トップページ > 公募ではない賞一覧 > 野間文芸賞 > 歴代受賞情報一覧

野間文芸賞

野間文芸賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

野間文芸賞(のまぶんげいしょう)は講談社初代社長、野間清治の遺志により設立された財団法人野間文化財団が主催する文学賞。純文学の小説家・評論家に授与される。野間三賞のうちの一つ。

第65回2012年

受賞

第64回2011年

受賞

第63回2010年

受賞

第62回2009年

第61回2008年

受賞

第60回2007年

受賞

第59回2006年

受賞

第58回2005年

受賞

第57回2004年

受賞

第56回2003年

受賞

第55回2002年

受賞

第54回2001年

受賞

第53回2000年

第52回1999年

第51回1998年

受賞

第50回1997年

受賞

第49回1996年

受賞

第48回1995年

受賞

  • 該当なし

第47回1994年

受賞

受賞

第46回1993年

受賞

第45回1992年

受賞

第44回1991年

第43回1990年

受賞

第42回1989年

受賞

第41回1988年

受賞

第40回1987年

受賞

第39回1986年

受賞

受賞

第38回1985年

受賞

受賞

第37回1984年

受賞

  • 該当なし

第36回1983年

受賞

第35回1982年

受賞

第34回1981年

受賞

第33回1980年

受賞

第32回1979年

受賞

第31回1978年

受賞

第30回1977年

受賞

第29回1976年

受賞

受賞

第28回1975年

受賞

受賞

第27回1974年

受賞

第26回1973年

第25回1972年

受賞

第24回1971年

受賞

第23回1970年

受賞

第22回1969年

受賞

第21回1968年

受賞

第20回1967年

受賞

受賞

第19回1966年

受賞

第18回1965年

受賞

第17回1964年

受賞

受賞

第16回1963年

受賞

第15回1962年

受賞

第14回1961年

受賞

第13回1960年

受賞

受賞

第12回1959年

第11回1958年

受賞

第10回1957年

受賞

受賞

第9回1956年

受賞

第8回1955年

受賞

  • 該当なし

第7回1954年

受賞

第6回1953年

受賞

第5回1946年

第4回1944年

受賞

  • 該当なし

第3回1943年

第2回1942年

受賞

  • 該当なし

第1回1941年

野間文芸賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

野間文芸賞関連つぶやき

TQC33rd_bot【061】代表作にNHKの連続テレビ小説『純情きらり』の原案となった『火の山-山猿記』や第一回野間文芸新人賞を受賞した『光の領分』がある、太宰治の娘である作家は誰でしょう?
raisen_bot2_qmaNo.84 次の1980年代に野間文芸賞を受賞した作家と受賞作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒小島信夫―別れる理由、丹羽文雄―蓮如、森敦―われ逝くもののごとく
raisen_bot_qmaNo.593 次の1980年代に野間文芸賞を受賞した作家と受賞作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒遠藤周作―侍、丹羽文雄―蓮如、島尾敏雄―魚雷艇学生
WikiBot_SmaPhoバッテリー (小説) https://t.co/faiq3LgRZ9 『バッテリー』は、あさのあつこによる児童文学作品。単行本全6巻が教育画劇から、文庫本全6巻が角川文庫から刊行され、延べ1000万部を超えるベストセラー小説である。1997年には第35回野間児童文芸賞を受...
shokai_log橋本 翔はわが魂に及び』(こうずいはわがたましいにおよび)は日本の小説家・大江健三郎の純文学長編小説。1973年に発表され野間文芸賞受賞。『個人的な体験』から『ピンチランナー調書』に至るまでの作品群のうちの一つで、息子の大江光の影響を受けた作品となっている。
qma_CL_sorting【455】[ラ 20%]2016年の野間児童文芸賞を受賞した、東日本大震災を題材とした柏葉幸子の小説は?→岬のマヨイガ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)