トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 藤枝静男

藤枝静男

藤枝静男さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

藤枝 静男(ふじえだ しずお、1907年12月20日 - 1993年4月16日)は、日本の作家、眼科医。本名勝見次郎。静岡県志太郡藤枝町(現・藤枝市)出身。
成蹊学園から名古屋の旧制第八高等学校を経て1936年に千葉医科大学(現在の千葉大学医学部)を卒業。伊東弥恵治に師事した。勤務医生活ののち独立、1950年から浜松市で眼科医院を営む傍ら、小説を書き続けた。1968年『空気頭』で芸術選奨文部大臣賞、1974年『愛国者たち』で平林たい子文学賞、1976年『田紳有楽』で谷崎潤一郎賞、1979年には『悲しいだけ』で野間文芸賞を受賞。
本人の言の通り、簡潔で硬質な力強い文体と自他を隔てず冷徹な観察眼において、志賀直哉と瀧井孝作の影響を受けており、「心境小説」を独自のこだわりに推し進め、私小説の形をとりながら虚実のあわいに遊ぶような作品が多い。
藤枝市では、毎年4月の命日に同市五十海の岳叟寺にて、藤枝静男墓前祭「雄老忌」を開催している。藤枝市出身の作家小川国夫が命名したものである。
2007年には、藤枝静男や小川国夫などの文学世界を展示紹介する藤枝市文学館が、市民憩いの場所蓮華寺池公園の郷土博物館に接続する形で開設された。

受賞歴

藤枝静男関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2001.12.31 作家の読書道:第7回 川上 弘美さん

    大人気の「作家の読書道」第7回目に登場するのは、今年「センセイの鞄」で谷崎潤一郎賞を受賞された川上弘美さん。編集部は、三鷹を訪ね、「うんうん」と頷き、澄んだ文章そのままのたおやかな言葉で話される川上さんのお話に耳を傾けました。

藤枝静男関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yumawata33とりあえず終わった〜。12時間くらいかかった。3月にピアノを移動して棚を増築したら、またやるぞ。腰が痛い。藤枝静男かトーマス・マン読むかあ。
NeveuTristan@mizuno_rabaliam 同じ高校の仲間なんですね?好きな作家が川端と福永ですか。この先読む作家を増やせばどんどん好きな作家も増えていく方かも知れませんね。森敦とか藤枝静男、ひょっとしたら石川淳なんてのもお好きになるかも!いいご友人がいて羨ましいです。
kinokuniyanew空気頭・欣求浄土 (藤枝静男) が、紀伊國屋電子書籍ストアで予約開始されました。金曜配信。https://t.co/QAxjj1zBV4
mtachio1978藤枝静男「悲しいだけ」は名作だが、一億総被害者社会の現在、この小説は唯物論的な、加害の怒りの形式から読むべきだと改めて思う。高橋哲哉的な加害者意識からも、鎌田哲哉的な怒り(これは鎌田の論が持つものというより、むしろその現在的な受容の方)からも、離れたものとして。
orishibaちな、藤枝静男と相生垣瓜人は交流があって、骨董の話とか漢文の話とかしてたらしい。藤枝が俳句研究に書いてたけどいつの号だったかメモるの忘れてて喉の奥に魚の骨がある気分。なんかの大会で藤枝が講演した記録とかも読んだ覚えがあるけど、俳句が読める人ではなかったですね。それでも最高だけどね
OulipoqiluOちなみに昨年末、古書転蓬さんに入荷した「我等の運動」(大正12年6月)創刊号の卜部執筆は、本書未収のようです。あと藤枝静男「或る年の冬 或る年の夏 」に卜哲が藤枝ゆかりのアナキストとして名が出てきます。戦後の小説で卜哲が出てくるの… https://t.co/UYtlxeQyVe
shigehikohasumi●プロ野球の退屈さを超えた書物『藤枝静男著作集』(講談社)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
藤枝静男さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)