屋周平さん(60)=本名・藤本靖=の時代小説「お勢衣(せい)」が選ばれた。贈呈式は3月2日に高松市役所で行う。

高城修三関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kanro300◎榧の木祭り 高城修三 芥川賞初版 昭和53年新潮社 https://t.co/EkSuuu2LPV #ヤフオク
WD4TTFHFmDT5kHI@moshi2pierrot 芥川賞作品を雑誌掲載で読んだことが有るのは、高城修三と平野啓一郎だけだな。
h_fjmt782004年のM-1グランプリでのラサール石井氏の褒め言葉を未だにこすり続ける山里亮太氏を見習って、文藝秋号と高城修三の評はこれからもずっと擦りつづけます。
anal_soldier最近読んだので面白かったのは高城修三の「榧の木祭り」
ayaka8700119今日は昨年から声掛けていただいてました、連歌の会どした
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
高城修三さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)