トップページ > 作家名一覧 > へから始まる作家名一覧 > 辺見庸

辺見庸

辺見庸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

辺見 庸(へんみ よう、1944年(昭和19年)9月27日 - 、本名:辺見 秀逸)は、日本の作家、ジャーナリスト、詩人。
宮城県石巻市南浜町出身。宮城県石巻高等学校を経て、早稲田大学第二文学部社会専修卒業。共同通信社に入社し、外信部のエース記者として知られた。北京、ハノイ特派員などを務め、北京特派員時代の1979年(昭和54年)には『近代化を進める中国に関する報道』により新聞協会賞を受賞。1987年(昭和62年)、2度目となる北京特派員を務めた際、胡耀邦総書記辞任に関連した中国共産党の機密文書をスクープし、中国当局から国外退去処分を受けた。
外信部次長を務めていた1991年(平成3年)、職場での経験に着想を得た小説『自動起床装置』を発表、第105回芥川賞を受賞した。また1994年(平成6年)には、社会の最底辺の貧困にあえぐ人たちや、原発事故で放射能汚染された村に留まる人たちなど、極限の「生」における「食」を扱った『もの食う人びと』で、第16回講談社ノンフィクション賞を受賞。この作品は、小中学生向けに教育マンガ化され、学校図書館にも配架されている。1995年(平成7年)、地下鉄サリン事件に遭遇。1996年(平成8年)に共同通信社を退社、本格的な執筆活動に入った。
近年は「右傾化に対する抵抗」などをテーマに活発な論陣を張っている。2004年(平成16年)には講演中に脳出血で倒れ、2005年(平成17年)には大腸癌にも冒されたことを公表したが、2006年(平成18年)に『自分自身への審問』を復帰作として上梓するなど、精力的な執筆活動を続けている。2011年(平成23年)、詩集『生首』で第16回中原中也賞受賞。2012年(平成24年)、詩集『眼の海』で第42回高見順賞受賞。2016年(平成28年)、『増補版 1★9★3★7』で第3回城山三郎賞受賞。
大震災で大きな被害を受けた石巻市出身(両親も)ではあるが、あふれた「耳障りのいいことばだけがもてはやされ、不謹慎と非難されそうな言葉は排除される」言説に強い違和感を覚え、口を閉ざした。それを破ったのは「語ってはいけないものを語ること」を意識した「フィズィマリウラ」の詩(『眼の海』所収)だった。彼は次のように言う「悲劇にあって人を救うのはうわべの優しさではない。悲劇の本質にみあう、深みを持つ言葉だけだ。それを今も探している」と。

辺見庸新刊

  • 発売日
    2016年11月28日
  • 書名
    わたしたちのファシズム
  • 発売日
    2016年11月25日
  • 書名
    完全版 1★9★3★7 イクミナ (上) (角川文庫)
  • 発売日
    2016年11月25日
  • 書名
    完全版 1★9★3★7 イクミナ (下) (角川文庫)

受賞歴

辺見庸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

辺見庸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

jojo_eggmanブログのツボ!テーマ「日本は"自由”のない戦前に!辺見庸が予知した日本の現在」あなたは戦争で人を殺せるのか?あきらめてはいけない、自由への闘いがいまここにあるhttps://t.co/5qqg6Tp9ZM
momozono268ダ・ヴィンチ 2011.9月・辺見庸「もの食う人々」「20歳の誕生日にマネージャーさんから貰って、もう何度読み返したか分からないくらい好きな本です。この本を読むと、いわゆる観光じゃない旅をしたくなるんですよ。この本が僕の漠と… https://t.co/FLrhkJGp5v
keikogoldstein辺見庸の近著「1937」に皇軍の中国での蛮行が、武田泰淳や堀田善衛等の兵隊体験のある小説の引用で詳らかにされていて、全く同じ事が行われていたと証明されている。 https://t.co/Gw4lhI6COq
fukawanokappa1『三光』、『思想の科学』(85-4)「中国戦線での強姦が及ぼした思想的影響」、若杉参謀「支那事変に対する日本人としての内省」、安世鴻『重重』、辺見庸『1★9★3★7』等々。そしてこの証言。貴重な記憶がまた積み上がった。 https://t.co/DchpPCl0qV
ORIGEN_KIRAKU@feedback515 昨今、日本人にあまりにも知られていなさすぎる事実ですね。知ったとしてもこの会見後、”まったく何にも起こらなかった”ように無化されてしまう、天皇制の絶対的な骨絡みの呪力…僕がこの発言を知ったのは辺見庸さんの… https://t.co/kKRjBiM6Ad
tothinkofpeaceほとんどのものはすでに瓦礫化しているのだから、さらに壊すとしたら、もはや飢えた人間と大地しかないアフガンに、地形が変わるほどの爆弾を落とすのが、ブッシュの「善」であり「正義」の微表であるらしい。/辺見庸(単独発言 私はブッシュの敵である/角川文庫)
bunkei_gro_botNo.226(文順)芥川賞『コシャマイン記』(鶴田和也)→『壁』(安部公房)→『裸の王様』(開高健)→『夏の流れ』(丸山健二)→『岬』(中上健次)→『佐川君からの手紙』(唐十郎)→『自動起床装置』(辺見庸)→『豚の報い』(又吉栄喜)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
辺見庸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)