トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 奥泉光

奥泉光

奥泉光さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

奥泉 光(おくいずみ ひかる、1956年2月6日 - )は、日本の小説家。近畿大学文芸学部教授。
山形県東田川郡三川町出身。埼玉県立川越高等学校、国際基督教大学 (ICU) 教養学部人文科学科卒。同大学院修士課程修了(博士課程中退)。当初は研究者を目指しており、研究者時代の共訳書に『古代ユダヤ社会史』(G・キッペンベルク著、教文館)がある。師は並木浩一、大塚久雄。
1986年にすばる文学賞に応募した「地の鳥天の魚群」が最終候補になり、後に「すばる」に掲載され小説家としてデビュー。1990年、『滝』が第3回三島由紀夫賞候補および第103回芥川賞候補。1993年『ノヴァーリスの引用』で野間文芸新人賞・瞠目反文学賞受賞。野間文芸新人賞は保坂和志『草の上の朝食』との同時受賞であり、対照的な作風が話題となった。1994年、『石の来歴』により芥川賞受賞。同作は英語、仏語などに翻訳刊行。1999年、近畿大学助教授に就任、現在教授。2009年『神器』で野間文芸賞受賞。2012年より芥川賞選考委員。同年、『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』がテレビドラマ化された。2014年、『東京自叙伝』で谷崎潤一郎賞受賞。

奥泉光新刊

  • 発売日
    2018年5月8日
  • 書名
    夏目漱石、読んじゃえば?
  • 発売日
    2018年2月7日
  • 書名
    雪の階 (単行本)
  • 発売日
    2017年11月28日
  • 書名
    グランド・ミステリー (角川文庫)

受賞歴

奥泉光関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

奥泉光関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yurin_shinsho【有鄰5月号】3面「有鄰らいぶらりい」のご紹介本は、木下昌輝『兵』講談社、雫井脩介『引き抜き屋 ①②』PHP研究所、倉知淳『豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件』実業之日本社、奥泉光『雪の階』中央公論新社 4冊です。4月29日(日)より有隣堂各店にて配布予定
nishi_books書評はこのほか、奥泉光著『雪の階』(中央公論新社)と、新井紀子著『AI vs.教科書が読めない子どもたち』(東洋経済新報社)です。子どもの本は、ニコラ・シニア作著『ウルフィーは、おかしなオオカミ?』(ほるぷ出版)を紹介します。
t_hotta奥泉光インタビュー、現代文学を「無調音楽」(調性=ストーリー)と捉え、シェーンベルクの12音技法的アプローチで『神器』、フリー・ジャズ的センス優先の書き方で『虫樹音楽集』、ストラヴィンスキー的パロディ(新古典主義)で『「我輩は猫である」殺人事件』と、自作のスタイルを明快に解説。
moetsukitabou【ノヴァーリスの引用/滝 (創元推理文庫)/奥泉 光】を積読本に追加 → https://t.co/JmfOl68sDw #bookmeter
kotobaclct_bot「鼓膜を震わせることだけが音楽を聴くことじゃない。音楽を心に想うことで、僕たちは音楽を聴ける。音楽は想像の中で一番くっきりと姿を現す。耳が聞こえなくなって、ベートーヴェンはよりよく音楽を聴けるようになったんだ」 -奥泉光「シューマンの指」
boobookwords音楽の清流の中に生まれ落ちた修人はそこが水の中だと気が付く前に自由に泳ぎだすだろう。だがこちらは泳ぎはおろか、えら呼吸さえまだ十分にできていないのだ。(『シューマンの指』奥泉光p185)
tsugumi_oiseau【4/15の東京新聞】書評 ◆奥泉光『雪の階』中央公論新社 評・池上冬樹◆安藤祐介『本のエンドロール』講談社 評・カニエ・ナハ◆吉田鋼市『日本の初期モダニズム建築家』王国社 評・市川紘司◆軽部謙介『官僚たちのアベノミクス』岩波新書 評・服部茂幸
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
奥泉光さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)