トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 青山七恵

青山七恵

青山七恵さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

青山 七恵(あおやま ななえ、1983年1月20日 - )は、日本の小説家。埼玉県大里郡妻沼町(現・熊谷市)出身。筑波大学図書館情報専門学群卒業。2007年、「ひとり日和」で第136回芥川龍之介賞受賞。
埼玉県大里郡妻沼町(現熊谷市)に生まれる。小学生の頃にはアガサ・クリスティーの作品を読んでいた。中学生の頃には川端康成や吉本ばななの作品を読んでおり、また、図書館司書になることを目指すようになる。2001年3月、同校卒業。東京都新宿区の旅行会社に入社。
同年、大学在学中に書いた「窓の灯」で第42回文藝賞受賞。2007年、「ひとり日和」で第136回芥川龍之介賞受賞(受賞時年齢23歳11か月)。2009年、短編「かけら」で、第35回川端康成文学賞受賞(歴代最年少での受賞)。2012年から、群像新人文学賞選考委員を務めている。

青山七恵新刊

  • 発売日
    2018年8月1日
  • 書名
    繭(新潮文庫)
  • 発売日
    2018年7月28日
  • 書名
    繭 (新潮文庫)

受賞歴

青山七恵関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

青山七恵関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

botquiz二十歳(はたち)の女性フリーター・知寿(ちず)の自立を描いた、青山七恵(あおやまななえ)の第136回芥川賞受賞作の題名は何でしょう?/【『ひとり日和』】
Dr_hicky#私的メモ「移動」と「私」をめぐる、芥川賞作家10のエチュードI 起源/日本/越境笙野頼子多和田葉子II 不安/性/家族青山七恵古井由吉小山田浩子 Ⅲ 日常/時代/労働藤原智美 鉄道の… https://t.co/1Tr2zM0RlP
rough_kindle「繭」青山七恵 (著) 同じマンションの住人と知り、二人は交流を重ねるが、希子は舞の夫のある秘密を抱え、舞に近づいていた。白壁の棲家で紡がれる歪(いびつ)な愛の支配にもがきながら、やがて渾然一体と追い詰められる女たち。 https://t.co/IJiIFI5zsm
boobookwords世界には外も中もないのよ。この世は一つしかないでしょ。(『ひとり日和』青山七恵p162)
y_Novel_bot「青い車のせいであれはだいなしになったの。だからこの際、青にしたの。青のほうが真剣な感じがするでしょ。お願いごとするなら、黄色とかピンクは浮かれすぎ」言っていると、なんだかそれもほんとうらしく聞こえてくる。(魔法使いクラブ/青山七恵)
proust_rikkyoいよいよ明日14:00から、青山七恵さんをお迎えして、第9回セミナー開催です!画像を拡大してごらんください。特製しおり裏のセリフを読んで、場面がわかるかたは予習バッチリですね。 https://t.co/v63NBCbFWO
akutagawa_syou20歳の知寿が居候することになったのは、71歳の吟子さんの家。奇妙な同居生活の中、知寿はキオスクで働き、恋をし、吟子さんの恋にあてられ、成長していく。芥川賞受賞作『ひとり日和』青山七恵
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
青山七恵さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)