トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉村萬壱

吉村萬壱

吉村萬壱さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉村 萬壱(よしむら まんいち、本名:吉村浩一、1961年2月19日 - )は、日本の小説家。愛媛県松山市生まれ、大阪府大阪市・枚方市育ち。大阪府立長尾高等学校、京都教育大学教育学部第一社会科学科卒業。1997年、「国営巨大浴場の午後」で第1回京都大学新聞社新人文学賞受賞。2001年、「クチュクチュバーン」で第92回文學界新人賞受賞。2003年、「ハリガネムシ」で第129回芥川龍之介賞受賞。大阪府立佐野支援学校に勤めていたが退職する。
「芥川賞の賞味期限は10年しかない」と知り合いの編集者に言われ、退職して作家専業となる。2016年、『臣女』で第22回島清恋愛文学賞受賞。
SFの影響を受けた、退廃的かつ破壊的な作風が特徴。漫画家のTHE SEIJIは双子の弟。
*『クチュクチュバーン』2002年8月、文藝春秋、のち文庫 2005年、ISBN 978-4167679477
**クチュクチュバーン(『文學界』2001年6月号)
**人間離れ(『文學界』2001年11月号)
**国営巨大浴場の午後(文庫版のみ収録)
*『ハリガネムシ』2003年8月、文藝春秋、のち文庫、ISBN 978-4167679989
**ハリガネムシ(『文學界』2003年5月号)
**岬行(文庫版のみ収録/『文學界』2004年3月号)
*『バースト・ゾーン 爆裂地区』(書き下ろし長編)2005年5月、早川書房、のち文庫 
*『ヤイトスエッド』講談社 2009 のち文庫化
**B39(『文學界』2007年1月号)
**B39-II(『群像』2007年3月号)
(イナセ一戸建て、鹿の目、ヤイトスエッド、不浄道)
*『独居45』文藝春秋、2009年9月
*『ボラード病』文藝春秋、2014年6月 のち文庫
*『臣女』徳間書店、2014年12月
*『虚ろまんてぃっく』文藝春秋 2015
*『生きていくうえで、かけがえのないこと』(エッセイ集)亜紀書房 2016
*『流しの下のうーちゃん』(漫画)文藝春秋 2016
*『うつぼのひとりごと』亜紀書房 2017
*『回遊人』徳間書店 2017
*『前世は兎』集英社 2018

吉村萬壱新刊

  • 発売日
    2019年4月19日
  • 書名
    季刊文科 77号 対談 津村節子の時代

受賞歴

吉村萬壱関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.4.23 徳島文学協会 が「徳島文學」創刊 小説の書き手の養成目指す

    郷土の文芸発展に向けて昨年5月に発足した徳島文学協会が「徳島文學(ぶんがく)」=写真=を創刊した。小説の書き手の養成を目指した新たな文学運動と位置付け、創刊号には県内在住の会員や、ゆかりの作家による小説11編のほか、短歌、俳句などを収録。今後、年1回の発行を予定している。

  • 2017.2.27 「温泉と文学」熱く 芥川賞作家3人が別府大学でシンポ

    別府市の別府大学で26日、「温泉と文学」をテーマにしたシンポジウム(大分合同新聞社後援)があった。玄月(げんげつ)さん(52)、吉村萬壱(まんいち)さん(56)、藤野可織さん(37)の芥川賞作家3人が温泉地との関わりについて意見を交換。湯煙たなびく泉都の魅力についてもざっくばらんに語り合った。

  • 2017.2.19 シンポジウム:温泉と文学考える 関西在住の芥川賞作家3人招き 別府大で26日

    関西在住の芥川賞作家3人を招いて「温泉と文学」を考えるシンポジウムが、26日午後1時から別府市北石垣の別府大で開かれる。3作家には「私が温泉で読みたい本」を3冊ずつ事前に選んでもらい、楽しい討論会にしたいという。入場無料で事前申し込み不要。

吉村萬壱関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tanaka_sarumaru元々地方組のときからのさっしーファンなのですが今回これをリツイートしてるのが吉村萬壱さんということにシンパシー。 https://t.co/BlavZO3SEr
akutagawa_syou客として知った風俗嬢と再会した時から高校教師「私」は<異界>に踏み込んで行く……驚愕、衝撃、センセーショナルな中に不思議なユーモアとモラリストの眼差しが光る傑作小説。芥川賞受賞作『ハリガネムシ』吉村萬壱
hit4boy吉村萬壱『独居45』不快極まりない短編集『ヤイトスエッド』「イナセ一戸建て」の変人(変態)小説家を主役に据えた作品。一見普通の人々の、変態性が赤裸々になっていく様は著者のならではの厭らしさが満開です。不条理小説の趣もありなんとも愉快。https://t.co/puQsthikZ4
2sheep1onigiri暑い日は魔が差して怖い本を借りてしまう。昨日、表紙の写真がなんか不気味で手に取ってしまった『ボラード病』。著者は吉村萬壱さん。人というか集団って不気味だな。湿気を多く含んで重くなった雨雲みたいな気分になった。
aji_yoshio吉村萬壱作品はとにかく人の理想やロマン(幻想)、知性の神聖視、法律含め様々な規制による平和ボケに対するヘイトが凄くてかえって気持ちよくなる。クチュクチュバーン、バーストゾーン、ボラード病は特に読んでて心地よく心に死を許してくれる。他はもうパターン化しちゃってて追うのをやめた
shhazm吉村萬壱さんとのトークイベント「人類堆肥化計画」ついに予約ページ開設! https://t.co/6W43xMwGl1
yoshimuramanman東千茅(あづま・ちがや)氏と過激な対談をします! 8/17(土)19:00~20:30「人類堆肥化計画-悦ばしい腐敗、土になりうる人間」吉村萬壱×東千茅参加費:1500円定 員:20名様場 所:blackbir… https://t.co/faZ0Hux0gq
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉村萬壱さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)