トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高見順

高見順

高見順さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

高見 順(たかみ じゅん、本名・高間芳雄、1907年1月30日 - 1965年8月17日)は、日本の小説家、詩人。
1907年、福井県知事阪本釤之助の非嫡出子として福井県坂井郡三国町(現坂井市三国町)平木に生まれる。母・高間古代(コヨ)は阪本が視察で三国を訪れた際に夜伽を務めた女性である。
1908年、母と共に上京する。実父と一度も会うことなく、東京市麻布飯倉にあった父の邸宅付近の陋屋に育つ。私生児としてしばしばいじめを受けた。阪本家からは毎月10円の手当てを受けていたが、それでは足りず、母が針仕事で生計を立てた。1924年、東京府立第一中学校卒業、第一高等学校文科甲類入学。一高社会思想研究会に入会する。1925年、ダダイスムの雑誌『廻転時代』を創刊する。1926年、校友会文芸部委員に就任する。1927年に一高を卒業、東京帝国大学文学部英文学科に入学する。同人雑誌『文芸交錯』創刊に参加、また1928年に左翼芸術同盟に参加し、機関紙『左翼芸術』に小説『秋から秋まで』を発表する。東大内の左翼系同人雑誌7誌が合同した『大学左派』創刊にも参加する。劇団制作座の仕事に従事し、劇団員だった石田愛子と知り合った。
1929年、『大学左派』の後身『十月』や『時代文化』の創刊に参加し、プロレタリア文学への道を進んだ。1930年に東大を卒業、研究社英和辞典臨時雇として勤務する。その後、コロムビア・レコード会社教育部に勤務する。雑誌『集団』創刊に参加、この頃、日本プロレタリア作家同盟(ナルプ)に参加したと推定される。石田愛子と結婚する。
1933年、治安維持法違反の疑いで大森署に検挙されるが、「転向」を表明し、半年後に釈放された。妻・愛子は他の男性と失踪し、離婚した。雑誌『日暦』創刊に参加した。
1935年、饒舌体と呼ばれる手法で『故旧忘れ得べき』を『日暦』に発表、第1回芥川賞候補となり、作家としての地位を確立した。水谷秋子と結婚する。
1936年、『人民文庫』の創刊に『日暦』同人とともに参加する。また、コロムビア・レコード会社を退社、文筆生活に入る。思想犯保護観察法が施行され、擬似転向者として再調査される。1938年、浅草五一郎アパート(曽我廼家五一郎が経営)に部屋を借りて浅草生活を始める。
1939年、『如何なる星の下に』を『文芸』に発表、高い評価を受ける。
1941年、陸軍報道班員として徴用されビルマに派遣される。戦場にも出たが、鉄兜も帽子もなくしてしまい、心細さの挙句に鉢巻をしたが、「多少は心強くなった、鉄砲玉には何の効果もないだろうが、いくらかは安心感がある。戦場の心理とはおかしなものだ」と、戦後になって海音寺潮五郎に語っている。その後、1944年には中国大陸にも派遣され、南京における第3回大東亜文学者大会に出席している。1945年6月に日本文学報国会参加。
1950年、『胸より胸に』を『婦人公論』に発表する。
戦後は、『わが胸の底のここには』『あるリベラリスト」などの作品で私小説風に傷つきやすい精神を掘り下げた作品を次々と発表する。また晩年は、昭和という時代を描く『激流』『いやな感じ』『大いなる手の影』の連作を発表する。長編などでは他に『都に夜のある如く』『生命の樹』『今ひとたびの』などがある。
詩人としても活動し、『樹木派』『わが埋葬』『死の淵より』(最晩年の作品、新版が講談社文芸文庫)などを発表する。永井荷風と並ぶ日記作家としても知られ、昭和史の資料ともなった『高見順日記』を著す(『敗戦日記 新版』が中公文庫で再刊)。回想記に『昭和文学盛衰史』がある。
晩年に、近代文学の資料の散逸を防ぐため、日本近代文学館の建設に尽力したが、落成間近の1965年8月17日、食道癌のため放射線医学総合研究所病院で亡くなった。戒名は素雲院文憲全生居士。文化功労者が追贈された。勁草書房で「全集」「全日記」が刊行された。

受賞歴

高見順関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2016.5.12 二つの詩文学賞贈呈式 言語の潜勢力示す 鮎川信夫賞/高見順賞に各2氏

    第7回鮎川信夫賞(鮎川信夫現代詩顕彰会主催)を受賞した詩集『顔をあらう水』(思潮社)の蜂飼耳(はちかいみみ)さんと詩論『マイケル・パーマー』(同)の山内功一郎さんに対する贈呈式がこのほど、東京都内で開かれた。

  • 2016.4.4 江戸川乱歩「怪人二十面相」、青空文庫で公開

    江戸川乱歩の「少年探偵団」シリーズ第1作「怪人二十面相」が4月4日に「青空文庫」で公開された。著者の死後50年が経過し、1月1日にパブリックドメインとなった作品だ。

  • 2016.1.10 <高見順賞>財部鳥子さんと川口晴美さんに

    優れた詩集に贈られる第46回高見順賞(高見順文学振興会主催)は10日、財部鳥子(たからべ・とりこ)さん(82)の「氷菓とカンタータ」(書肆山田)と、川口晴美さん(54)の「Tiger is here.」(思潮社)に決まった。

高見順関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hamadayama88傷ついたのは 生きたからである / by 高見順
jibako1欠点のない人間はいないだろう。友人の欠点をとがめ立てていたら、この世に友人というものはないだろう。─高見順☆欠点はあるものです。欠点も認めて付き合っていきましょう。
nuko_nuko_01傷ついたのは、生きたからである。by高見順
yumekakugen【世界の名言】欠点のない人間はないだろう。 友人の欠点をとがめ立てていたら、この世に友人というものはないだろう。 by高見順
nonnbirinonnta高見順の文庫ラインナップが貧弱過ぎやしませんか、出版社各位?
budojapandaa傷ついたのは、生きたからである。by高見順
kamiyan_qbot従兄弟に同じく小説家の高見順を持つ、代表作に『腕くらべ』、『濹東綺譚』、『あめりか物語』がある日本の小説家は誰でしょう?>>>永井荷風(ながいかふう)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
高見順さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)