トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 青山七恵

青山七恵

青山七恵さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

青山 七恵(あおやま ななえ、1983年1月20日 - )は、日本の小説家。埼玉県大里郡妻沼町(現・熊谷市)出身。筑波大学図書館情報専門学群卒業。2007年、「ひとり日和」で第136回芥川龍之介賞受賞。
埼玉県大里郡妻沼町(現熊谷市)に生まれる。小学生の頃にはアガサ・クリスティーの作品を読んでいた。中学生の頃には川端康成や吉本ばななの作品を読んでおり、また、図書館司書になることを目指すようになる。2001年3月、同校卒業。東京都新宿区の旅行会社に入社。
同年、大学在学中に書いた「窓の灯」で第42回文藝賞受賞。2007年、「ひとり日和」で第136回芥川龍之介賞受賞(受賞時年齢23歳11か月)。2009年、短編「かけら」で、第35回川端康成文学賞受賞(歴代最年少での受賞)。2012年から、群像新人文学賞選考委員を務めている。

青山七恵新刊

  • 発売日
    2019年10月4日
  • 書名
    私の家

受賞歴

青山七恵関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

青山七恵関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

boobookwords手に入れては投げ出し、投げ出され、投げ出したいものはいつまでも一掃できず、そんなことばっかりで人生が出来ている。(『ひとり日和』青山七恵p128)
ds_5_bot【タ】2007年に第136回芥川賞を受賞した青山七恵の小説は『○○○日和』?→ひとり
hnj_er@reading_stars しちゃいましたね☺️笑わっ、風太さんだ
kokoro116南向きの大きな窓からは初夏の午後の光がふんだんに差しこんでいる。わたしが去ったあと、季子はこの白く蒸した部屋に再び一人になって、恋人が拾い集めた音を聴き最後に数秒その名前を眺めるためだけに、あの退屈な番組を見つづけるつもりなんだろうか?(青山七恵『繭』)
hit4boy青山七恵『かけら』「綿棒のようなシルエットの父がわたしに手を振って、一日が始まった。」。本作品集はこの一文から始まります。収録三作品とも日常にありふれた物語。だからこそ、日常の中の大切なものを見つけ出す瞬間に心を揺さぶられるのです。https://t.co/33AYMU61xe
sub_bibliomania青山七恵『ひとり日和』読了。知寿と吟子さんの何とも言えない距離感が、読んでいてむず痒さを覚えた。収録されている二作の、何と無く流されている主人公がその流れにけりをつけようともがく姿に、思わず自分を重ねていたことに気づいた。
haru11trunk移動が長かったので今日は本を三冊読了。帰省に因んで、テーマは家族。・繭/青山七恵・カラマーゾフの兄弟3/ドストエフスキー・秋山善吉工務店/中山七里#読書#読書好きと繋がりたい https://t.co/zhs9CHoEn5
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
青山七恵さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)