トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 金原ひとみ

金原ひとみ

金原ひとみさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

金原ひとみ(かねはら ひとみ、1983年8月8日 - )は、日本の小説家。
東京都出身。
父は児童文学研究家・翻訳家・法政大学社会学部教授の金原瑞人。
文化学院高等課程中退。小学校4年生のとき不登校になり、中学、高校にはほとんど通っていない。小学6年のとき、父親の留学に伴い、1年間サンフランシスコに暮らす。
小説を書き始めたのは12歳の時。15歳のころリストカットを繰り返す。中学3年生の時、父が法政大学で開いていたゼミに、「めいっ子の高校生」として参加。20歳の時、周囲の勧めを受けてすばる文学賞に応募した。
2003年、『蛇にピアス』で第27回すばる文学賞を受賞。
2004年、同作で第130回芥川賞を綿矢りさと共に受賞。翌年に集英社の担当編集者と結婚。
2007年、アニメ映画『カフカ 田舎医者』で映画初出演。第1子(長女)を出産。
2010年、短編「夏旅」で川端康成文学賞最終候補。小説『トリップ・トラップ』で第27回織田作之助賞を受賞。
2011年、東日本大震災に伴って発生した原発事故による放射能汚染を心配して東京から父親の実家である岡山に移住して次女を出産した。その後フランスへ移り住む。
2012年4月11日、NHKのトーク番組『スタジオパークからこんにちは』にゲスト出演。生放送への出演は自身初。
2012年、『マザーズ』で第22回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞(選考委員:高樹のぶ子)。
2018年、日本に帰国。
2020年、『アタラクシア』で第5回渡辺淳一文学賞を受賞。

金原ひとみ新刊

  • 発売日
    2020年4月23日
  • 書名
    パリの砂漠、東京の蜃気楼

受賞歴

金原ひとみ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

金原ひとみ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Santalum_m金原ひとみ、2003年の『蛇にピアス』や2009年の『憂鬱たち』では人物の外見、美醜の描写が躊躇いなくバシバシ出てくるけど2015年の『持たざる者』ではそれがほとんどなくて、どこかの時点で、あるいはこの作品では意図的に書かないこと… https://t.co/SZ9YT8T1o7
jurys_blue_Q金原瑞人/文学研究家。赤木かん子と共に海外ヤングアダルト小説を翻訳し普及に大きく貢献した他、法政大学で開いた小説創作ゼミで古橋秀之、秋山瑞人、志瑞祐などのラノベ作家を輩出したことで有名。特に秋山瑞人のペンネームは彼に由来している。… https://t.co/ueyLylrEB3
book_love_bot私のために男を殴り続けた男と、私に強い殺意を持った男。どちらかが、いつか私を殺す事はあるのだろうか。蛇にピアス 金原ひとみ
booktitle_bot『蛇にピアス』金原ひとみ
KamisinOkkk2003年は芥川賞の綿矢りさと金原ひとみがよく話題に上がるけれど、直木賞も京極夏彦と江國香織とかなり豪華で、この四人が壇上に並んでいるのはかなり壮観だったろうな、と思う
forever_21_inc上陸記念としてオープン前日にはプレオープンイベントが開かれ、冨永愛らファッションモデルが登場したほか、歌手のBENIもオリジナルソング「FOREVER 21」を制作、作家の金原ひとみが「フォーエバー21」という名のWEB小説をオンライン連載するなどコラボレーション企画も行われた。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
金原ひとみさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)