トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 藤枝静男

藤枝静男

藤枝静男さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

藤枝 静男(ふじえだ しずお、1907年12月20日 - 1993年4月16日)は、日本の作家、眼科医。本名勝見次郎。静岡県志太郡藤枝町(現・藤枝市)出身。
成蹊学園から名古屋の旧制第八高等学校を経て1936年に千葉医科大学(現在の千葉大学医学部)を卒業。伊東弥恵治に師事した。勤務医生活ののち独立、1950年から浜松市で眼科医院を営む傍ら、小説を書き続けた。1968年『空気頭』で芸術選奨文部大臣賞、1974年『愛国者たち』で平林たい子文学賞、1976年『田紳有楽』で谷崎潤一郎賞、1979年には『悲しいだけ』で野間文芸賞を受賞。
本人の言の通り、簡潔で硬質な力強い文体と自他を隔てず冷徹な観察眼において、志賀直哉と瀧井孝作の影響を受けており、「心境小説」を独自のこだわりに推し進め、私小説の形をとりながら虚実のあわいに遊ぶような作品が多い。
藤枝市では、毎年4月の命日に同市五十海の岳叟寺にて、藤枝静男墓前祭「雄老忌」を開催している。藤枝市出身の作家小川国夫が命名したものである。
2007年には、藤枝静男や小川国夫などの文学世界を展示紹介する藤枝市文学館が、市民憩いの場所蓮華寺池公園の郷土博物館に接続する形で開設された。

受賞歴

藤枝静男関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2001.12.31 作家の読書道:第7回 川上 弘美さん

    大人気の「作家の読書道」第7回目に登場するのは、今年「センセイの鞄」で谷崎潤一郎賞を受賞された川上弘美さん。編集部は、三鷹を訪ね、「うんうん」と頷き、澄んだ文章そのままのたおやかな言葉で話される川上さんのお話に耳を傾けました。

藤枝静男関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

haikaino藤枝静男の私小説か随筆に病中か亡くなったかの妻のことをほぼ医療用語を用いながらとらえていくところがあったあれは藤枝が(眼)医者だったこともあるけれど藤枝はそれで感傷をぐっとこらえていたようにみえた
DogearBot俺は、それとない身振りで妻を墓の下に引きずり込もうとしていたのだ。墓洗いに没頭する俺のさも嬉しそうな動作は、彼女をその肉親から引き離して、彼女のまったく見知らぬ肉親たちの棲家へ押し入れようとする、残酷な約束として彼女の眼に映ったに違いない。-「空気頭」藤枝静男
rigyaku藤枝静男『虚懐』を読み始める https://t.co/kDMOYdBQ3L
oshioshi_people推しメンに自分の好きな本を推したい……。冷静にどうかしてるひとたちのブックガイドです。深川麻衣さん、齋藤飛鳥さん、中島健人さん、MiDORiKO EMPiREさんなどなど……に、ロラン・バルト、吉本ばなな、森見登美彦、藤枝静男など… https://t.co/yYAf6HgJFN
GA2000banana読み散らかしていたがペースを取り戻す。とりあえずレトリック認識と批評と臨床、あと久々に藤枝静男。ホフマンスタール、このあいだの三木卓(また読み散らかす)
y_shouno_bot『極楽』は完全にだましおおせて、藤枝静男さんが「五十代の男だろうと思った」と選評に書いてくださったけれども、その時はある種の快感があったから、女であるということにすごいプレッシャーを感じていたんだろうなと思う。―『おカルトお毒見定食』
jinbutu_hyogen【表情】「私は、吐き捨てるような言葉を彼に投げつけた彼の細君の酷薄な顔を思いだした。」藤枝静男
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
藤枝静男さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)