トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 辻仁成 > 海峡の光

海峡の光(辻仁成)

海峡の光(著者:辻仁成)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:海峡の光 (新潮文庫)
  • 著者:辻 仁成
  • ページ数:167
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101361274
  • ISBN-13:9784101361277

辻仁成新刊

  • 発売日
    2018年10月6日
  • 書名
    人生の十か条 (中公新書ラクレ 634)
  • 発売日
    2018年7月20日
  • 書名
    日付変更線 上 (集英社文庫)
  • 発売日
    2018年7月20日
  • 書名
    日付変更線 下 (集英社文庫)

海峡の光関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

辻仁成のその他受賞歴(候補含む)

海峡の光関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

029mg辻仁成の海峡の光を読んだ身としてはなんともいえない広告
qmabungaku【グループ分け】次の小説を受賞した文学賞ごとにグループ分けしなさい[A.芥川賞|B.直木賞]〈妊娠カレンダー〉〈海峡の光〉〈下町ロケット〉→A・A・B(小川洋子・辻仁成・池井戸潤)
akutagawa_syou廃航せまる青函連絡船の客室係を辞め、函館で刑務所看守の職を得た私の前に、あいつは現れた。少年の日、優等生の仮面の下で、残酷に私を苦しめ続けたあいつが。傷害罪で銀行員の将来を棒にふった受刑者となって。そして今、監視する私と監視されるあいつは…。芥川賞受賞作『海峡の光』辻仁成
chii_oboeta_qma第23回を異邦人:辻亮一第103回を村の名前:辻原登第116回を海峡の光:辻仁成ちぃ覚えた
bambam_QQ海峡の光 辻仁成海と共に生きてきた的な話を見聞する度すんごく羨ましい。その感覚分かりたい。函館はなんだか好きで、函館文学まとめて読みたいしまた旅行したい。内と外、光と闇の対比が気になるけど函館の土地の性格を知らないとちゃんとわからないんだと思う#ばむばむ芥川賞受賞作よむよむ
nonpane_bot_new【文系】第23回芥川賞を小説『異邦人』で受賞→辻亮一/第103回芥川賞を小説『村の名前』で受賞→辻原登/第116回芥川賞を小説『海峡の光』で受賞→辻仁成(3つとも独立問題だが同パネル)
bunpane_bot第116回芥川賞を小説「海峡の光」で受賞した作家は? → 辻仁成
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)