トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 真山青果

真山青果

真山青果さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

真山 青果(まやま せいか、旧字体:眞山 靑果、1878年(明治11年)9月1日 - 1948年(昭和23年)3月25日)は、日本の劇作家・小説家。本名は、真山 彬(まやま あきら)。
宮城県仙台市裏五番町三番地に生まれる。父・寛は旧伊達藩士の士族で小学校の校長だった。第二高等学校医学部中退。
仙台市に近い農村を舞台とした農民文学の『南小泉村』(「新潮」1912年5月号)で注目された。
佐藤紅緑、小栗風葉に師事。正宗白鳥と共に新進の自然主義作家として登場したが、極端な癇癖と原稿の二重売り事件で1911年に文壇からは一時遠のく。1919年、新派の座付作家として復活。『元禄忠臣蔵』は新歌舞伎の名作といわれる。ほかに『平将門』など多数がある。『随筆滝沢馬琴』は、初めて滝沢馬琴の全体像を捉えた評論である。井原西鶴の研究もある。
1942年帝国芸術院会員。心臓麻痺により疎開先の静岡県沼津市で急死、69歳だった。戒名は青果院殿機外文棟大居士。
演出家・劇作家で劇団新制作座を主宰する長女の真山美保は、歌舞伎関係者を対象に1982年から2001年まで真山青果賞を設けた。
*『玄朴と長英』 「中央公論」1924年9月。1924年10月初演
*『江戸城総攻』1926年11月歌舞伎座初演 以後、3部作として『慶喜命乞』(33年11月)『将軍江戸を去る』(34年1月いずれも東京劇場初演)が制作された。
*『平将門』 「中央公論」1925年1月。1927年2月本郷座初演
*『頼朝の死』1932年4月歌舞伎座初演
*『小判拾壱両』 「演劇新潮」1926年5月。1934年5月帝国ホテル演芸場初演
*『大石最後の一日』 新歌舞伎書下ろし。1934年2月歌舞伎座初演
*:以後、連作「元禄忠臣蔵」として計10編11作が制作された。
*『新門辰五郎』 「講談倶楽部」1939年5月 – 9月。

受賞歴

真山青果関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

真山青果関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

jyukuco一挙両得(いっきょりょうとく)一つの行いによって、同時に二つ(以上)の利益を得ること。丁度、僕も朝寝で困って居る所だから、毎朝々早く起して貰もらいたい、一挙両得とはこの事だと笑って約束した。(真山青果『南小泉村』)
QMA_MayaQ(検線)次の溝口健二監督の映画と原作者の正しい組み合わせを選びなさい A.元禄忠臣蔵-真山青果(他は省略)
jinginakineko真山青果とか岡本綺堂とか、近代の作家の歌舞伎のどこに面白さを見出せばよいのか今ひとつわからない。浅草の番町皿屋敷にしても、若い二人の熱烈な心情吐露よりも用人の大谷桂三の味わいに惹かれてしまった。
honyomikai内蔵助 重ねて申そう、我らは殿さま御ために死すると共に、我らの名のために死するものでござります。武士がその身に代えて惜しむ名というは、人に聞ゆる外聞ではござりませぬ、おのれの一分を立て貫く、男子の誠でござります。 ー真山青果『元禄忠臣蔵・泉岳寺』
hanada_kiyoteru真山青果に「新門辰五郎」という芝居がある。
tsubanya「檻」面白かった~真山青果は「元禄忠臣蔵」のミドリと「将軍江戸を去る」の歌舞伎しか多分見たことがないのだが、秋声先生が元禄忠臣蔵はこのたぐいのものでは第一みたいなこと言ってた(うろ覚え)ので、じゃあ通しで読むか~?てなった。小説家→松竹座付になったのも知らず。勉強になる~✨
aosasa荷風さんと左団次の本だと演劇の潮流が庶民を題材にしていた岡本綺堂から英雄を題材にした真山青果へと変遷してって、荷風さんの好みから外れてしまったって話になってたね。どっかの娯楽か教養ジャンルのノウハウが輸入されたものって気もする
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
真山青果さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)