トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 青山七恵

青山七恵

青山七恵さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

青山 七恵(あおやま ななえ、1983年1月20日 - )は、日本の小説家。埼玉県大里郡妻沼町(現・熊谷市)出身。筑波大学図書館情報専門学群卒業。2007年、「ひとり日和」で第136回芥川龍之介賞受賞。
埼玉県大里郡妻沼町(現熊谷市)に生まれる。小学生の頃にはアガサ・クリスティーの作品を読んでいた。中学生の頃には川端康成や吉本ばななの作品を読んでおり、また、図書館司書になることを目指すようになる。2001年3月、同校卒業。東京都新宿区の旅行会社に入社。
同年、大学在学中に書いた「窓の灯」で第42回文藝賞受賞。2007年、「ひとり日和」で第136回芥川龍之介賞受賞(受賞時年齢23歳11か月)。2009年、短編「かけら」で、第35回川端康成文学賞受賞(歴代最年少での受賞)。2012年から、群像新人文学賞選考委員を務めている。

受賞歴

青山七恵関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

青山七恵関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

boobookwords世界には外も中もないのよ。この世は一つしかないでしょ。(『ひとり日和』青山七恵p162)
je_te_veux_でも、別れはちゃんとやって着た。あらかじめ用意してあったみたいに、有無を言わせずやって来て、僕の生活の隅々に影を落とし、しかし去るときはやって来たほどのインパクトもなく、地味に消えていった。/青山七恵(欅の部屋)
y_Novel_bot「冬の夕焼けのほうがきれいだよ。空にいろんな色が混ざっててさ、なんか苦しくなる」「なんで苦しくなるの」「わかんない。でもなんか、かなしい訳がありそうで」(魔法使いクラブ/青山七恵)
dj_asai今週の #モーニングストーリー は、青山七恵「繭」。美容院を経営し、家計を支える一方で、優しい夫に対する自らのDVを止められない主人公。同じマンションに住む女性と親しくなるが、彼女もまた恋人との歪な関係に苦しんでいた。過激な展開で… https://t.co/c8XnPBjgDP
hit4boy青山七恵『ひとり日和』芥川賞受賞作です。誰かと一緒でも常に孤独を感じざるを得ない20歳の女性を描いています。彼女は、関わりのある人のつまらないものを盗む癖があります。盗癖は彼女の孤独を癒す行為であり、盗品はその人との絆なのでしょう。 https://t.co/envjC6Gbne
tyou1209青山七恵『すみれ』読了。人の弱さとその愛おしさの描き方が抜群でした。次は車谷長吉『贋世捨人』を読む。これはめちゃくちゃ暗い話だろーなー(大好物ですが) https://t.co/UJ1qrDBnTJ
naox_toku【#購入本覚え】20190317(2)『漱石俳句集』坪内稔典編 岩波文庫『繭』青山七恵 新潮文庫『本を読むということ 自分が変わる読書術』永江朗 河出文庫『真説県民大図鑑』「ニッポンジャーナル」編集部編・堀五朗訳 扶桑社文庫
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
青山七恵さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)