トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 藤沢周

藤沢周

藤沢周さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

藤沢 周(ふじさわしゅう、1959年1月10日 - )は日本の小説家、法政大学教授。
新潟県西蒲原郡内野町(現・新潟市西区)出身。新潟明訓高等学校、法政大学文学部卒業。書評誌『図書新聞』編集者などを経て1993年『ゾーンを左に曲がれ』(『死亡遊戯』と改題)でデビュー。1998年『ブエノスアイレス午前零時』で第 119 回芥川賞受賞。日本文学協会に所属する研究者。2004年より母校・法政大学経済学部の教授に就任し、「文章表現」「日本文化論」などを講じている。直木賞作家の藤沢周平とは、名前は似ているが無関係で、藤沢周平がペンネームであるのに対し、藤沢周は本名である。
*『死亡遊戯』(1994、河出書房新社)のち文庫
*『SATORI』(1995、河出書房新社)のち文庫
*『刺青』(1996、河出書房新社)のち文庫
*『ソロ』(1996、講談社)のち文庫
*『サイゴン・ピックアップ』(1997、河出書房新社)のち文庫
*『境界』(1998、講談社)
*『ブエノスアイレス午前零時』(1998、河出書房新社)のち文庫
*『スミス海感傷』(1998、集英社)のち文庫
*『陽炎の。』(1998、文藝春秋)のち文庫
*『スモーク・オン・ザ・ナイフ』(1999、河出書房新社)
*『マダム・グレコ』(1999、河出書房新社)
*『礫』(1999、講談社)
*『鎌倉古都だより』(2000、新潟日報事業社)
*『オレンジ・アンド・タール』(2000、朝日新聞社)のち光文社文庫 
*『愛人』(2000、集英社)のち文庫
*『奇蹟のようなこと』(2000、幻冬舎)のち文庫 
*『さだめ』(2000、河出書房新社)のち文庫
*『黒曜堂』(2000、マガジンハウス)
*『藪の中で…』(2001、徳間書店)のち文庫
*『紫の領分』(2001、講談社)のち文庫
*『雨月』(2002、光文社)のち文庫
*『ダローガ』(2003、新潟日報事業社)「雪闇」と改題、河出文庫
*『箱崎ジャンクション』(文藝春秋、2003)のち文庫
*『焦痕』(集英社、2005)
*『第二列の男』(作品社、2005)
*『幻夢』(文藝春秋、2007)
*『心中抄』(河出書房新社、2007)
*『キルリアン』(新潮社、2009) 
*『波羅蜜』(毎日新聞社、2010)のち光文社文庫
*『武曲』(文藝春秋、2012)のち文庫
*『界』(文藝春秋、2015)
*『武蔵無常』(河出書房新社、2016)
*『サラバンド・サラバンダ』(新潮社、2016)

藤沢周新刊

  • 発売日
    2018年8月20日
  • 書名
    別冊文藝春秋 電子版21号 (文春e-book)
  • 発売日
    2018年6月20日
  • 書名
    別冊文藝春秋 電子版20号 (文春e-book)
  • 発売日
    2018年4月20日
  • 書名
    別冊文藝春秋 電子版19号 (文春e-book)

受賞歴

藤沢周関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

藤沢周関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akutagawa_syou雪深いホテル。古いダンスホール…地方でくすぶる従業員カザマは、梅毒と噂される盲目の老嬢ミツコに出会う。ある夜、孤独な彼がミツコを誘い二人でタンゴを踊る時、ブエノスアイレスにも雪が降る。芥川賞受賞作『ブエノスアイレス午前零時』藤沢周
kuronekoquiz【文系・44%】第119回芥川賞を受賞した藤沢周の小説は「何午前零時」? ①サンティアゴ ②ブラジリア ③ラパス ④ブエノスアイレス     正答⇒④
raisen_bot_qmaNo.150 次の1990年代の芥川賞受賞者とその受賞作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒柳美里―家族シネマ、藤沢周―ブエノスアイレス午前零時、藤野千夜―夏の約束
niigata_nippo[Hey!Say!メモリアル]BSNラジオ9月17日の放送音声を公開しました。平成10年(1998年)新潟県内10大ニュースを紹介しています。大手建設会社の経営破綻や、アジ化ナトリウム混入事件、新潟市出身の藤沢周氏に芥川賞などがあ… https://t.co/uLDAt2SRKi
gendaishokan【広島×現代書館】丸善広島店で展開中! 『原子爆彈テロ概言――憂悶の反核文学者宣言から70年』(森川方達 著)https://t.co/2KomgjZyMs 藤沢周さん評《絶句するほどの迫力と渾身の筆致で、隠蔽された原爆資料を読み… https://t.co/f3lxtM74K2
yujirosoあそこの大学に行けて良かったな、と思うことの一つに、藤沢周氏の作品世界に肉薄している気がすること。淀んで流れのない堀、四半世紀はフランクな陽が射さない予感が漂う土地で、学もないまま安い学食に列をなして食べている雰囲気というか。俺だけじゃないはず。サークルのみんな読んでみてね
hit4boy藤沢周『ブエノスアイレス午前零時』雪深い農村の温泉旅館を舞台に主人公の従業員とそこを訪れた盲目の老女のささやかな交流を描いた作品です。主人公の抱く閉塞感が、痴呆の進んだ老女の夢幻の世界に重なるダンスシーンは、哀しさと美しさを感じます。https://t.co/1Cuk7ThDWP
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
藤沢周さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)