トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 青山七恵

青山七恵

青山七恵さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

青山 七恵(あおやま ななえ、1983年1月20日 - )は、日本の小説家。埼玉県大里郡妻沼町(現・熊谷市)出身。筑波大学図書館情報専門学群卒業。2007年、「ひとり日和」で第136回芥川龍之介賞受賞。
埼玉県大里郡妻沼町(現熊谷市)に生まれる。小学生の頃にはアガサ・クリスティーの作品を読んでいた。中学生の頃には川端康成や吉本ばななの作品を読んでおり、また、図書館司書になることを目指すようになる。2001年3月、同校卒業。東京都新宿区の旅行会社に入社。
同年、大学在学中に書いた「窓の灯」で第42回文藝賞受賞。2007年、「ひとり日和」で第136回芥川龍之介賞受賞(受賞時年齢23歳11か月)。2009年、短編「かけら」で、第35回川端康成文学賞受賞(歴代最年少での受賞)。2012年から、群像新人文学賞選考委員を務めている。

青山七恵新刊

  • 発売日
    2020年4月7日
  • 書名
    ハッチとマーロウ (小学館文庫)
  • 発売日
    2020年3月27日
  • 書名
    ユリイカ 2020年4月号 特集=グザヴィエ・ドラン ―『マイ・マザー』『わたしはロランス』『Mommy/マミー』『たかが世界の終わり』から『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』まで…若き俊英のすべて―

受賞歴

青山七恵関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.3.28 作家の読書道 第216回:青山七恵さん

    大学在学中に書いて応募した『窓の灯』で文藝賞を受賞してデビュー、その2年後には『ひとり日和』で芥川賞を受賞。その後「かけら」で川端康成賞を受賞し、短篇から長篇までさまざまな作品を発表している青山七恵さん。衝撃を受けた作品、好きな作家について丁寧に語ってくださいました。

  • 2019.10.23 【今週はこれを読め! エンタメ編】家族それぞれの家の記憶〜青山七恵『私の家』

    「魔法の言葉」と聞いて、みなさんはどういうものを思いつかれるだろう? 「ありがとう」や「信じれば夢は叶う」といった万人の心に訴えるものを思い浮かべる方もいれば、スピッツの名曲「魔法のコトバ」を口ずさむ方もいるだろう。あるいは「やればできる」という「魔法の合いことば」を思い出す高校野球ファンもいるのでは(ヒント:「済美高校 校歌」で検索なさってみてください)。しかし、私が考える「魔法の言葉」は、「よそはよそ、うちはうち」である。このひと言で、いったいどれほどの子どもたちの訴えが却下されてきたことだろうか。

  • 2017.11.1 【今週はこれを読め! エンタメ編】いっぷう変わったお仕事小説〜青山七恵『踊る星座』

    例えば女優という肩書きだけでもすごいのにモナコの国王に見初められて王妃にまでなったグレース・ケリーレベルまでいかずとも、一般人の人生も十分さまざまな事件にあふれている。

青山七恵関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

gunzo_henshubu青山七恵さんの新連載小説「はぐれんぼう」が始まりました!7年前からあさりクリーニングで働く優子は、仕上がり日から1ヶ月経っても持ち主が引き取りに来ない”はぐれんぼちゃん”達を家で預かることになるがーー。#群像8月号 https://t.co/CDiAXIxNvx
hit4boy青山七恵『ひとり日和』芥川賞受賞作です。誰かと一緒でも常に孤独を感じざるを得ない20歳の女性を描いています。彼女は、関わりのある人のつまらないものを盗む癖があります。盗癖は彼女の孤独を癒す行為であり、盗品はその人との絆なのでしょう。 https://t.co/envjC6Gbne
caseis1と言う直下の評も、実は男目線からのものなのだが。あ〜もどかしい。誰か、青山七恵調に女の立場から女目線でカエラを評して〜⁈
mina_bookworm踊る星座青山七恵さんダンス用品会社のセールスレディが疲労とアクシデントにまみれながら駆け抜ける。会社の休憩中に愚痴や身の上話を聞いているような作品でした。ハチャメチャな人達の話にくすりと笑ってしまう。#読了
Kawade_bungei本日発売! #文藝秋季号特集1覚醒するシスターフッド【エッセイ】青山七恵「井戸水の音」”六歳のとき私がはじめて完成させた絵本は、家出したうさぎ(二本足で立ちスカートを穿き頭にリボンを結んだうさぎ)が主人公の女の子のもとを訪れ… https://t.co/6rVlircjxm
kokoro116南向きの大きな窓からは初夏の午後の光がふんだんに差しこんでいる。わたしが去ったあと、季子はこの白く蒸した部屋に再び一人になって、恋人が拾い集めた音を聴き最後に数秒その名前を眺めるためだけに、あの退屈な番組を見つづけるつもりなんだろうか?(青山七恵『繭』)
PoohMaple光村図書出版『ベスト・エッセイ2020』2020/8/5発売 https://t.co/G9FpyL12kJ77篇のエッセイ。青山七恵さん、朝井まかてさん、最相葉月さん、@tawara_machi 俵万智さん、辻村深月さん… https://t.co/ev8pOiAGDy
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
青山七恵さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)