トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 奥泉光

奥泉光

奥泉光さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

奥泉 光|おくいずみ ひかる|1956年2月6日 - は、日本の小説家。近畿大学文芸学部教授。
山形県東田川郡三川町出身。埼玉県立川越高等学校、国際基督教大学 (ICU) 教養学部人文科学科卒。同大学院修士課程修了(博士課程中退)。当初は研究者を目指しており、研究者時代の共訳書に『古代ユダヤ社会史』(G・キッペンベルク著、教文館)がある。師は並木浩一、大塚久雄。
1986年、すばる文学賞に応募した「地の鳥天の魚群」が最終候補になり、後に「すばる」に掲載され小説家としてデビュー。1990年、『滝』が第3回三島由紀夫賞候補および第103回芥川賞候補。1993年、『ノヴァーリスの引用』で野間文芸新人賞・瞠目反文学賞受賞。野間文芸新人賞は保坂和志『草の上の朝食』との同時受賞であり、対照的な作風が話題となった。1994年、『石の来歴』により芥川賞受賞。同作は後に英語、仏語で翻訳刊行。1999年、近畿大学助教授に就任、現在教授。2009年、『神器』で野間文芸賞受賞。2012年より芥川賞選考委員。同年、『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』がテレビドラマ化。2014年、『東京自叙伝』で谷崎潤一郎賞受賞。2018年、『雪の階』で毎日出版文化賞、柴田錬三郎賞受賞。

受賞歴

奥泉光関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

奥泉光関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Kritik_bot「娯楽性に考慮したときには、調性[物語]は当然ながら無視できない」奥泉光
rankingko最安値の「世界文学は面白い。 文芸漫談で地球一周 /集英社/奥泉光」の価格比較ランキングを更新しました。最安値は6円です。https://t.co/lVtnGMFqsD
kizukanakatta「バナールな現象」でニーチェ、「暴力の舟」でマルクス、「虫樹譚」ではカフカを読んでいた奥泉光、「虚史のリズム」ではウェーバーと丸山眞男が読まれている。
a_ranking_newshonto電子書籍期間限定セール (4/30)まで <風林火山>風の章講談社文庫50周年記念フェア 奥泉光 (著)『シューマンの指(講談社文庫)』30%OFFhttps://t.co/xhJkqLclX4
Sorrows19920515前にフォロワーさんがいいと言ってた奥泉光の「グランド・ミステリー」Kindle Unlimitedで読み放題になってるー!まだ買ってなくてよかった。結構高いから……。わーい。
mizubasyo3004寒いので暖房を入れた。奥泉光『雪の階(上・下)』(中公文庫)を読み終えてしばし放心。神話とミステリーと幻想が巧みに織り込まれたタペストリーのような物語の中で私が一番感動したのは駆け出しの女性写真家に少女が弟子入りを志願する場面で全体から見れば枝葉なのに無垢な魂に触れた思いだった。
QMA_Mys_Bot1[四択]天才ピアニスト・永嶺修人と彼に憧れる「わたし」を軸にストーリーが進む、2010年に刊行された奥泉光の小説は? → 『シューマンの指』/『ショパンの指』/『リストの指』/『ドビュッシーの指』
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    奥泉光さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)