トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 川端康成 > 山の音

山の音(川端康成)

山の音(著者:川端康成)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:山の音 (新潮文庫)
  • 著者:川端 康成
  • ページ数:328
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101001111
  • ISBN-13:9784101001111

川端康成新刊

  • 発売日
    2018年7月29日
  • 書名
    吾輩は童貞(まだ)である- 童貞について作家の語ること-

山の音関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

山の音関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

maimai_nico2赤川次郎『午前0時の忘れもの』藤岡陽子『手のひらの音符』西加奈子『白いしるし』川端康成『山の音』寺山修司『家出のすすめ』辺りが気になる。積み本減ったら買おうかなぁ。
Ru_sousaku菊子がそう言ったので、信吾も目で犬の乳を数えてみた。一番上の一対はしぼんだ山の音/川端康成
0mg読みかけの本の一冊に、川端康成「山の音」がある。老いた男から見た、自身の家族について書かれた小説だ。身内の結婚といえば、それを思い出した
_10151011_最近小説を読みたかったので川端康成の山の音を買った……文学少女になる……
kokoro5342川端康成の山の音を読んだ
kyuq9999川端康成『山の音』老境の主人公の日常。物忘れも多くなり回りの友人も死にもうすぐ自分の番か・・なんともいえない閉塞感。家族の問題も息苦しく感じるも、日々の出来事や景色、相手を思う気持ちに、丁寧に生きたいなと感じました。主人公の家族は… https://t.co/Rzg5166wbp
zzz_bookなんとなくタイトルに惹かれて、川端康成著「山の音」を読んでるのですが、これあんまり好みじゃないな…じんわり苦しむ質素な生活のお話なので、笑って読めるものじゃいけども(笑)次はなんか、もっとゆーるいの読もう。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)