トップページ > 作家名一覧 > へから始まる作家名一覧 > 辺見庸

辺見庸

辺見庸さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

辺見 庸(へんみ よう、1944年(昭和19年))は、日本の作家、ジャーナリスト、詩人。元共同通信記者。
宮城県石巻市南浜町出身。宮城県石巻高等学校を経て、早稲田大学第二文学部社会専修卒業。共同通信社に入社し、外信部のエース記者として知られた。北京、ハノイ特派員などを務め、北京特派員時代の1979年(昭和54年)には『近代化を進める中国に関する報道』により新聞協会賞を受賞。1987年(昭和62年)、2度目となる北京特派員を務めた際、胡耀邦総書記辞任に関連した中国共産党の機密文書をスクープし、中国当局から国外退去処分を受けた。
外信部次長を務めていた1991年(平成3年)、職場での経験に着想を得た小説『自動起床装置』を発表、第105回芥川賞を受賞した。また1994年(平成6年)には、社会の最底辺の貧困にあえぐ人たちや、原発事故で放射能汚染された村に留まる人たちなど、極限の「生」における「食」を扱った『もの食う人びと』で、第16回講談社ノンフィクション賞を受賞。この作品は、小中学生向けに教育マンガ化され、学校図書館にも配架されている。1995年(平成7年)、地下鉄サリン事件に遭遇。1996年(平成8年)に共同通信社を退社、本格的な執筆活動に入った。
近年は「右傾化に対する抵抗」などをテーマに活発な論陣を張っている。2004年(平成16年)には講演中に脳出血で倒れ、2005年(平成17年)には大腸癌にも冒されたことを公表したが、2006年(平成18年)に『自分自身への審問』を復帰作として上梓するなど、精力的な執筆活動を続けている。2011年(平成23年)、詩集『生首』で第16回中原中也賞受賞。2012年(平成24年)、詩集『眼の海』で第42回高見順賞受賞。2016年(平成28年)、『増補版 1★9★3★7』で第3回城山三郎賞受賞。
大震災で大きな被害を受けた石巻市出身(両親も)ではあるが、あふれた「耳障りのいいことばだけがもてはやされ、不謹慎と非難されそうな言葉は排除される」言説に強い違和感を覚え、口を閉ざした。それを破ったのは「語ってはいけないものを語ること」を意識した「フィズィマリウラ」の詩(『眼の海』所収)だった。彼は次のように言う「悲劇にあって人を救うのはうわべの優しさではない。悲劇の本質にみあう、深みを持つ言葉だけだ。それを今も探している」と。

辺見庸新刊

  • 発売日
    2018年10月31日
  • 書名
  • 発売日
    2018年10月31日
  • 書名
    月 (角川書店単行本)

受賞歴

辺見庸関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

辺見庸関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

be_critical3辺見庸『愛と痛み』吊り下げられた死刑囚は空中でダンスを踊るように痙攣するといいます。ダンサー・イン・ザ・ダーク。暗い部屋、首が吊り下がった人間が最後に見せる不如意のダンス。体が静止し、死刑囚が意図せざるをダンスを踊ることさえできなくなった絶脈の瞬間を監視官は「無事完了」と呼ぶ。
KDystopiaアメリカの戦争って、戦争というよりは、もっとシステマティックで無感動な「工業」の概念に近くなっているのではないか(......)米軍という国営戦争企業が、世界のあちこちに戦場という工場をつくって、破壊と殺戮という「生産」を恒常的に行なっている。 - 辺見庸(作家)
jojo_eggmanブログ公開中だよ!テーマ「日本は"自由”のない戦前に!辺見庸が予知した日本の現在」あなたは戦争で人を殺せるのか?あきらめてはいけない、自由への闘いがいまここにあるhttps://t.co/5qqg6Tp9ZM
wellwellbeing1【日本皇軍の虐殺に目を覚ます】南京、中国の多くの土地で、虐殺を犯した、日本の皇軍。その心理を探る重要作4冊  辺見庸、武田泰淳、石川達三、堀田善衛- キッズ政治クラ https://t.co/ULWQOfTHqI
kizukanakatta今度の日曜日、早起きをして「華氏119」を観に行こうか迷っている。それから辺見庸の新しい本が気になる。https://t.co/CwaZWxMpbG
shanqi_a「月」(辺見庸)読了 #読書 『さとくんがなにかをやる気になっている。ひとびとのために貢献しようとしている。本気だ。うすっぺらな月がいちまい、ぽかっとあがっている』(P.155)
akutagawa_syouぼくと聡は、通信社の仮眠室で仮眠をとる人々を、快く目覚めへと導く「起こし屋」のアルバイトをしている。ところがある日「自動起床装置」なるものが導入された…。眠りという前人未到の領域から現代文明の衰弱を衝いた作品。芥川賞受賞作『自動起床装置』辺見庸
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
辺見庸さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)