トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 青野聰

青野聰

青野聰さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

青野 聰(あおの そう、1943年7月27日 - )は、日本の小説家、元多摩美術大学教授。
東京都出身。文藝評論家青野季吉と松井松栄の三男として生まれる。季吉は妻みづほがいた。2歳で母を喪い、継母に育てられる。1960年青野家に入籍。1966年、早稲田大学第一文学部中退。ヨーロッパや北アフリカ諸国を放浪した後、1971年、「早稲田文学」誌上にてデビュー。
『母と子の契約』(『文藝』1978年11月号掲載)が1979年1月発表の第80回芥川龍之介賞の候補となり、新世代の作家として注目される。『愚者の夜』(『文學界』1979年6月号掲載)が同年7月発表の第81回芥川賞を受賞。
1984年『女からの声』で野間文芸新人賞、1988年『人間のいとなみ』で芸術選奨文部大臣賞、1992年『母よ』で読売文学賞受賞。
1991年、湾岸戦争への自衛隊派遣に抗議し、柄谷行人、中上健次、津島佑子、田中康夫らとともに『湾岸戦争に反対する文学者声明』を発表した。
文學界新人賞、三島由紀夫賞、平林たい子文学賞などの選考委員を務めた。1997年より2014年まで多摩美大教授。2008年、紫綬褒章受章。子供は男の子4人。長男、次男はそれぞれ違う母親である。

受賞歴

青野聰関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2007.4.1 インタビュー 作家「青野聰」

    青野聰は旅する文学者である。六○年代の半ばから世界をさまよい、旅を続ける人生の足どりを小説に書き続けてきた。『海亀に乗った闘牛師』は、アジアの奥地を舞台にした六年ぶりの長編小説になる。大学教授としてイギリスで一年間の研究生活を経て、インド東部をまわって日本へ帰るまでの間、ずっとその小説を抱えたまま旅をしていたという。

青野聰関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akutagawa_syou犀は Rhinocerotidae、そこでリノ。ジニーはオランダ。パリをはじめ、世界をまたに。主題は国際的な文化論と女と男の関係だろうか。3度読まないと掴めそうにない。芥川賞受賞作『愚者の夜』青野聰
hon_meigen_bot_かつてどれだけの男が、自由に生きただろう。半生とはいわず、もっと短い期間でも……。そういう問いには答えられなかった。(「白いプッシー」チャールズ・ブコウスキー/ 青野聰 訳)
kirikiri_jyukai青野聰「愚者の夜」は、本当に不思議な作品で、こんなまずい、素材を丸投げした作品を……と愚痴りながらも読んでしまった。話の筋は国際結婚で生じる隙間や対立で、まあ大した事はない。しかし、その色濃さはすごいよ。一番なのは安岡章太郎の批評。これが傑作。選評の誉。
lotushouseなんと今更ながら芥川賞作家の青野聰氏がかの青野季吉のご子息と知る#読書メモ https://t.co/o6BgFstem2
bs384ie57795#この河出文庫がすごい総選挙あれもこれもあって絞るのは難しいけど、奇を衒わずに(?)ストレートに心に残っているのを上げるとこれらかな。敢えて一冊にするなら、今日は青野聰『母と子の契約』。違う日なら違う結果かもしれないけど。 https://t.co/Fxelktc7B1
shogikudoバーにいた。もちろんだ。という書き出しでサマになるのは世界広し、といえどブコウスキーしかいない(冒頭の一文はチャールズ・ブコウスキー/青野聰 訳『ありきたりの狂気の物語』1995 新潮社「職業作家のご意見は?」より引用)
kostnice@KOIKEJUNKO 平成十年、新潮文庫 青野聰訳「町でいちばんの美女」でした。何かもっと文字の強調が酷いイメージがあったんだけど、思ってたよりマイルドだった(^。^)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
青野聰さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)