トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 真山青果

真山青果

真山青果さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

真山 青果(まやま せいか、旧字体:眞山 靑果、1878年(明治11年)9月1日 - 1948年(昭和23年)3月25日)は、日本の劇作家・小説家。本名は、真山 彬(まやま あきら)。
宮城県仙台市裏五番町三番地に生まれる。父・寛は旧伊達藩士の士族で小学校の校長だった。第二高等学校医学部中退。
仙台市に近い農村を舞台とした農民文学の『南小泉村』(「新潮」1912年5月号)で注目された。
佐藤紅緑、小栗風葉に師事。正宗白鳥と共に新進の自然主義作家として登場したが、極端な癇癖と原稿の二重売り事件で1911年に文壇からは一時遠のく。1919年、新派の座付作家として復活。『元禄忠臣蔵』は新歌舞伎の名作といわれる。ほかに『平将門』など多数がある。『随筆滝沢馬琴』は、初めて滝沢馬琴の全体像を捉えた評論である。井原西鶴の研究もある。
1942年帝国芸術院会員。心臓麻痺により疎開先の静岡県沼津市で急死、69歳だった。戒名は青果院殿機外文棟大居士。
演出家・劇作家で劇団新制作座を主宰する長女の真山美保は、歌舞伎関係者を対象に1982年から2001年まで真山青果賞を設けた。
*『玄朴と長英』 「中央公論」1924年9月。1924年10月初演
*『江戸城総攻』1926年11月歌舞伎座初演 以後、3部作として『慶喜命乞』(33年11月)『将軍江戸を去る』(34年1月いずれも東京劇場初演)が制作された。
*『平将門』 「中央公論」1925年1月。1927年2月本郷座初演
*『頼朝の死』1932年4月歌舞伎座初演
*『小判拾壱両』 「演劇新潮」1926年5月。1934年5月帝国ホテル演芸場初演
*『大石最後の一日』 新歌舞伎書下ろし。1934年2月歌舞伎座初演
*:以後、連作「元禄忠臣蔵」として計10編11作が制作された。
*『新門辰五郎』 「講談倶楽部」1939年5月 – 9月。

受賞歴

真山青果関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

真山青果関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ochiaikenji【再説真山青果―青果と白鳥/田辺 明雄】を読んだ本に追加 → https://t.co/5RK8TBBmnk #bookmeter
mii_gala_15(真山青果の作品を読んでいるがために)
yukamina_mogu2若手メインの元禄忠臣蔵、真山青果好きなので楽しみに拝見したのですが、松也さんと巳之助さんのバトルがともかくパワフルで。御殿での論争の最後は叫び合う感じで、ふっと頭に浮かんだクローズとかサラリーマン金太郎の一場面。身分差は設定ほどには感じられなかったけど、熱さが印象深かったです♪
yuuki_satoru789 #新春浅草歌舞伎 「御浜御殿」圧倒的な台詞劇を息を詰めて見守りました。途中からずっと涙、私も真山青果、すごく好きなんだな…。松也さんの綱豊卿は器の大きさと賢さと強い意志を秘めていた。巳之助さんの真っ直ぐな若者助右衛門は痛々しさがあった。米吉さんお喜世の覚悟も見事でした。
Ennosuke4_bot真山青果の戯曲の『頼山陽』に「羽虫は何故かは知らんだろう それでも飛ばずにいられないのだよ」という言葉があって。何故飛ぶのかと言っても羽虫は知らない、でも飛ばずにいられない。それと同じでやらずにはいられない。★『演劇ぶっく』vol.154 2011年11月発行
doramakansou新しい記事を投稿しました: 真山青果,戯曲「西郷隆盛」,,1,生声劇読 https://t.co/CbrfvY8nYt
tomo84205521@musecrescent 真山青果作品は2度目ですが、この演目は初めてです。あらすじ等チェックして臨みます!感謝いたします
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
真山青果さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)