トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 奥泉光

奥泉光

奥泉光さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

奥泉 光|おくいずみ ひかる|1956年2月6日 - は、日本の小説家。近畿大学文芸学部教授。
山形県東田川郡三川町出身。埼玉県立川越高等学校、国際基督教大学 (ICU) 教養学部人文科学科卒。同大学院修士課程修了(博士課程中退)。当初は研究者を目指しており、研究者時代の共訳書に『古代ユダヤ社会史』(G・キッペンベルク著、教文館)がある。師は並木浩一、大塚久雄。
1986年、すばる文学賞に応募した「地の鳥天の魚群」が最終候補になり、後に「すばる」に掲載され小説家としてデビュー。1990年、『滝』が第3回三島由紀夫賞候補および第103回芥川賞候補。1993年、『ノヴァーリスの引用』で野間文芸新人賞・瞠目反文学賞受賞。野間文芸新人賞は保坂和志『草の上の朝食』との同時受賞であり、対照的な作風が話題となった。1994年、『石の来歴』により芥川賞受賞。同作は後に英語、仏語で翻訳刊行。1999年、近畿大学助教授に就任、現在教授。2009年、『神器』で野間文芸賞受賞。2012年より芥川賞選考委員。同年、『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』がテレビドラマ化。2014年、『東京自叙伝』で谷崎潤一郎賞受賞。2018年、『雪の階』で毎日出版文化賞、柴田錬三郎賞受賞。

受賞歴

奥泉光関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

奥泉光関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

QMA_Mys_Bot1[四択]天才ピアニスト・永嶺修人と彼に憧れる「わたし」を軸にストーリーが進む、2010年に刊行された奥泉光の小説は? → 『シューマンの指』/『ショパンの指』/『リストの指』/『ドビュッシーの指』
akutagawa_syou太平洋戦争末期、レイテで、真名瀬は石に魅せられる。戦後も、石に対する執着は異常にも思えるほど続くが、やがて、子供たちは死に弄ばれ、妻は狂気に向かう。現実と非現実が交錯する作品。芥川賞受賞作『石の来歴』奥泉光
boobookwords人間が演奏するものはどれだって不十分なんだから。音楽はもうすでにある。それは人間が演奏するしないに関係なくもうここにある。(『シューマンの指』奥泉光p268)
horindobaba【サイン本情報】奥泉光先生『雪の階』【上巻】(中央公論新社)のサイン本を頂戴しております!先生、出版社様、誠にありがとうございます!お取り置きは承っておりません。代引き発送を承ります。お電話、メールにて、お問い合わせくださいませ。… https://t.co/6yR8cYI0zt
arama_gusa奥泉光『鳥類学者のファンタジア』(集英社)と、津原泰水『蘆屋家の崩壊』(集英社文庫)を読んだ本に追加。どちらも凄いけど、感想書けるかどうかちょっとわからない。
XqTZw5WP79pOaQF@sasahara_yuri 奥泉光作品は『「吾輩は猫である」殺人事件』『プラトン学園』『グランド・ミステリー』『鳥類学者のファンタジア』『坊ちゃん忍者幕末見聞録』『新・地底旅行』etc.を読みました。『雪の階(きざはし)』の新聞広告を見かけたので呟きました。
PTraductiaそういえば、両賞とも受賞作家の作は読んでいても、受賞作そのものは読んでいない、ということが多い。「受賞作だから読もう」と思わないからか。奥泉光「石の来歴」は、作者が好きなので受賞作と知らないで読んでいた。すると、受賞作と知ってから読んだのは、森敦「月山」だけ?
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
奥泉光さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)