トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 青山七恵 > 窓の灯

窓の灯(青山七恵)

窓の灯(著者:青山七恵)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:窓の灯
  • 著者:青山 七恵
  • ページ数:119
  • 出版社:河出書房新社
  • ISBN-10:4309017371
  • ISBN-13:9784309017372

窓の灯関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.3.28 作家の読書道 第216回:青山七恵さん

    大学在学中に書いて応募した『窓の灯』で文藝賞を受賞してデビュー、その2年後には『ひとり日和』で芥川賞を受賞。その後「かけら」で川端康成賞を受賞し、短篇から長篇までさまざまな作品を発表している青山七恵さん。衝撃を受けた作品、好きな作家について丁寧に語ってくださいました。

  • 2007.3.15 著者インタビュー 青山七恵さん『ひとり日和』

    二十歳のフリーター、知寿は上京すると同時に遠縁にあたる女性の家に居候することに。その女性、吟子さんは71歳。ジェネレーションギャップのある二人だが、二人とも女性で、恋をしている。やがて、つかずはなれず、独特の関係を築いていく……。選考委員から圧倒的な支持を集めて第136回芥川賞を受賞した青山七恵さん。気になるその素顔は?

青山七恵のその他受賞歴(候補含む)

窓の灯関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Quouq1#読了窓の灯 青山七恵#河出文庫眠れぬ夜の散歩のうちに他人の家の窓の灯りの内を覗く、私。魅力的で多くの男を虜にする姉さんのもとで働くうちに、私も姉さんの虜になるが、胸の内には思慕とも憎しみともつかぬ感情がわだかまる。その時々の皮膚感覚がつぶさに書き込まれ緊張の糸を張る。
namyokyohanto1/30ブックオフ新宿駅西口店で、町田康『告白』、山田詠美『ファーストクラッシュ』、青山七恵『窓の灯』を購入した。
Kawade_shobo1月20日は作家 青山七恵さんのお誕生日。2005年『窓の灯』で文藝賞受賞しデビュー。07年 20歳の知寿と71歳の吟子さんとの同居生活を描いた『ひとり日和』で芥川賞、09年「かけら」で川端康成文学賞。『わたしの彼氏』『ハッチと… https://t.co/uXFMWlCwgl
HxPPq6RnSVBuTj3窓の灯 青山七恵(口紅の蓋を閉める。~ 姉さんは唇をすり合わせて、口の端を指先でぬぐった。)気品のある色香。窓の灯は自分の中を流す安心感を探しているように受けとめられた。自分を見つめる境遇時に陥りやすいように思う。その状態は陰湿… https://t.co/9CpFbt4LuL
yuritanyogini年末年始面白い本読んだ?私が面白かったのは自薦他薦含めて以下。青山七恵『窓の灯』『あかりの湖畔』『すみれ』他多数吉村昭『破獄』熊谷達也『邂逅の森』小川洋子『刺繍する少女』『貴婦人Aの蘇生』桜木紫乃『ブルース』山崎ナ… https://t.co/9mUV52wILm
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)