トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉村萬壱

吉村萬壱

吉村萬壱さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉村 萬壱(よしむら まんいち、本名:吉村浩一、1961年2月19日 - )は、日本の小説家。愛媛県松山市生まれ、大阪府大阪市・枚方市育ち。大阪府立長尾高等学校、京都教育大学教育学部第一社会科学科卒業。1997年、「国営巨大浴場の午後」で第1回京都大学新聞社新人文学賞受賞。2001年、「クチュクチュバーン」で第92回文學界新人賞受賞。2003年、「ハリガネムシ」で第129回芥川龍之介賞受賞。大阪府立佐野支援学校に勤めていたが退職する。
「芥川賞の賞味期限は10年しかない」と知り合いの編集者に言われ、退職して作家専業となる。2016年、『臣女』で第22回島清恋愛文学賞受賞。
SFの影響を受けた、退廃的かつ破壊的な作風が特徴。漫画家のTHE SEIJIは双子の弟。
*『クチュクチュバーン』2002年8月、文藝春秋、のち文庫 2005年、ISBN 978-4167679477
**クチュクチュバーン(『文學界』2001年6月号)
**人間離れ(『文學界』2001年11月号)
**国営巨大浴場の午後(文庫版のみ収録)
*『ハリガネムシ』2003年8月、文藝春秋、のち文庫、ISBN 978-4167679989
**ハリガネムシ(『文學界』2003年5月号)
**岬行(文庫版のみ収録/『文學界』2004年3月号)
*『バースト・ゾーン 爆裂地区』(書き下ろし長編)2005年5月、早川書房、のち文庫 
*『ヤイトスエッド』講談社 2009
**B39(『文學界』2007年1月号)
**B39-II(『群像』2007年3月号)
(イナセ一戸建て、鹿の目、ヤイトスエッド、不浄道)
*『独居45』文藝春秋、2009年9月
*『ボラード病』文藝春秋、2014年6月 のち文庫
*『臣女』徳間書店、2014年12月
*『虚ろまんてぃっく』文藝春秋 2015
*『生きていくうえで、かけがえのないこと』(エッセイ集)亜紀書房 2016
*『流しの下のうーちゃん』(漫画)文藝春秋 2016
*『うつぼのひとりごと』亜紀書房 2017
*『回遊人』徳間書店 2017

吉村萬壱新刊

  • 発売日
    2018年5月12日
  • 書名
    季刊文科 74号 特集:澤田隆治・テレビの誕生とお笑い(後編)
  • 発売日
    2018年5月2日
  • 書名
    ヤイトスエッド (徳間文庫)
  • 発売日
    2018年1月15日
  • 書名
    季刊文科 73号 特集:楊逸

受賞歴

吉村萬壱関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.4.23 徳島文学協会 が「徳島文學」創刊 小説の書き手の養成目指す

    郷土の文芸発展に向けて昨年5月に発足した徳島文学協会が「徳島文學(ぶんがく)」=写真=を創刊した。小説の書き手の養成を目指した新たな文学運動と位置付け、創刊号には県内在住の会員や、ゆかりの作家による小説11編のほか、短歌、俳句などを収録。今後、年1回の発行を予定している。

  • 2017.2.27 「温泉と文学」熱く 芥川賞作家3人が別府大学でシンポ

    別府市の別府大学で26日、「温泉と文学」をテーマにしたシンポジウム(大分合同新聞社後援)があった。玄月(げんげつ)さん(52)、吉村萬壱(まんいち)さん(56)、藤野可織さん(37)の芥川賞作家3人が温泉地との関わりについて意見を交換。湯煙たなびく泉都の魅力についてもざっくばらんに語り合った。

  • 2017.2.19 シンポジウム:温泉と文学考える 関西在住の芥川賞作家3人招き 別府大で26日

    関西在住の芥川賞作家3人を招いて「温泉と文学」を考えるシンポジウムが、26日午後1時から別府市北石垣の別府大で開かれる。3作家には「私が温泉で読みたい本」を3冊ずつ事前に選んでもらい、楽しい討論会にしたいという。入場無料で事前申し込み不要。

吉村萬壱関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

siranyan0528私を「ストーカー」と公言した吉村萬壱氏への反論文です。 https://t.co/W4OiLd8dUl
3purple_asa田中慎弥先生の「実験」「汽笛」「週末の葬儀」読了。途中までは、かなり恐怖心を煽られる。そして最終的に、ホッと安心する。人の理性と本能の狭間を描いた作品だと思った。さて、次はお待ちかね、吉村萬壱先生の「ハリガネムシ」読みます☆芥川賞受賞作。
bunkyu_qma_bot【No.733】吉村萬壱の芥川賞受賞作は?(70%)ハリガネムシ
7Hame2008吉村萬壱『ヤイトスエッド』(徳間文庫)「B39-Ⅱ」の日記は長編詩としても読めた。「鹿の目」も感銘。全作を通し何故、何故と問うてきて「三つ編み腋毛(抄)」で、すとんと開かれゆく感が嬉しかった。7作品内容は具象に次ぐ具象だが、俯瞰… https://t.co/LKipnUZZY0
Imi_Mizu副読本は「臣女」(吉村萬壱 作)です。 https://t.co/GDIiiRHlKi
kurogokegumo締め切りまで3週間となりました。「阿波しらさぎ文学賞」皆様からのご応募をお待ちしております。5月20日の徳島新聞朝刊に、最終選考委員長吉村萬壱さんのインタビュー記事が掲載されています。うーちゃんを抱いて「勇気を持って応募して… https://t.co/n4cJ1sNJ88
nagao_panda@strike_iwashi 311の震災をテーマにした文学の中で最高傑作なのでは?と思いました。吉村萬壱の『ボラード病』も捨てがたいですが
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉村萬壱さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)