トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 川端康成 > 山の音

山の音(川端康成)

山の音(著者:川端康成)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:山の音 (新潮文庫)
  • 著者:川端 康成
  • ページ数:328
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101001111
  • ISBN-13:9784101001111

川端康成新刊

  • 発売日
    2017年12月22日
  • 書名
    温泉天国 (ごきげん文藝)
  • 発売日
    2017年10月25日
  • 書名
    山の音 (角川文庫)
  • 発売日
    2017年8月29日
  • 書名
    新編・日本幻想文学集成 第7巻

山の音関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

山の音関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yumiko_kura川端康成の小説は 、有名な 『伊豆の踊子 』や 『雪国 』でも 、無邪気な人や病的な人が読めば大変美しいと思えるし 、そうでない人が読めば相当に変態的であることがわかります 。(偏愛文学館「山の音」)
Mizukimoe【山の音 (新潮文庫)/川端 康成】を読みたい本に追加 → https://t.co/jVMwn2VGqq #bookmeter
toukyouyunion「五十六十の堂々たる紳士で、女房がおそろしくてうちへ帰れないで、夜中にそとをさまよっているのは、いくらでもいるんだよ」野間文芸賞を受賞した川端康成「山の音」の一節。フラリーマンは昔から夜の街に生息していたようです。
knocktontom川端康成の山の音は傑作です やはり傑作には傑作といわれる所以がある
kamaken_02甘縄神明神社付近には、有力御家人の安達氏が内管領平頼綱に霜月騒動で滅ぼされるまで居を構えた。 また、作家川端康成は長くこの神社の近くに住んだこともあり、小説『山の音』にはこの辺りのことが描かれている。  #kamakura #鎌倉
guriradioちょっと前に 川端康成 の【山の音】を読んだんだけど、内容としてはすごく暗いのに、情景描写がきれいであっという間に読み切ってしまった。文才ってこういうものかと思った。
5ZPRhD9FQTN11WEコチでコーヒー、読書。さっき川端康成の『山の音』読んだから今から推理小説。 https://t.co/uirUHHOA4P
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)