トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 真山青果

真山青果

真山青果さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

真山 青果(まやま せいか、旧字体:眞山 靑果、1878年(明治11年)9月1日 - 1948年(昭和23年)3月25日)は、日本の劇作家・小説家。本名は、真山 彬(まやま あきら)。
宮城県仙台市裏五番町三番地に生まれる。父・寛は旧伊達藩士の士族で小学校の校長だった。第二高等学校医学部中退。
仙台市に近い農村を舞台とした農民文学の『南小泉村』(「新潮」1912年5月号)で注目された。
佐藤紅緑、小栗風葉に師事。正宗白鳥と共に新進の自然主義作家として登場したが、極端な癇癖と原稿の二重売り事件で1911年に文壇からは一時遠のく。1919年、新派の座付作家として復活。『元禄忠臣蔵』は新歌舞伎の名作といわれる。ほかに『平将門』など多数がある。『随筆滝沢馬琴』は、初めて滝沢馬琴の全体像を捉えた評論である。井原西鶴の研究もある。
1942年帝国芸術院会員。心臓麻痺により疎開先の静岡県沼津市で急死、69歳だった。戒名は青果院殿機外文棟大居士。
演出家・劇作家で劇団新制作座を主宰する長女の真山美保は、歌舞伎関係者を対象に1982年から2001年まで真山青果賞を設けた。
*『玄朴と長英』 「中央公論」1924年9月。1924年10月初演
*『江戸城総攻』1926年11月歌舞伎座初演 以後、3部作として『慶喜命乞』(33年11月)『将軍江戸を去る』(34年1月いずれも東京劇場初演)が制作された。
*『平将門』 「中央公論」1925年1月。1927年2月本郷座初演
*『頼朝の死』1932年4月歌舞伎座初演
*『小判拾壱両』 「演劇新潮」1926年5月。1934年5月帝国ホテル演芸場初演
*『大石最後の一日』 新歌舞伎書下ろし。1934年2月歌舞伎座初演
*:以後、連作「元禄忠臣蔵」として計10編11作が制作された。
*『新門辰五郎』 「講談倶楽部」1939年5月 – 9月。

受賞歴

真山青果関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

真山青果関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

QMA_MayaQ(文連)仙台生まれの劇作家/「西鶴語彙考証」/「南小泉村」/「元禄忠臣蔵」 A.真山青果(おそらくヒント順番固定、1確)
sekichikuiro70年で真山青果もダメかと思ったけどたぶんギリセーフだわ。70年ってほんときつい...でも全然(少なくともわたしの生活圏内では)話題にならなかった...
shibai_23真山青果作品の台詞はやっぱ難しいんだなぁ。長台詞のリズム感とか語尾の始末とか。調子の自在さ、声色の色々な引き出しあってこそあの台詞の魅力がより増すのかもしれないな。
_canturreoじゅふたん「真山青果より長谷川伸の方が好みなんだ
jinginakineko国立劇場。やっぱり真山青果は苦手だし、苦手な理由も自分なりに飲み込めた。でもいつになく面白く見られたのは役者たちのよさゆえ。
saku_3966真山青果の全集が古書店に入ったの!?
kano_ya_syoten真山青果全集10日まで秋声記念館で開催されていた展示。紅葉全集鏡花・秋声のお師匠さん。新選泉鏡花集鏡花のいちばん新しい全集。いずれも日本一安価な価格で、三文豪古本市に出品します。 https://t.co/Mc3FCp2hbm
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
真山青果さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)