トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 青山七恵 > ひとり日和

ひとり日和(青山七恵)

ひとり日和(著者:青山七恵)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ひとり日和
  • 著者:青山 七恵
  • ページ数:169
  • 出版社:河出書房新社
  • ISBN-10:4309018084
  • ISBN-13:9784309018089

ひとり日和関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

青山七恵のその他受賞歴(候補含む)

ひとり日和関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

raisen_bot_qmaNo.48 次の芥川賞受賞者と受賞作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒青山七恵―ひとり日和、綿矢りさ―蹴りたい背、中川上未映子―乳と卵
aMwWPITrTunYTC6TLを拝見していると青山七恵の名前が流れてきた。『ひとり日和』を読んだ時、なんて上手いんだとびっくりした記憶があります。芥川賞受賞作です。クスクスと笑える小説です。あの時、三浦 しをんはげらげら笑える、青山七恵はくすくす笑えるって… https://t.co/UobJ3Z9sPU
kei_t52ひとり日和/青山七恵。埼玉の奥のあたりに住む二十歳の知寿が東京の遠い親戚の吟子おばさん71歳宅に居候する一年の話。吟子さんに対する意地の悪い感情や少し甘えたような気持ち、恋人と出会ってふられるところ、などの細かい感情の揺れ具合を一… https://t.co/g48XoQdrpT
an_na42616【ひとり日和 (河出文庫)/青山七恵】を読んだ本に追加 → https://t.co/Tx89Vkx8Ar #bookmeter
akutagawa_syou20歳の知寿が居候することになったのは、71歳の吟子さんの家。奇妙な同居生活の中、知寿はキオスクで働き、恋をし、吟子さんの恋にあてられ、成長していく。芥川賞受賞作『ひとり日和』青山七恵
nekonotesaemo「ひとり日和」も好き。青山七恵さんの未読の本を買いに行こうかなぁ。
boobookwords何も言わなくとも、もうだめなんだ、と相手に思わせるその表情や組織のとり方を、彼はどこで覚えたんんだろう。(『ひとり日和』青山七恵p118)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)