トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 青山七恵

青山七恵

青山七恵さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

青山 七恵(あおやま ななえ、1983年1月20日 - )は、日本の小説家。埼玉県大里郡妻沼町(現・熊谷市)出身。筑波大学図書館情報専門学群卒業。2007年、「ひとり日和」で第136回芥川龍之介賞受賞。
埼玉県大里郡妻沼町(現熊谷市)に生まれる。小学生の頃にはアガサ・クリスティーの作品を読んでいた。中学生の頃には川端康成や吉本ばななの作品を読んでおり、また、図書館司書になることを目指すようになる。2001年3月、同校卒業。東京都新宿区の旅行会社に入社。
同年、大学在学中に書いた「窓の灯」で第42回文藝賞受賞。2007年、「ひとり日和」で第136回芥川龍之介賞受賞(受賞時年齢23歳11か月)。2009年、短編「かけら」で、第35回川端康成文学賞受賞(歴代最年少での受賞)。2012年から、群像新人文学賞選考委員を務めている。

青山七恵新刊

  • 発売日
    2017年10月5日
  • 書名
    踊る星座
  • 発売日
    2017年5月28日
  • 書名
    ハッチとマーロウ
  • 発売日
    2017年5月23日
  • 書名
    ハッチとマーロウ

受賞歴

青山七恵関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

青山七恵関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

y_Novel_bot「冬の夕焼けのほうがきれいだよ。空にいろんな色が混ざっててさ、なんか苦しくなる」「なんで苦しくなるの」「わかんない。でもなんか、かなしい訳がありそうで」(魔法使いクラブ/青山七恵)
boobookwords頭の緊張がふっとゆるんだ気がして、そのゆるくなったところが飛び出したりへこんだり絶えず動いている感じがして、それは落ち着かないけれど、決して深いな感じではなくて、彼から連絡が来るたびに起こる変化だった。(『お別れの音』青山七恵p76)
wiz3colors【文系】第136回芥川賞受賞作、「ひとり日和」の著者は誰?A. 青山七恵
AwardAuthor20歳の知寿が居候することになったのは、71歳の吟子さんの家。奇妙な同居生活の中、知寿はキオスクで働き、恋をし、吟子さんの恋にあてられ、成長していく。芥川賞受賞作『ひとり日和』青山七恵
life_effe_bot22009年に川端康成文学賞を史上最年少で受賞しました 【青山七恵】 A:あおやまななえ
hit4boy青山七恵『ひとり日和』芥川賞受賞作です。誰かと一緒でも常に孤独を感じざるを得ない20歳の女性を描いています。彼女は、関わりのある人のつまらないものを盗む癖があります。盗癖は彼女の孤独を癒す行為であり、盗品はその人との絆なのでしょう。 https://t.co/envjC6Gbne
kokoro116南向きの大きな窓からは初夏の午後の光がふんだんに差しこんでいる。わたしが去ったあと、季子はこの白く蒸した部屋に再び一人になって、恋人が拾い集めた音を聴き最後に数秒その名前を眺めるためだけに、あの退屈な番組を見つづけるつもりなんだろうか?(青山七恵『繭』)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
青山七恵さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)