トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 藤枝静男

藤枝静男

藤枝静男さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

藤枝 静男(ふじえだ しずお、1907年12月20日 - 1993年4月16日)は、日本の作家、眼科医。本名勝見次郎。静岡県志太郡藤枝町(現・藤枝市)出身。
成蹊学園から名古屋の旧制第八高等学校を経て1936年に千葉医科大学(現在の千葉大学医学部)を卒業。伊東弥恵治に師事した。勤務医生活ののち独立、1950年から浜松市で眼科医院を営む傍ら、小説を書き続けた。1968年『空気頭』で芸術選奨文部大臣賞、1974年『愛国者たち』で平林たい子文学賞、1976年『田紳有楽』で谷崎潤一郎賞、1979年には『悲しいだけ』で野間文芸賞を受賞。
本人の言の通り、簡潔で硬質な力強い文体と自他を隔てず冷徹な観察眼において、志賀直哉と瀧井孝作の影響を受けており、「心境小説」を独自のこだわりに推し進め、私小説の形をとりながら虚実のあわいに遊ぶような作品が多い。
曾宮一念、原勝四郎の絵画作品のコレクターであった。
藤枝市では、毎年4月の命日に同市五十海の岳叟寺にて、藤枝静男墓前祭「雄老忌」を開催している。藤枝市出身の作家小川国夫が命名したものである。
2007年には、藤枝静男や小川国夫などの文学世界を展示紹介する藤枝市文学館が、市民憩いの場所蓮華寺池公園の郷土博物館に接続する形で開設された。

受賞歴

藤枝静男関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2001.12.31 作家の読書道:第7回 川上 弘美さん

    大人気の「作家の読書道」第7回目に登場するのは、今年「センセイの鞄」で谷崎潤一郎賞を受賞された川上弘美さん。編集部は、三鷹を訪ね、「うんうん」と頷き、澄んだ文章そのままのたおやかな言葉で話される川上さんのお話に耳を傾けました。

藤枝静男関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

pipi_keikei『悲しいだけ』/藤枝静男闘病の末、先に逝った妻。その悲しみが物質のようにただここにある。悲しみと対峙し、その本質を静かに描く表題作ほか7篇収録。徹底した内省の凄みを語られることが多いが、自然の描写が正確で美しいのも著者の魅力だ… https://t.co/1EVYx4qBsU
sukinabunshou私は息をはき、重い瞼を挙げて天井を見あげました。左右二〇〇度、上下一二〇度の完全な視野がカッキリと眼のまえにひろがっていました。藤枝静男「空気頭」
mctdy0cパパとばあちゃんとリヴァーフェニックスと藤枝静男とフランクザッパが同じ年に死んだ。
zokuryuchinrigaーそもそも私小説自体はお好きだったのでしょうか。川上 うーん、私小説・・。例えば藤枝静男は私小説の系譜の作家だと位置づけられていますが、『田紳有楽』が私小説だとはとても思えないし、他の作品で、自身とその周辺を描いたリアリズムのものだって、リアリズムなのに幻想性に富んでいる。
uniomysticaunioTwitter小説かーいた‼️金魚と割れ茶碗の恋
SsfDgxTbr0ntuVE主題と世界観には藤枝静男を感じる。インスピレーションがそのジャンルそのものにはない表現 他ジャンルの影響が一度強烈な個人のフィルターを通って表出している独特な面白さ
saki_kumak藤枝静男『悲しいだけ・欣求浄土』(講談社文芸文庫)。収録の短編「一家団欒」がとてもよいと聞いて。死んだ男性が家族の墓に帰っていく。そこでの団欒。すごいシュールで、一周まわっておかしみも漂っちゃうほどなのに、涙ぐんでしまうほど… https://t.co/82FhoAJ1NL
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
藤枝静男さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)