トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 川端康成

川端康成

川端康成さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。1968年、ノーベル文学賞受賞。1972年、ガス管をくわえ自殺。遺書は無かった。
大阪府出身。東京帝国大学国文学科卒業。大学時代に菊池寛に認められ文芸時評などで頭角を現した後、横光利一らと共に同人誌『文藝時代』を創刊。西欧の前衛文学を取り入れた新しい感覚の文学を志し「新感覚派」の作家として注目され、詩的、抒情的作品、浅草物、心霊・神秘的作品、少女小説など様々な手法や作風の変遷を見せて「奇術師」の異名を持った、人間の醜や悪も、非情や孤独も絶望も知り尽くした上で、美や愛への転換を探求した数々の日本文学史に燦然とかがやく名作を遺し、日本文学の最高峰として不動の地位を築いた。日本人として初のノーベル文学賞も受賞し、受賞講演で日本人の死生観や美意識を世界に紹介した。
代表作は、『伊豆の踊子』『抒情歌』『禽獣』『雪国』『千羽鶴』『山の音』『眠れる美女』『古都』など。初期の小説や自伝的作品は、川端本人が登場人物や事物などについて、随想でやや饒舌に記述している。そのため、多少の脚色はあるものの、純然たる創作(架空のできごと)というより実体験を元にした作品として具体的実名や背景が判明し、研究・追跡調査されている。
川端は新人発掘の名人としても知られ、ハンセン病の青年・北條民雄の作品を世に送り出し、佐左木俊郎、武田麟太郎、藤沢桓夫、少年少女の文章、山川彌千枝、豊田正子、岡本かの子、中里恒子、三島由紀夫などを後援し、数多くの新しい才能を育て自立に導いたことも特記できる。また、その鋭い審美眼で数々の茶器や陶器、仏像や埴輪、俳画や日本画などの古美術品の蒐集家としても有名で、そのコレクションは美術的価値が高い。
多くの名誉ある文学賞を受賞し、日本ペンクラブや国際ペンクラブ大会で尽力したが、多忙の中、1972年(昭和47年)4月16日夜、72歳でガス自殺した。なお、遺書はなかった。
=
thumb|160px|川端康成生誕地(撮影2011年)
1899年(明治32年)6月14日、大阪府大阪市北区此花町1丁目79番屋敷(現・大阪市北区天神橋 1丁目16-12)に、医師の父・川端栄吉(当時30歳)と、母・ゲン(当時34歳)の長男として誕生。また、栄吉は浪華の儒家寺西易堂で漢学や書画を学び、「谷堂」と号して漢詩文や文人画をたしなむ多趣味の人でもあった。蔵書には、ドイツ語の小説や近松、西鶴などの本もあった。
しかし栄吉は自宅医院が軌道に乗らず、無理がたたって病状が重くなったため、康成が1歳7か月となる1901年(明治34年)1月に、妻・ゲンの実家近くの大阪府西成郡豊里村大字天王寺庄182番地(現・大阪市東淀川区大道南)に夫婦で転移し(ゲンはすでに感染していたため)、子供たちは実家へ預け、同月17日に結核で死去した(32歳没)。栄吉は瀕死の床で、「要耐忍 為康成書」という書を遺し、芳子のために「貞節」、康成のために「保身」と記したgroup="注釈"|この「保身」という文字は川端の生活信条となり、日記の随所に出てくる。。
2人の幼子が預けられたゲンの実家・黒田家は、西成郡豊里村大字3番745番地(現・大阪市東淀川区豊里6丁目2-25)にあり、代々、「黒善」(黒田善右衛門の二字から)と呼ばれる素封家(資産家)で、広壮な家を構える大地主であった。
thumb|160px|宿久庄の川端康成旧居跡(撮影2008年)
宿久庄の川端家は、豪族や資産家として村に君臨していた旧家で代々、豊川村の庄屋で大地主であったが、祖父・三八郎は若い頃に様々の事業に手を出しては失敗し、三八郎の代で財産の大半は人手に渡っていた。タニの夫・秋岡義一は当時衆議院議員をしており、栄吉とゲンの遺した金3千円もその時に預かり、康成と祖父母はその月々の仕送りの金23円で生活をした。
川端の家系は北条泰時から700年続き、北条泰時の孫・川端舎人助道政が川端家の祖先である(道政の父親・駿河五郎道時は、北条泰時の九男)。川端家の29代目が三八郎で、30代目が栄吉、康成は31代目に当たる。父母の病死は幼い康成の胸に、〈(父母が)死んだ年頃までに、自分もまた死ぬであらう〉という〈病気と早死との恐れ〉を深く彫りつけたと同時に、記憶のない父母(特に母性)への思慕や憧憬が川端の諸作品に反映されることになる。

受賞歴

川端康成関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

川端康成関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rotarozarinda八方に飛び立つ蝉の羽音がした。信吾は蝉の数にもおどろいたが、羽音にはおどろいた。雀の群れが飛び立つくらいの羽音だと感じた。『山の音』蝉の羽 四/川端康成
roumanha8昔中国から移入した多くの文物が、中国でみごとに発達してゐたのとちがつて、碁は日本でだけみごとに発達した。もつともそれは、江戸幕府が保護を加へた後で、近世のことである。碁は千年も前に伝来したのだから、長い時代、日本の碁の智慧も育てられなかつたわけだ。名人/川端康成
kokoro116ちょうど彼は、十六で死んだ少女の遺稿集を懐に持っていた。少年少女の文章を読むことが、この頃の彼にはなによりも楽しかった。十六の少女の母は、死顔を化粧してやったらしく娘の死の日の日記の終りに書いている、その文句は、「生まれて初めて化粧したる顔、花嫁の如し。」(川端康成『禽獣』)
kekkonkon二人の結婚は美しかった。なぜなら彼女は離婚する力を持っていたから。二人の離婚もまた美しかった。なぜなら彼女は友達となれる心を持っていたから。 川端康成(日本)
fragments_bot「とにかく、あなたが私のほんとの父なら、その頭を殴らせてくれませんか。他人の頭を殴るのは、どうも気まずいのです。肉親があれば、その頭を一つ、ぽかりと力まかせに殴ってみたいと、時々考えるのです」(川端康成『青い海黒い海』)
msm_kwbtはじめてお宅へ伺つたのは、昭和二十一年のやはり正月でした。何の紹介状も持参せずに、無礼にもお宅へ伺つたのでした。それにもかかはらず、私の名を憶えてゐて下さつたのか、快く上げて下さいました。-1956年1月「正月の平常心-川端康成氏へ」
gobozanozure別れる男に、花の名を1つ教えておきなさい。花は毎年必ず咲きます。 by 川端康成
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
川端康成さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)