トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 川端康成

川端康成

川端康成さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家・文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。1968年に日本人初のノーベル文学賞を受賞。代表作は、『伊豆の踊子』『抒情歌』『禽獣』『雪国』『千羽鶴』『山の音』『眠れる美女』『古都』など。
多くの名誉ある文学賞を受賞し、日本ペンクラブや国際ペンクラブ大会で尽力したが、多忙の中、1972年(昭和47年)4月16日夜、72歳でガス自殺した。なお、遺書はなかった。
大阪府出身。東京帝国大学国文学科卒業。大学時代に菊池寛に認められ文芸時評などで頭角を現した後、横光利一らと共に同人誌『文藝時代』を創刊。西欧の前衛文学を取り入れた新しい感覚の文学を志し「新感覚派」の作家として注目され、詩的、抒情的作品、浅草物、心霊・神秘的作品、少女小説など様々な手法や作風の変遷を見せて「奇術師」の異名を持った。
その後は、死や流転のうちに「日本の美」を表現した作品、連歌と前衛が融合した作品など、伝統美、魔界、幽玄、妖美な世界観を確立させ、人間の醜や悪も、非情や孤独も絶望も知り尽くした上で、美や愛への転換を探求した数々の日本文学史に燦然とかがやく名作を遺し、日本文学の最高峰として不動の地位を築いた。日本人として初のノーベル文学賞も受賞し、受賞講演で日本人の死生観や美意識を世界に紹介した。
初期の小説や自伝的作品は、川端本人が登場人物や事物などについて、随想でやや饒舌に記述している。そのため、多少の脚色はあるものの、純然たる創作(架空のできごと)というより実体験を元にした作品として具体的実名や背景が判明し、研究・追跡調査されている。
川端は新人発掘の名人としても知られ、ハンセン病の青年・北條民雄の作品を世に送り出し、佐左木俊郎、武田麟太郎、藤沢桓夫、少年少女の文章、山川彌千枝、豊田正子、岡本かの子、中里恒子、三島由紀夫などを後援し、数多くの新しい才能を育て自立に導いたことも特記できる。また、その鋭い審美眼で数々の茶器や陶器、仏像や埴輪、俳画や日本画などの古美術品の蒐集家としても有名で、そのコレクションは美術的価値が高い。

受賞歴

川端康成関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2021.4.13 川端康成文学賞に千葉雅也さん「マジックミラー」

    優れた短編小説に贈られる第45回川端康成文学賞(川端康成記念会主催)に千葉雅也さん(42)の「マジックミラー」(「ことばと」vol.1)が選ばれ、13日発表された。賞金100万円。贈呈式は6月25日、東京・虎ノ門のホテルオークラ東京で行われる。

  • 2021.3.1 川端文学賞を今年から再開

    平成31年から休止していた川端康成文学賞(川端康成記念会主催)を今年から再開すると1日、同会と後援の新潮社が連名で発表した。

  • 2021.2.12 ノーベル文学賞 大江健三郎さんの自筆原稿 母校の東大に寄託

    日本人として2人目のノーベル文学賞作家、大江健三郎さんの1万枚を超える自筆原稿などが、母校の東京大学に寄託され、大学は今後、寄せられた資料をもとに、学内に研究拠点を設置することにしています。

川端康成関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

R_L_bot次の文字列を組み合わせて日本ペンクラブの歴代会長の名前にしなさい(文線)→島崎藤村正宗白鳥志賀直哉川端康成芹沢光治良中村光夫石川達三高橋健二井上靖遠藤周作大岡信尾崎秀樹梅原猛井上ひさし阿刀田高浅田次郎
roumanha_4良雄の腕の下の本を拾ひ読みした。良雄の手をそつと持ち上げて、その本を抜き取つてみたかつた。しかし、宮子はそれもできなかつた。こんななんでもないことさへ、良雄の妻にしか許されないことなのだらうか。「私、死ぬ時には、あなたに言ひます。さんざんだつたつて……」あやめの歌/川端康成
sobae0725つげ義春作品全般、川端康成『禽獣』及び偏執的短編、江戸川乱歩『鏡地獄』『目羅博士の不思議な犯罪』『押絵と旅する男』、夏目漱石『草枕』、吉行淳之介『夕暮まで』を読む際の脳内キャストは全部津田寛治が請け負ってくれる。うらぶれた男か… https://t.co/kG211crGKI
shincholive_bot『東京の人(第1)(新潮文庫)』(川端康成)一組の中年夫婦を軸に、愛ゆえに異常な一面を抱きつつそれぞれが孤独の中に生きている人びとを描く長編。https://t.co/5Eg38s2NQr
naruminarumia一高に入學すると直ぐから結ばれた石濱氏との交友は、全く共犯者といふ言葉しかないやうな深入りであつた。書くこと多過ぎて書く氣にもなれぬ。二身一體の因果者のやうに、相手が鼻につくことが自己嫌惡と同じに近い友人だつた。(川端康成「文學的… https://t.co/BT8S3LPiTA
yasu_yasuno_sa幼なじみの川端康成にノーベル文学賞を取らせて大問題になる。
miku0905@ksfa79 郁くん、こんばんわ♪今日も一日お疲れ様でした!着物で踊ったり殺陣したりって、裾の捌きや袂の扱いが大変でしょうね。姿勢や所作が良くないと綺麗に見えないし。伯耆くんの着物姿とっても素敵だったので、川端康成も期… https://t.co/WChkc3jyj5
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    川端康成さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)