トップページ > 公募ではない賞一覧 > 野間文芸賞 > 2009年−第62回 野間文芸賞

野間文芸賞

2009年−第62回 野間文芸賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

野間文芸賞(のまぶんげいしょう)は講談社初代社長、野間清治の遺志により設立された財団法人野間文化財団が主催する文学賞。純文学の小説家・評論家に授与される。野間三賞のうちの一つ。

第62回—2009年

その他の回のデータ(全データ一括表示

野間文芸賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

野間文芸賞関連つぶやき

yurubngkbot野間文芸新人賞講談社初代社長、野間清治の遺志により設立された財団法人野間文化財団が主催する純文学の新人に与えられる文学賞である。野間三賞のうちの一つ。新人作家による小説を対象とする。文芸誌掲載作だけではなく単行本も対象となる。1941年(S16)~現在
lgSXsNInYb17T1M又吉の『火花』が「芥川賞にしては読みごたえがない」という意見を見て「読みごたえを期待するなら野間文芸賞や谷崎賞受賞作を漁った方が良いよ。」と助言したくなった。芥川賞や三島賞はあくまでも新人賞なのでね。まぁそもそも僕は「○○賞にしては」という言説自体に違和感があるのだが。
takashi65406446今年の映画では「カメラを止めるな!」が面白かったが、この「寝ても覚めても」も良くて原作を読んだ。同じような日常の描写が続くところは長く感じるが、最後の疾走感は作者の筆力を感じることができた。野間文芸新人賞受賞作。#読書… https://t.co/CSnMvtFKIO
raisen_bot_qmaNo.593 次の1980年代に野間文芸賞を受賞した作家と受賞作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒遠藤周作―侍、丹羽文雄―蓮如、島尾敏雄―魚雷艇学生
seepassed野間文芸賞作品が好きなの?みたいなね。べつにそんなつもりはない(子どものときにそんなこと意識して触れてるわけがない)
okiraku_k武田泰淳『目まいのする散歩』(中公文庫)読了。死後に野間文芸賞を受賞した著者晩年のエッセイ。病後の健康維持のため、生きるために歩く。人生のさまざまな場面、いまに至る記憶の中を歩く。著者にとって「散歩」とは、移りゆく月日を過ごし生を続けてゆくことだったのだろう。
raisen_bot2_qmaNo.84 次の1980年代に野間文芸賞を受賞した作家と受賞作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒小島信夫―別れる理由、丹羽文雄―蓮如、森敦―われ逝くもののごとく
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)