トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 米谷ふみ子

米谷ふみ子

米谷ふみ子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

米谷 ふみ子(こめたに ふみこ、1930年11月15日 - )は、日本出身の作家・画家。本名は富美子。ロサンゼルス近郊パシフィック・パリセイズに在住。
大阪市に生まれる。大阪女子大学(現在の大阪府立大学)国文科卒業。1957年、油絵を二科展に出品して関西女流美術賞を受ける。1960年に奨学金を受けて渡米。抽象画家としてアメリカ合衆国ニューハンプシャー州の芸術家村マクダウェル・コロニー(MacDowell Colony)に移住したとき、ジョシュ・グリーンフェルドと出会う。
ニューヨークでジョシュと結婚し、夫との間に二人の息子を持つ(長男のカール・タロウは現在文筆家)。
自閉症の次男ノアの子育てと画家活動が両立困難になったことから文筆活動に転じた。
1985年、「遠来の客」で文學界新人賞を、「宵越しの祭」で新潮新人賞を受賞。同年に二つの文学賞を同時受賞したのは史上唯一である。
1986年『過越しの祭』で芥川賞受賞。
反戦運動や反核運動に参加。

受賞歴

米谷ふみ子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

米谷ふみ子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

chii_oboeta_qma【芥川賞】吉行理恵:小さな貴婦人重兼芳子:やまあいの煙森禮子:モッキングバードのいる町村田喜代子:鍋の中高樹のぶ子:光抱く友よ米谷ふみ子:過越しの祭ちぃ覚えた
akutagawa_syouユダヤ系アメリカ人の作家と結婚した道子、2人の息子=15歳のジョンと13歳の脳障害のケン。13年ぶりのニューヨーク滞在。夫の一族再会と血族の聖なる儀式への彼女の憂鬱。自由を求めて渡米した道子の予期せぬ戦いを描く。芥川賞受賞作『過越しの祭』米谷ふみ子
QMA_Mys_Bot1[線結び]次の1980年代の芥川賞受賞者と受賞作品の正しい組み合わせを選びなさい → 高樹のぶ子―『光抱く友よ』、加藤幸子―『夢の壁』、米谷ふみ子―『過越しの祭』
manpokaycomix山田稔『こないだ』が届いた。最初の米谷ふみ子とのエピソードを読んだ。すでに最高なんですけど。予感を孕んだ語り口、とぼけたユーモア、対象となる人物との絶妙な距離感、山田稔のすべてが詰まった一編ではないかと。 https://t.co/NNhivlxmBy
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
米谷ふみ子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)