トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 室井光広

室井光広

室井光広さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

室井 光広(むろい みつひろ、1955年1月7日 - )は、日本の小説家、文芸評論家。
福島県出身。福島県立会津高等学校、慶應義塾大学文学部卒業。駿台予備学校英語科講師。1988年「零の力 J.L.ボルヘスをめぐる断章」で第31回群像新人文学賞評論部門当選。1994年、「おどるでく」で第111回芥川龍之介賞受賞。2006年東海大学文学部助教授、07年准教授。2012年退職。文学塾てんでんこ主宰。
=
*『猫又拾遺』(1994年4月、立風書房)
**「猫又拾遺」
**「あんにゃ」
**「かなしがりや」
*『おどるでく』(1994年7月、講談社)
**「おどるでく」(『群像』1994年4月号)
**「大字哀野」(『群像』1994年8月号)
*『そして考』(1994年9月、文藝春秋)
**「そして考」
**「ヴゼット石」
*『あとは野となれ』(1997年8月、講談社)
**「あとは野となれ」(『群像』1997年4月号)
*単行本未収録作品
**「ナワの回転」(『群像』2003年1月号)

受賞歴

室井光広関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

室井光広関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akutagawa_syou大学ノート七冊分の日記を見つけたのは去年の6月の終り、帰省先の生家の二階の隅でだった。日記は、日本語の内容がロシア文字で表音化されていた。ロシア字日記の“翻訳”から炙りだされる「おどるでく」の正体とは?忘却されたものたちの声なき声を描く作品。芥川賞受賞作『おどるでく』室井光広
zing_eonetjp(27)「芥川賞をぜんぶ読む」平成版 4コマ漫画1994年芥川賞:(上期)笙野頼子『タイムスリップ・コンビナート』、室井光広『おどるでく』(下期)なし https://t.co/ARcvSomIzR https://t.co/Xcp6pKbs0B
kossetsu連載「芥川賞をぜんぶ読む」更新しました! 今回は1994年にタイムスリップ(?)。笙野頼子『タイムスリップ・コンビナート』と、室井光広『おどるでく』。https://t.co/lwTv6XQvuI
book_tsukatsu久しぶりにブックオフで大量に買いました。だいたい108〜300円くらい。まあまあ子粒ぞろいという感じ。「鮫」はアマゾンで1000円超えるけどよく108円で落ちてるの見ますね。室井光広と文月悠光は200円でしたね。これが1番の当たり… https://t.co/V7jyMZ6G4E
Mesozoic_arbour #しししし vol.1宮沢賢治特集、遅ればせながらしみじみ。世界文学を絡めた室井光広さんの随想と「黄いろのトマト」コミカライズと、あと「フランドン農学校の豚」の読書会録が特に良かった。昔も今も各々が各々の生きづらさを抱えてる。本当の幸いは一体何だろう
ifFM7g3CpbwxipMゴットハルト鉄道/多和田葉子/講談社文庫(室井光広)壁を、皮膚の暖かさをもつ皺のイメージにも重なる襞に変異させるような術だ。 https://t.co/HTmLFWnAVQ
kinokuniyanewドン・キホーテ讃歌 世界文学練習帖 (室井光広) の、紀伊國屋電子書籍版が予約開始されました。土曜配信。https://t.co/eEf57FT9cP
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
室井光広さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)