トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 辻仁成

辻仁成

辻仁成さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

辻 仁成(つじ ひとなり/つじ じんせい、1959年10月4日 - )は、日本の作家、ミュージシャン、映画監督、演出家。所属事務所はタイタン。「仁成」は、本名は「ひとなり」、作家活動では「ひとなり」、歌手・映画監督の場合は「じんせい」と読む。バンド『ZAMZA』での活動時は「Zinc White」もしくは単に「Zinc」と称する。童話作家の東君平の英子夫人と辻の母親が従姉妹同士。女優の南果歩と再婚、一児を授かるが、後に離婚。2002年に女優の中山美穂と3度目の結婚をしたが2014年7月8日に離婚が成立した。フランス・パリを拠点に創作活動を続けている。函館観光大使でもある。
東京都南多摩郡日野町(現日野市)に生まれる。少年期は父親の仕事の都合で福岡市、帯広市、函館市と各地を転々とした。北海道函館西高等学校卒業し、成城大学経済学部に進学するも中退。1985年にロックバンドの「ECHOES(エコーズ)」のボーカリストとしてデビューする。1991年、5月東京・日比谷野外音楽堂でのライブを最後に、10年に及ぶバンド活動にピリオドを打ちECHOES解散。その後、ソロ活動へ。
1989年、『ピアニシモ』で第13回すばる文学賞を受賞し作家デビュー。1991年、本格的に作家としての活動を始める。1994年、『母なる凪と父なる時化』で芥川賞候補、『ミラクル』が青少年読書感想文課題図書になる。1996年、『アンチノイズ』が三島由紀夫賞候補に。1997年、『海峡の光』で第116回芥川賞を受賞(柳美里『家族シネマ』と同時受賞)。同年に函館市栄誉賞受賞。
1999年、『白仏』の仏語翻訳版 ''Le Bouddha blanc''(仏語翻訳者:Corinne Atlan)でフランスの五大文学賞の一つであるフェミナ賞の外国小説賞を日本人として初めて受賞。『白仏』は祖父、今村豊をモデルとした作品。2003年、渡仏。拠点をフランスに置き、創作活動を続けている。2007年から9年間京都造形芸術大学芸術表現・アートプロデュース学科クリエイティブ・ライティングコース教授を務めた。2011年より塾長を務める人間塾開講。2013年9月1日木下グループ キノシタ・マネージメントのマルチメディア開発部 エグゼクティブプロデューサーに就任。
2009年3月23日にはHEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMPに新バンド、ZAMZA N'BANSHEE(現・ZAMZA)で出演し、約20年ぶりにテレビで『ZOO』を披露した。
2014年、前述した中山美穂との離婚の騒動を問題視され、当時所属していたレーベルから「ライブツアーの中止」を求められるも、それを不服として「自腹でのツアー」を決行。そのツアーに運営窓口として協力したタイタンに同年9月より正式に移籍した。
2016年10月21日、辻仁成が編集長を務めるウェブマガジン「[http://www.designstoriesinc.com デザインストーリーズ]」を立ち上げた。
2017年4月11日、日本経済大学の客員教授に就任した。
瀬戸内寂聴や江國香織、千住博、建築家の坂茂と交友が深い。

辻仁成新刊

  • 発売日
    2017年5月2日
  • 書名
    父 Mon Père

受賞歴

辻仁成関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2016.10.12 『5時に夢中!』で「久しぶりの天才」と大絶賛された小説『QJKJQ』に注目集まる!

    2016年10月6日(木)に放送された「5時に夢中!」(TOKYO MXほか)で、佐藤究による小説『QJKJQ』(著:佐藤究/2016年8月8日発売)が紹介され大きな話題となった。ネットでは「気になる!」「めっちゃ面白そう」「読みたいなー」と関心を示す声が多く、実際にAmazonの「本の人気度ランキング」(過去24時間で最も売上が伸びた商品)では6位になり、売れ筋ランキングでも、26,826位から356位にジャンプアップしている。(10月7日付け)

  • 2013.10.30 辻さんの「海峡の光」来春舞台化…大手町ホール

    来春開館する「よみうり大手町ホール」(東京・大手町)のオープニングシリーズの目玉公演として、辻仁成さんの芥川賞小説「海峡の光」が初舞台化されることが決まった。

  • 2011.5.25 作家の読書道 第114回:樋口毅宏さん

    2009年に『さらば雑司ヶ谷』でデビュー。スピード感あふれる展開、さまざまな映画や小説作品へのパスティーシュを盛り込んだ斬新な手法で読者を翻弄する樋口毅宏さん。最近では『民宿雪国』が山本周五郎賞の候補になるなど注目度が高まる彼は、どのような作品に触れながら小説家への道を辿ったのか。小説同様スピード感あふれるしゃべりっぷりをご想像しながらお楽しみください!

辻仁成関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hanasandaru@yoshiringochan そうなんですよね〜♪辻仁成さんが朝食をよく曲げわっぱに入れていらしゃったので、いいなぁって思ってずっと欲しかったのです。
jin_ha_hitonari帰るべき場所がない、広い、世界、また一人閉ざされた心の窓(辻仁成:オープンハウス)
Nana_bot_remind「たった一度の人生だから」という言葉よく口ずさむ。どう生きて、どう死ぬか、自分で決めて行くの、最高じゃない?人生の醍醐味?それを思えば多少疲れるくらい当然だよなって、自分に言い聞かせることができる。疲れてる時って、もしかしたら人生における成長期?(辻仁成)
Magupend淋しい動物なのさ、人間は。いずれアルも私たちのことを忘れてしまう。アルが一番最初の記憶をすでに思い出せないようにね。これはある意味仕方ないことだ。そうじゃないと人間は過去に支配されて未来を求めなくなってしまうからな。【ミラクル/辻仁成】 #Magupoid
gbneyw辻仁成さんはどんな人? 中山美穂との離婚で話題の人!ECHOESボーカル https://t.co/bQzth2qNTu #辻成仁 #中山美穂 #拡散希望
miracletapping4祈りとは拝むことではないように思うな。祈りとは、あるがままを受け入れ、それを呼吸のように吐き出すこと。世界にひたって、この人生に感謝することだと思う / by 辻仁成 #引き寄せ
happinesporter0辻仁成 中山美穂十斗(じゅうと)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
辻仁成さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)