トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 青山七恵

青山七恵

青山七恵さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

青山 七恵(あおやま ななえ、1983年1月20日 - )は、日本の小説家。埼玉県大里郡妻沼町(現・熊谷市)出身。筑波大学図書館情報専門学群卒業。2007年、「ひとり日和」で第136回芥川龍之介賞受賞。
埼玉県大里郡妻沼町(現熊谷市)に生まれる。小学生の頃にはアガサ・クリスティーの作品を読んでいた。中学生の頃には川端康成や吉本ばななの作品を読んでおり、また、図書館司書になることを目指すようになる。2001年3月、同校卒業。東京都新宿区の旅行会社に入社。
同年、大学在学中に書いた「窓の灯」で第42回文藝賞受賞。2007年、「ひとり日和」で第136回芥川龍之介賞受賞(受賞時年齢23歳11か月)。2009年、短編「かけら」で、第35回川端康成文学賞受賞(歴代最年少での受賞)。2012年から、群像新人文学賞選考委員を務めている。

青山七恵新刊

  • 発売日
    2018年8月1日
  • 書名
    繭(新潮文庫)
  • 発売日
    2018年7月28日
  • 書名
    繭 (新潮文庫)
  • 発売日
    2018年7月13日
  • 書名
    ブルーハワイ

受賞歴

青山七恵関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

青山七恵関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

y_Novel_bot「青い車のせいであれはだいなしになったの。だからこの際、青にしたの。青のほうが真剣な感じがするでしょ。お願いごとするなら、黄色とかピンクは浮かれすぎ」言っていると、なんだかそれもほんとうらしく聞こえてくる。(魔法使いクラブ/青山七恵)
underthesea_u風/青山七恵★★★☆☆4編の短編集。同期の女2人の入社後15年間に渡る友情の話が良かった。表紙のイメージと違って思ったよりどれも不安定で意外と圧が強い話が多く楽しめたが、物足りなさあり、長編で読みたさあり。#海ちゃんの読書記録 https://t.co/HyCrSu7uwy
sun8now【ひとり日和】 青山 七恵  20歳の知寿が居候することになったのは、71歳の吟子さんの家。奇妙な同居生活の中、知寿はキオスクで働き、恋をし、吟子さんの恋にあてられ、成長していく。 ⇒ https://t.co/udC7Fh46Lu
ivnoya069:青山七恵『かけら』。川端康成文学賞だっけ? 芥川賞の時も思ったけどこの方の文章、違和感なく馴染むのが早い。文章の好き嫌いって少なかれ自分の異物だから感情を動かすと思うんですが、この人のはあまりに私の中にあったものを写し書い… https://t.co/aEo9UAzlG6
je_te_veux_でも、別れはちゃんとやって着た。あらかじめ用意してあったみたいに、有無を言わせずやって来て、僕の生活の隅々に影を落とし、しかし去るときはやって来たほどのインパクトもなく、地味に消えていった。/青山七恵(欅の部屋)
boobookwords幸せという言葉が表すものの中にはその幸せに集中できる幸せというのも、ふくまれている。(『わたしの彼氏』青山七恵p69)
_robinson__喫茶店で青山七恵の小説(前にツイートしたやつ)を読んでいていたらまたブラーがつぎは「ユー・アー・ソー・グレイト」の文字とともに出てきて胸アツ(主人公がグレアムファン)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
青山七恵さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)