トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 金原ひとみ

金原ひとみ

金原ひとみさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

金原 ひとみ(かねはら ひとみ、1983年8月8日 - )は、日本の小説家。。
東京都出身。
父は児童文学研究家・翻訳家・法政大学社会学部教授の金原瑞人。
文化学院高等課程中退。小学校4年生のとき不登校になり、中学、高校にはほとんど通っていない。小学6年のとき、父親の留学に伴い、1年間サンフランシスコに暮らす。
小説を書き始めたのは12歳の時。15歳のころリストカットを繰り返す。中学3年生の時、父が法政大学で開いていたゼミに、「めいっ子の高校生」として参加。20歳の時、周囲の勧めを受けてすばる文学賞に応募した。
2003年、「蛇にピアス」で第27回すばる文学賞を受賞。
2004年、同作で第130回芥川賞を綿矢りさと共に受賞。翌年に集英社の担当編集者と結婚。
2007年、アニメ映画「カフカ 田舎医者」で映画初出演。第1子(長女)を出産。
2010年、短編「夏旅」で川端康成文学賞最終候補。小説「トリップ・トラップ」で第27回織田作之助賞を受賞。
2011年、放射能汚染を心配して東京から父親の実家である岡山に移住して次女を出産した。その後フランスへ移り住む。
2012年4月11日、NHKのトーク番組「スタジオパークからこんにちは」にゲスト出演。生放送への出演は自身初。
2012年、「マザーズ」で第22回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞(選考委員:高樹のぶ子)。
*2018年、日本に帰国。

金原ひとみ新刊

  • 発売日
    2019年5月24日
  • 書名
    アタラクシア

受賞歴

金原ひとみ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

金原ひとみ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kaia1os61沈んでて誰とも口きけないとき金原ひとみの文章読むと息できる
hirari_ktnhピアスを入れた瞬間、私と私の中にいた一人の私が分離して、その一人は鏡の中へ潜り込み、そして私は鏡の中の私と絶縁して、結局また一人の私が欠けた一人の私になった。『憂欝たち/金原ひとみ』
bibanamida8吉田修一さんの「怒り」「犯罪小説集」とか面白そう。金原ひとみさんもかなり面白いけど読後感がすごいんですよね。やったことないけど薬やった後ってこんな感じかな?というくらいのトリップ感。
SPUR_magazineSPUR10月号で取材、寄稿、協力をいただいた皆様をご紹介します。(敬称略)フモフモ編集長(@fumofumocolumn)、吉沢亮(@ryo_staff)、磯智明、金原ひとみ、杏、山崎まどか(@romanticaugogo)、… https://t.co/B57sUQ8hAI
piece_b0tこの世に産み落とされて間のない子どもが母親の泣き声で起きるなんて、これ以上ない悲劇だ。by『葵』金原ひとみ
mfmfbooks[蛇にピアス/金原ひとみ] スプリットタンやタトゥー、ボディピアスといった単語が飛び交う、中々に好きな世界観であり、共感してしまう部分もあり。自分はここまで病んでないしクズでもないと思いながらも、既にアングラワールドに惹かれてるのかも。実に悔しい。
ko10ba「夢を食べられなくなったから、食べ物くらい美味しいもの食べてもいいじゃないかっていう気になるんだよ、大人は」『マザーズ』金原ひとみ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
金原ひとみさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)